学科日誌ブログ

総合子ども学科ブログ

第11回「総合子どもカーニバル」開催のお知らせ

2017年10月05日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

12月9日(土)、本学 芦原講堂にて「第11回総合子どもカーニバル」を開催します

「総合子どもカーニバル」とは、総合子ども学科の1・2年生が作り上げる幼児から低学年の子どもたち向けの音楽劇です

今年の音楽劇のテーマは「なつきのだいぼうけん~みんなのゆめをとりもどせ~」です

     ☆ ★ ☆ ★ あらすじ ☆ ★ ☆ ★
「夢の国」に突然現れた夢どろぼうは、みんなの夢をうばって逃げてしまいました。お姉ちゃんの夢を取り戻すため、なつきは南女戦隊ナジョレンジャーとともに、夢どろぼうを追いかけます!夢どろぼうのねらいは何なのでしょうか。

そして、なつきはお姉ちゃんと夢の国を助けることができるのでしょうか?

総合子ども学科の1・2年生が協力して創意工夫した音楽劇をご披露致しますので、ぜひお越しください

皆様のご来場をお待ちしております


日時:2017年12月9日(土)【開場】13:00【開演】13:30
場所:本学 芦原講堂
対象:幼児から小学校低学年の子どもたち
   在学生、卒業生、地域の方

   申し込み不要 入場無料

※大学のバスをご利用いただき、お車でのご来校はご遠慮下さい。
バスの時間は決まり次第お知らせ致します
「子どもカーニバル」は、総合子ども学科一大イベントです
友達、家族、皆さんお誘いあわせの上、ご来校頂きたいと思います
また日程が近くなりましたら、改めてブログにアップしたいと思います

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

妊婦体験をしました!!

2017年10月03日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
だいぶ秋らしくなってきた今日この頃
みなさん、いかがお過ごしですか
今回は、コモンルームで行われた山下先生の2ゼミ(「総合子ども学基礎演習ⅡB」の様子をお伝え致します

山下ゼミでは、子育て支援をテーマに、妊娠期からの支援、障がい児の子育て支援、障がい者の子育てへの支援、地域の子育て支援活動、子育て家庭とのコミュニケーションツールなど、これまでの学びで触れることの少なかった内容を学習したり、体験しようとしています。

 少子化が進むなかで、子育てに不安を抱えていたり、孤立したり、子どもに不適切な関わりをしてしまう子育て家庭が多く存在します。妊娠、出産、保育、と切れ目のない支援が求められて、公的な取り組みも進められています。“子ども”を学ぶ私たちも、まずは妊娠期からの課題や支援を考えるために、この日、一時的に“妊婦さん”になってみました。

 看護学科から妊婦ジャケットをお借りして、妊婦疑似体験に挑戦です。15名の学生が4つのグループに分かれて、一人ずつ体験したのですが、7kgものジャケットの重みにみんなビックリ!安全に体験するため腰にベルトを巻き、グループメンバーがサポートしながら、椅子に座ったり立ったり、階段を昇り降りし、靴紐を結んでみたり、トイレも!コモンルームには抱っこやオムツ替えを学習するために赤ちゃん人形が何人もいるのですが、その子たちを抱っこしてみたり・・・
   立ったり座ったり、機敏には動けない。
   しゃがんだり、前かがみになるのが難しい。
   足元が見えづらく、階段の昇り降りが不安で危ない。
   自然に背中が反って、足も開いて歩くようになる。
   家事が大変そう。重い荷物を持ったり、上の子を抱っこしたりも負担になるな。
 
 しかし、
   少しずつ大きくなるお腹を見ると、とても愛おしく感じられるだろうなあ。
   子どもが生まれるのを心待ちにするだろう。
   重いけど、その重みで幸せを感じるだろうし、嬉しいだろう。
   大きなお腹で仕事もしている人もいて、妊婦さんはすごい!
   自分の体調だけでなく、お腹の子どものことも考えて、責任をもって行動しないといけないな。
など、体験後にさまざまな感想が出されました。

 体験中に「切れ目ない支援」についても資料をもとに学んだのですが、公的な支援だけでなく、いま、私たちにできることも考えてみました。
   バスや電車では席を譲る。
   声かけして、荷物を持ったり、ベビーカーをたたんだり持ったりを手伝う。
   ぶつかったりしないように周囲にも気を配り、階段では手を貸したりする。
   妊婦さんや周りの人に、子育て支援サービスの情報などを伝える。

 これからは、子どもだけではなく、妊婦さんやお母さんへの眼差しがさらに優しくなりそうです
 看護学科の川村先生、池内先生、ありがとうございました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

10月になりました!!

2017年09月29日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

早いもので10月に入り、少し朝晩は涼しくなってきましたね
後期も始まり、コモンルームの前も学生のみなさんの声でにぎやかな毎日です

コモンルーム前の天井も10月バージョンに変身

10月の行事として十五夜がありますが、みなさんは十五夜がどういう意味かご存知ですか

十五夜とは旧暦の8月15日に行われる月の神様に感謝とお願いをするお祭りです。
主に農家の人が今年の作物の出来を感謝し、来年の作物の豊作を月に願うものでした。
旧暦の8月は現在では9月にあたり、米の収穫の時期です。
旧暦は現在の暦とは違い、月の満ち欠けを基準として決めていました。

昔の人は月が欠けて、また満ちていくというのを人生や、家族、大きくはその地域に見立てていました。
人が繁栄や衰退を繰り返す様子を月の満ち欠けになぞらえて大事にしていたと言います。
収穫の秋とも重なるこの時期の、月が一番綺麗に見える日(中秋の名月)に大事な月にお供えを捧げる習慣がこの十五夜です。

十五夜といえば、満月と思う方もいると思いますが、十五夜と満月は毎年2日ほどずれているそうです。ちなみに2017年の十五夜は10月4日ですが、その一番近い満月は6日だそうです。

十五夜ではススキを飾りますが、昼の神様に捧げるのは稲穂、夜の神様に捧げるのはススキなのだそうです。
これはこうべを垂れる稲穂には女性的なイメージがあり、ピンとまっすぐに立っているススキは男性的なイメージがあることから各々の捧げ物になったと言われています。

また、十五夜には丸いもの=満月に見立てて、丸いものを供えるという地域もあります。その後、そのお供え物をいただく事で月の力を自分にも分けてもらうというおまじないのようなものという考えもあるようです。十五夜のお団子は本来「真っ白な白玉だんご」を供えるものだという風習もあるそうです。これは、月は霊力を持った真珠のようなものと、信じられていたことに由来し、その真珠を模した真っ白な白玉団子を飾ってお祈りしたそうです。

今年は月を見ながら、お団子を食べるのもいいかもしれませんね
今回、コモンルーム前の天井製作は、学生さんにも手伝って頂きました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

後期オリエンテーションを行いました!!

2017年09月15日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
長い夏休みも終わり、9月14日・15日にオリエンテーションが行われました
久しぶりに友達に会えて嬉しかったようで、みんなの笑顔が印象的でした
前期の成績も配られていましたが、
みなさん、結果はいかがでしたか
良かった人は今後も継続し
悪かった人は巻き返しを期待しています

また、決意新たにみなさんがんばって下さいね

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

9月のオープンキャンパスへのご来場、ありがとうございました!

2017年09月04日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
9月に入り、朝晩は少し涼しくなってきましたね
総合子ども学科の学生さん達の夏休みも残りわずか・・・
気温差が激しいこの時期、体調管理に気をつけて下さいね
9月3日にオープンキャンパスが行われました
お天気もよく、多くの方にご来場頂きました
ありがとうございました

大学の施設を案内するキャンパスツアーや総合子ども学科の体験授業やイベントはいかがでしたでしょうか

在学生との懇談では、資格のこと、勉強のこと、学生生活のことなど多くの質問が出ており、学生さん達が親身に答えていたのが印象的でした
お話を聞かれた保護者の方からは「素敵な学生さん達ですね」という嬉しいお言葉を頂きました

次回オープンキャンパスは11月に実施致します
詳細はまたアップしますので、楽しみにお待ち下さい

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

9月のオープンキャンパスのお知らせ!!

2017年08月29日

みなさんこんにちは
総合子ども学科コモンルームです
8月ももう終わりに近づいてきましたね・・・
だけど残暑が厳しい
冷たいものばかり食べて、体調崩していませんか?
あと少しの夏休み、元気に過ごしてください

今週末に行われる、オープンキャンパスのお知らせを致します

☆9月3日(日)
☆イベント☆
マーブリングを体験して自分の箸置きをつくってみよう
 ・10:00~11:00/14:10~15:10
 ・3号館4階(340教室)

☆体験授業
伝承遊びを通してアクティブ・ラーニングを考える
 ・11:35~12:15/13:20~14:00
 ・3号館3階(336教室)

こちらのサイトからも詳細が見れます!

みなさまのお越しをお待ちしています

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

8月オープンキャンパスのご案内

2017年08月02日

みなさん、こんにちは
総合こども学科コモンルームです
夏休み、楽しんでますかー??
実習があったり、勉強会があったりして、
忙しくされているかもしれませんね
充実した時間を過ごしてください
くれぐれも、体調管理はしっかりね
8月12・13日(土・日)と、甲南女子大学のオープンキャンパスが開催されます
前回も多くの方のご来場ありがとうございました
総合子ども学科では、在学生とともにコモンルームで
皆様のお越しをお待ちしております

~イベント・体験授業のご紹介~
☆8月12日(土)
○イベント:折り紙遊びを楽しもう
      11:00~14:00
○体験授業:海外教育・保育事情を学ぶ
      11:35~12:15/13:20~14:00

☆8月13日(日)
○イベント:あなたなら、どう答える?
      「保育士のお仕事って何ですか?」
      10:00~11:00/14:00~15:00
○体験授業:わが国の子ども虐待について
      11:35~12:15/13:20~14:00

こちらのサイトに詳しい情報が載っています
では、みなさまのご来場お待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

手作りでこんなのも作ります☆

2017年07月20日

こんにちは
総合子ども学科です

試験もひと段落し、学生の皆さんはホッとしているのではないでしょうか
コモンルームでは「難しかったー」「できなかった~」と言う不安の声もチラホラ聞こえてきました
しかし、一生懸命勉強している姿はいいですね

そして、週末にあったオープンキャンパスでは、
たくさんのご来場ありがとうごいざました
在学生のスタッフも、素敵な笑顔で出迎えられたのではないでしょうか
また8月にも行いますので、ナンジョ皆でお待ちしております



さて、試験も終わり、前期セメスターも終了いたしました
先週は、最後のゼミ
内藤ゼミ(2年生)では、ミニカード作りをしていました
見本はあるものの、みなさんの個性が出て、
どれもかわいらしいものに仕上がっていました
このスキルは、どんな場所でも活躍しますね
細かい作業でしたが、みなさん上手に作っていましたよ

完成したものを並べ、皆で感想を述べ合い、鑑賞~
クマさんを変えてみたり、台紙の形を変えてみたり・・・と、
いろんなバリエーショで作ることができますね


みなさん、素敵な夏休みをお過ごしください

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

7月のオープンキャンパス!!

2017年07月18日

みなさん、こんにちは
もうすぐ梅雨が明けそうですね
海開きもされ、いよいよ夏休み
テストを乗り切って、充実した夏休みにしましょう~
さて、7月にオープンキャンパス情報をお伝えします
在学生のみなさんにもお手伝いしてもいらい、
大いに盛り上がるオープンキャンパスにしたいと思います


****************************
7月22日(土)
≪イベント≫
・折り紙を折ろう
・10:40~11:20/12:30~13:10
・5号館2階(522教室)
・折り紙の歴史をたどり、一緒に折り紙を折りましょう!

≪体験授業≫
・歌って遊んで、「あなたも歌のお姉さん?!」
・9:00~10:30/10:40~12:10
・8号館4階(AV製作スタジオ)


7月23日(日)
≪イベント≫
・手話でうたおう!~子どもと歌えるかんたん手話ソング~
 点字つきさわる絵本の展示や案内もあるよ
・10:30~11:20/12:20~13:10
・3号館2階(320教室)
・在校生と一緒に、小さい子とも歌える手話ソングを一緒に歌いましょう

≪体験授業≫
・7つの質問
・9:00~10:30/10:40~12:10
・9号館3階(931教室)※チラシには932教室とありますが、間違いです。正しくは、931教室です。
・コミュニケーション能力をつけるためにお互い質問しあうワークショップです


こちらのサイトもご参照ください

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

甲南子ども園の子どもたちといっぱい遊びました!

2017年07月13日

こんにちは
総合子ども学科です
そろそろ試験が始まってきます
学生のみなさんは必死に勉強しています
どいうか、無事終わりますように・・・と願っています
さて、今回は梅﨑ゼミへ取材に行ってきました
そのときの様子です

------------------------------
梅﨑先生の3ゼミ(子ども学演習Ⅰ)の授業に、甲南女子大学の併設園である甲南子ども園の子どもたちが遊びに来てくれました。

子どもたちも学生も先生も、体育館いーっぱいを使って、おもいっきり走り回り、とにかく一生懸命汗だくで楽しんでいました。

自分で考えるものから、チームワークが必要になってくる遊びまでさまざまでしたが、子どもたちはしっかりルールを理解し、全力で遊んでいました。
中には、子ども同士作戦を練って、なんとか突破されないように考えている子もいました。
また、時には泣いてへこたれる子もいましたが、先生に励まされ、学生が迎えに行くと、涙を拭いて再び参加していました。

最後は、新聞紙で作ったボールを使って、サッカー!!
ボールを追いかけて走る子、それを応援する子、点を取ろうと必死な学生(笑)。
皆、遊びに真剣で、遊びを楽しんでいる様子がうかがえました。
楽しい時間を共にし、同じ遊びを共にしたみんなは、いい笑顔でした。
学生のみなさんは、大切なものを学んだのではないでしょうか。
甲南子ども園のみなさん、ありがとうございました!

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab