学科日誌ブログ

総合子ども学科ブログ

✼ニュージーランド留学便り♫ 第2弾✼

2016年05月19日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

4/13の学科ブログでご紹介させて頂きました、
現在ニュージーランドに留学中の増井さんの様子「ニュージーランド留学便り第2弾」をお届けいたします

※第1弾を読まれていない方はこちらをご覧ください
✼ニュージーランド留学便り♫ 第1弾✼

******************************************************************

こんにちは。増井です。

かなりお久しぶりなような気がします。
約一ヶ月ぶり?くらいですかね、、、

こっちに来てから1ヶ月半くらい経ちました。
最初の2週間は地獄のように感じたのですが、
今は生活にも慣れ、かなりリラックスした状態で過ごせています。

この1ヶ月くらいでかなりいろんな経験をしました。
出来事がたくさんなので、今回は一番の変化だった語学学校について書こうと思います。

term1の休暇期間を利用して、語学学校に通っていたのですが、
正直かなりいい休暇になりました。

語学学校には様々な国の方が来ていて、それぞれの文化が入り交じっており、
うわぁ、外国~って感じでした。(笑)
あほな表現でごめんなさい。でも、ほんとにそんな感じでした(笑)

いろんな国の方とも話したりできたこともよかったのですが、
一番感動したのは、日本人がいたことです。

今考えると当たり前のことなのですが、そのときの私はかなりやばい人だったので、日本人がいる!!!!!
ということにかなり感動しました(笑)

そして、週末に遊ぶことができる友達ができたことはかなりの強みになりました。

英語を学ぶ上で日本人と戯れることはいけないことだと思ったのですが、
自分の中での頼れる人を一人でも作っておくことで、かなり気持ちの面で楽になりました。
やっぱり”話す”ということは人には欠かせないものなのだと改めて強く感じました。

肝心の英語なのですが、2週間の語学学校では上達しません(笑)
当たり前ですね(笑)

けど、英語を話せない人ばかりが来ているので、自分が何かを
話さないと会話が始まらないので、積極的に話しかける力は少し身につけました。

あと、気づいたことが2点あります。

・日本人は話せない。
・日本人は発言力がない。

日本人の欠点です。話せない、発言力がない、どちらも個人差はあります。
しかし、ほとんどの日本人が当てはまると思います。

根本的な発音も違うのでまず聞こえない、文法ばかりしてきた私たちには話せないのは当たり前です。
今まで私はなにをやっていたんだと思うくらい他の国に比べると話せないです。
正直かなり悔しいと思いました。なんで文法はできるのにこんなに聞こえない、話せないんだとなりました。

あと、発言力!これはかなり感じました。
初めての授業の時、すごい勢いで飛び交う質問、発言に驚きました。
その中で日本人は誰一人として発言しない。
先生もそれが当たり前となっている。
この環境にすごく違和感を感じたし、いかに自分たちが発言しない授業を受けてきたのかと感じました。

1週間ほど経つと私も発言できるようになったのですが、
さすがに無茶ぶりとかはついていけなかったですね(笑)ハードすぎて(笑)

この2つに共通していえることを私なりに考えたのですが、
すべては”自信”の持ちようなのではないかと思いました。
自信があれば話せる、自信があれば発言できる。
体育会系の考え方すぎると自分でも思うのですが、これが私なりの結論でした。

日本人の欠点も感じつつ、逆に言えば話せるようになれば、
聞こえるようになれば、私たちは英語を習得できる!
そう思いながらの2週間はあっという間でした。

今回も長くなりましたが、こんな感じで過ごしています。
それでは、また近々連絡します(*^▽^*)

******************************************************************

写真は卒業式とクラスメイト、学校の外観です。

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

♪新入生歓迎会ケーキパーティー♪

2016年05月16日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

5月の中旬に入りました
前期の授業が始まってから早くも1か月が過ぎましたね
みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

総合子ども学科では、5月12日(木)に第1学生会館1階で新入生歓迎会のケーキパーティーを開催いたしました

この行事では、先生方や学生同士の交流を深めていくことを目的として、
例年5月に「総合子ども学基礎演習ⅠA」の時間に実施しております

学科長の稲垣先生のお話を聞いたあとは、「ゼミ対抗ケーキ争奪レクリエーション大会」
2つのゲームを行い、得点の高いゼミから好きなケーキを選べようになっています
ゲームの内容は、毎年変えておりますので、総合子ども学科に入ろうと思っている学生のみなさんは楽しみにしていてください

1つ目のゲームは「南女 手拍手ゲーム」
南女に関係しているものをテーマに、司会の鈴木先生が言った言葉に合わせて手拍子を打ちます
ただし、濁音がでたとき拍手をしてしまうとアウトに
濁音のときでもつい叩いてしまう1年生が多かったです
結構盛り上がっていました

2つ目のゲームは「電撃ツインジャスチャ―ゲーム」
スピード感が勝負のジェスチャーゲーム
各ゼミで代表を1人選び、2つのゼミでペアになってくじを引き、全員の前で15秒間ジェスチャーをします
ゼミごとでジェスチャーの答えを30秒間で相談しながら、答えを模造紙に書いていきます
ゼミ生全員が頭をフル回転させながら、一致団結して考えていました


そのあと4年生が保育園・幼稚園・小学校での実習体験の話をしてくれました
1年生のみなさんは先輩たちの目を見ながら、静かに真剣に話を聞いていました

一部を紹介します
やはり、はじめは知らない人が来たということで、子どもたちとの壁をすごく感じるようです

ただ実習中、毎日子どもたち全員の名前を呼んであげることで
少しずつ心を開いてくれるようになってくれたそうです

実習を経験した先輩からのお話を聞くことは、
まだ実習のイメージを持つことができない1年生にとって貴重な機会になったと思います


サークル「おねえさんといっしょ」の紹介では、
先輩たちがエプロンシアター「カレーライスのうた」を披露してくれました
先生方・4年生・1年生もいっしょに歌いました


そして・・・ついにお待ちかねのゲーム結果発表
得点の高いゼミから順番にケーキを取っていきました
みなさん、お目当てケーキは見つかりましたか?

先生方やお友達とお話しする様子も見られ、楽しい時間を過ごせているようでした

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

「和太鼓同好準備会」始動♪

2016年04月18日

皆さん、こんにちは

1年生の皆さん、少しは大学生活に慣れましたか

授業が結構つまっているかも知れませんが、大学生活を楽しんで下さいね

さて、4月から「和太鼓同好準備会」がスタートしました
私たちは、昨年12月の「第9回総合子どもカーニバル」の実行委員会でチームを組んで
和太鼓の演奏をしたのをきっかけに、和太鼓演奏のチームを立ち上げました
まずは同好準備会からスタートしますが、
クラブに昇格できるように頑張っていきたいと思います

メンバーは3年生が中心ですが、新しく2年生も加わってくれました
毎週火曜日と木曜日の夕方、芦原ホールで練習しています
初めての活動として、13日(水)の新1年生向けのクラブ紹介に出演してきました

皆さん、和太鼓を一緒に演奏してみませんか
とても楽しいですよ

プロの先生にも、指導に来て頂きます
総合子ども学科コモンルームにチラシを置いておりますので、ご覧下さいね
皆さんのご参加を、お待ちしております



和太鼓同好準備会一同

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

✼ニュージーランド留学便り♫ 第1弾✼

2016年04月13日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

今回は、ニュージーランド研修担当の梅﨑先生より
現在3年生でニュージーランドに留学している、増井さんの様子をお届けします

******************************************************

小学校教員を目指す増井さんは3年次を1年間休学し、
ニュージーランドで1年に及ぶインターンシップを行っています

ニュージーランドは彼女が1年生の夏休みに,短期研修に出かけた地
ぜひここで学びたいという思いをあたため、
今回、その夢をかなえた増井さんから報告が届きました
---

増井さんのニュージーランド留学便り(1)

こんにちは。先ほどぶりです。
(教員注:つい先ほど,Face Timeで話したばかりでした)

今日でちょうどNZに来てから、2週間経ちました。
正直まだ2週間しか経ってないのか~ていう感じです。

2週間の間に様々な体験をさせていただきました。

・ホームステイ先の方のお知り合い(インドの人)の結婚式
・waterwise program(ニュージーランド独自の水辺活動)への参加
・人生初めての釣り
・オークランド市内のショッピングモール

なんだかんだでなんとか生きてはいます。

小学校へのインターンシップは毎日楽しんでいます。
担任の先生の方が日本語を話せるので、かなり助けてもらっています。
担当のクラスは10歳の生徒で、wakaaranga で一番の最高学年です。
(教員注:増井さんはwakaranga小学校でインターンシップをしています)

学ぼうという意思が強いすごく積極的なクラスで、賢いです。
わからない単語は子どもに教えてもらったり、
またEnglish skills tests ていう小テストのようなものがあるのですが、
子どもたちと一緒にいつも受けています(めっちゃ教えてくれます)。

みんな優しいのでいろいろ話してくれたり、
質問をしっかりしてくれます。
私が子どもに教えれることは今のところ、日本語と算数しかないので、
頑張って伝えようと必死になっています。

今週で小学校が1term終了なので、来週から2週間のお休みになります。
このお休みの間に語学学校に通おうと思います。
こちらでの友達がまだいないので、友達作りに励もうと思います。

ホームステイの家族は本当にいい人で、
ご飯や休日の過ごし方など、かなり助けてもらっています。

肝心の英語力なのですが、まだまだ伸びる気配もなく、
はじめは本当に何を言ってるのかもわからなくて、かなり困りました。

絶対ホームシックになんかならないと思っていたのですが、
はじめの1週間はほんとに帰りたいと心の底から思って、
自分がいかに甘えられる環境にいたのかということを感じました。
日本人を見たら、日本の歌を聴くと、自分の話が通じなかったとき、
親・友達からのLINE、もうほぼ全部で泣いてました。
自分のメンタルの弱さをかなり痛感しました。

一番自分が心がすさんでいたなあと思ったのが、
高橋優という歌手の歌で「福笑い」という歌があるのですが
その歌詞の中に
「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」
という歌詞があるのですが、本気で「英語じゃ!」って心のなかで突っ込み、
「嘘つけ」と心の底から思っていました(今は回復してます)。

2週間たった今も英語は全く話せません。聞き取れないです。
けど、なんか人って心のもちようで、話せないことに対して吹っ切れ、
今の状況に満足しようと思ったら平気になりました。

できることをしようと思って、ホームステイ先の人に
今日何があった?って聞かれたら完璧に答えれるように
前もって話のネタを作るようにしました。

後はホームステイ先の人と最低2時間はともに過ごそうと決めました。
小さなことですが、これは絶対に続けようと思います。
今の調子で、本当に英語を話せるようになるのかはわかりません。
けど、生きにくい環境で生きるという経験を大事にしようと思いました。
英語がすべてじゃなくてこの環境で学べることは学ぼうと考えました。
きっとこれからもっと楽しくなるんだと思ってなんとか頑張ります。

とりあえずすさんでいた時期も終え、今は楽しめています。
かなり長くなりましたが、私の2週間はこんな感じでした。

またご連絡します。

PS:ゼミ旅行行きたいです!!!!!!!!!!!


---

増井さん頑張れ
ニュージーランドで何も考えずにバンジージャンプをしていたころを思うと、
なんだかいい経験をしているなぁとうれしく思います

ちなみにゼミ旅行、候補はニュージーランドです…(笑)

******************************************************

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

★総合子ども学科★入学宣誓式

2016年04月05日

こんにちは

総合子ども学科コモンルームです

先日、4月1日(金)は入学式でした
あいにくの雨となりましたが、無事に新入生を迎えることができて何よりです
今年度の新1年生の人数はなんと159名となりました
入学式前に少し751教室で集まって、
甲南女子大学の学生として証となる学生証の配布をしました

制服を着てお話を聞いている姿に初々しさを感じておりました

からたち幼稚園より祝辞が届いています
5号館2階の「総合子ども学科コモンルーム」に
掲示しておりますので、また見に来てくださいね

子どもたちのよいお手本となるような先生を目指して、この4年間を過ごしてください

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

✿ぬいぐるい人形?✿

2016年03月07日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

3月に入りましたね
卒業式・入学式まであと少し。
別れと出会いのときが近づいているので、
さみしいやら、うれしいやら複雑な気持ちでいっぱいです


さて、下の写真は総合子ども学科1年生の
「絵画・造形Ⅱ」という授業で作った「ぬいぐるい人形」です

使わなくなった靴下や手袋などを使って作りました

「裁縫が苦手だな~」と思っていた学生さんも多かったと思いますが、
アイディアがたくさんあり、おもしろい作品に仕上がっています

縫い目がめちゃくちゃでも、それがおもしろさの1つ
イメージを膨らませ、楽しみながら作っていくうちにどんどん上達していきました

どの人形も個性があって、とても可愛らしいですね
小さい子どもたちの人気者になりそうです

作品は3月25日(木)のオリエンテーションまで3号館4階のホールに展示しております
お時間ある時にぜひご覧ください

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

甲南三学園合同収穫祭《餅つき大会》に参加しました!

2016年02月22日

2月11日(木)、甲南三学園合同収穫祭が甲南幼稚園で開催されました

この催し物は「環境教育農業体験学習」として、
6月の田植えから始まり、10月の稲刈り、そして最後の締めくくりとして
毎年2月11日に開催されています

今年で13年目だそうですが、
甲南女子大学の学生が参加するのは今年初めてです

田植えに3名、稲刈りに2名、
そして今回は田植えから参加している2名の学生が参加しました
2年生の学生です

当日は、甲南幼稚園の園児さんを中心に、
甲南高中(有志)・甲南女子中高(有志)・甲南小学校(5年生)が参加しました
それぞれ園児さんのクラスに分かれて、餅つきの準備をしました

幼稚園の保護者の皆さんも、餅つきの準備と補助をされ、
小学校の保護者の方々は豚汁を作って下さいました
お餅は、もちろん収穫した餅米で作られました

総合子ども学科の学生は、年長さんのクラスに入らせていただき、
子ども達と一緒にお餅を丸める作業を手伝いました

子ども達の食欲は旺盛で、沢山のお餅を美味しそうに食べていました
後片付けも手伝い、楽しい1日を過ごしました

田植えと稲刈りでは小学生と接する事ができ、収穫祭では園児さんとかかわり、
色々と勉強になったそうです

来年も、この体験学習が開催されます
皆さんの参加をお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

【総合子ども学科】卒業研究発表会

2016年02月03日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

2月に入りました
節分やバレンタインデーの季節ですね

みなさん、春休みはいかがお過ごしでしょうか
先週、1月28日(木)に4年生の卒業研究発表会が行われました
総合子ども学科では毎年、主に要旨に沿ってパワーポイントを使いながら
7分間発表&3分間の質問タイムをしています

コモンルームでは、発表前からパワーポイントの最終チェックや要旨を取りに来る学生でいっぱいになりました

「先生の質問に答えられるかな?」「緊張するー どうしよう」という4年生の声が
多い中、いざ始まると、ドキドキしながらも研究成果をしっかりと発表していました

先生方や学生からの質問にも、みなさん落ち着いて答えている印象を受けました
発表会も無事に終わって、コモンルームに集まっている学生さんのほとんどがホッとした
笑顔を浮かべていました

4年間の成果を十分に発揮できたのではないでしょうか

つぎに4年生のみなさんにお会いするのは学位記授与式です
大学生活、最後の春休みを有意義にお過ごしください

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

子ども音楽表現研究会“おねえさんといっしょ”活動報告第2弾

2016年02月01日

皆さん、寒い日が続いておりますが、お変わりないですか
授業も大体終了し、あとはテストですね。頑張りましょう


さて、1月に2回活動をしてきましたので、報告いたします
1月23日(土)は、灘区・東灘区の保育園の子ども達対象に、王子動物園ホールで
開催されたイベントに参加してきました

この日は、新しい曲にチャレンジしました
親子さん約200名の参加でした


30日(土)は、川西さくら園(児童発達支援センター)にお邪魔し、
子ども達と手作り楽器を作り「おもちゃのチャチャチャ」を合奏しました
親子さん約60名の参加でした

施設で活動するのは初めてでしたが、園の先生方のバックアップもあり何とか
うまく進行出来ました
子ども達は、一生懸命楽器を作ってくれて、合奏も上手でした
そして、帰りに早速子ども達から、素敵なメッセージをいただき、とても感激しました

もうすぐ春休みに入りますが、次の活動に向けて準備をしていきたいと思っています

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

~「保育実習指導Ⅰ」ポスター発表会~

2016年01月14日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

最近急に冷え込んできましたね風邪には気を付けてくださいね

みなさん、年末年始を有意義に過ごされましたでしょうか
今年も総合子ども学科の様子を、ブログでどんどんUPしていきますので
チェックの方、よろしくお願いいたします

さて、1月7日(木)「保育実習指導Ⅰ」(2年生)の授業でポスター発表会を実施しました

実習の経験を振り返り、2人1組のペアとなって発表のテーマを決め、
大きな模造紙にまとめました

発表会当日、ポスターを見に来た先生方や学生にわかりやすく説明をしており、
質問にもちゃんと丁寧に答えていました

実際にまとめて発表することで、
3年生からの実習に少し自信がついたのではないでしょうか

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab