学科日誌ブログ

総合子ども学科ブログ

2年生三好ゼミ ♪お誕生日会♪

2016年06月21日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

6月9日(木)の2年生三好ゼミでは、2限目の時間にお誕生日会を実施いたしました

このお誕生日会では、以下の3点を目的としているそうです

保育記録を友達同士で記録し合い、ラーニング・ストーリーについて体験学習する。
誕生日会をイメージして、模擬保育を体験学習したり、記録したりして学ぶ。
友達同士で共に、学習農園で栽培したバーブなどを用いた食事を楽しみ、
  食育に関して学ぶ。

幼稚園や保育園などで行われている『お誕生日会』形式で、20歳のお祝いをしました

まず初めに、祝ってもらう学生さんのお父さん役、お母さん役、先生役(進行役)、
お誕生日会全体の記録する記録係の担当を決めた後、
1人1人お祝いのメッセージを言いました

そのあとは、三好先生によるプレゼント

絵本の読み聞かせをして頂きました

読んで下さった本は「あかちゃん」と「パンダ銭湯」です
「パンダ銭湯」では三好先生がパンダの耳とサングラスを用意されており、
実際に学生に装着させたりしながら、みんなで楽しめるように「パンダ銭湯」を
アレンジしてお話してくださいました
学生に三好先生の「パンダ銭湯」は大好評でした

そのあとはみんなでサンドイッチを作り、おいしくいただきました

ゼミの時間が終わりそうになったころに、
ゼミ生のみなさんからお誕生日の方へのサプライズ

教室にあった実物投影機「みえるもん」を使い、
お祝いのメッセージ動画を見せてくれました

幼稚園や保育園でのお誕生日会をしてみて、いかがでしたでしょうか?
実際の保育の現場でお誕生日会があったときは、ぜひこの経験を活かしてくださいね

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

日本伝統音楽について学びました♪

2016年06月15日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

今回は坂井先生より、授業の写真などを提供して頂きましたので
”日本伝統音楽”に触れ合う、学生さんの様子をお伝えいたします

--------------------------------------------------------------------------------------

初等教科教育法(音楽)の時間に、講師の先生が来てくださって
日本伝統音楽について学びました

後半はお琴の先生が実際に演奏を聞かせて下さり、
続いて将来教員を志す2年生が、お琴の先生のご指導の下「さくら」を演奏

初めてでしたが、全員滞らず弾くことができました

お琴の繊細な音色に触れ、いつもとは少し違う、おしとやかな雰囲気の授業でした

--------------------------------------------------------------------------------------


Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

子ども音楽表現研究会“おねえさんといっしょ”活動報告

2016年06月13日

皆さん、お久しぶりです

“おねえさんといっしょ”に、新しく1年生がメンバーに入ってくれました
今後の活動がとても楽しみです

さて、今年度初めての活動報告をいたします


6月1日に「学生プロジェクト応援基金
プレゼンテーション審査会」があり、今年も応募しました

今回は最初に手遊びを入れ、PowerPointでプレゼンを行いました
そして、無事に採択されました!

いただいた応援基金は有効に使って、
今後の活動をして行きたいと、メンバー全員意気込んでいます


もう1つ、6月5日(日)のオープンキャンパスに参加しました
市販の紙皿を使ってタンバリンを作ってもらい、みんなで合奏するというイベントです

他にも手遊びやエプロンシアターも、高校生の皆さんと一緒に楽しくさせていただきました

保護者の皆さんにも参加していただき、音楽表現の楽しさを体験していただきました

今年度も、新しいレパートリーを増やしつつ、色々なところで
アウトリーチ活動を行いたいと思います

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

6月オープンキャンパスへのご来場、ありがとうございました!

2016年06月07日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

6月5日は今年度初のオープンキャンパスでした
あいにくの雨でしたが、たくさんの方に(なんと!!総合子ども学科コモンルームでは
76名の方に!!)ご来場いただきました本当にありがとうございました

大学の施設を案内するキャンパスツアーや、総合子ども学科の体験授業・イベントは
いかがでしたでしょうか

体験授業「大学の里山~ツリーハウス・ツアー~」は雨のため、中止となり、異なる内容の
体験授業となってしまいましたが、本学の体育館で授業を受けるという南女生にしか
体験できない貴重な時間となったのではないでしょうか


「現役保育士・幼稚園教諭と話そう」の特別イベントはいかがでしたでしょうか

先日もお伝えしましたとおり、なかなか貴重な機会でした。たくさん
メモを取られた方もいました
そこで得たお話・情報を活かして、「先生」になる夢を叶えましょう

在学生との懇談では、2~4年生の先輩に直接「どんな授業を受けているのか」など授業・
大学生活・資格について質問ができます

今回も様々な質問がありましたが、その中でも1番に多かったのは
「ピアノ」についての質問でした

「保育士・幼稚園教諭になりたいけど、ピアノを今までやったことがない…」
という方がいらっしゃいました
同様の不安を抱えた方も多いと思いますが、大丈夫です

授業で使用するグランドピアノが7台置いてあるレッスン室という施設があります
授業のほかにも、自主練習を行うことができるところですので、
オープンキャンパスに来られた際は、レッスン室の見学も忘れずにしてみて下さいね

また「ピアノ」に関して、不安がありましたら、ぜひ先輩の体験談を聞きに来てください

6月のオープンキャンパスで先輩方のお話をもっと聞きたかった方、
少しでも総合子ども学科に興味があるという方は、7月・8月も実施いたしますので、
この機会にどんどん質問してみてください

また総合子ども学科では、在学生が授業で製作した作品なども展示しております
毎月内容を変える予定ですので、楽しみにしていてくださいね

7月のオープンキャンパスの内容をいち早く知りたい方は、〔こちら〕をご覧ください

みなさまのご来場を心よりお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

☆総合子ども学科☆ 6月オープンキャンパスのお知らせ

2016年06月02日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

6月5日(日)は、初夏オープンキャンパスです
総合子ども学科のイベントと体験授業をお知らせいたします


イベント

『タンバリンを作って“おねえさんといっしょ”にチャチャチャ♪』

タイトルにもあるように、このイベントは市販の紙皿でタンバリンを作り、音楽に合わせて
合奏を体験できる楽しい企画です

総合子ども学科のブログでおなじみの
「” 子ども音楽表現研究会”おねえさんといっしょ」のメンバーと一緒に楽しみましょう

時間:10:00~15:00
場所:3号館2階 320教室


『現役保育士・幼稚園教論と話そう』

現在、保育士と幼稚園教論として活躍している本学の卒業生が3名、
このオープンキャンパスのために来てくれます

現役の保育士さんや、幼稚園教論さんとお話する機会は貴重ですので、
学生時代の事だけではなく、お仕事のお話など何でもお気軽に聞いてください
メモして今後の参考にされては

時間:10:00~15:00
場所:5号館2階 総合子ども学科コモンルーム


体験授業

『ツリーハウスツアー』

甲南女子大学の裏山には素敵なツリーハウスがあります
在学生でも、この「ツリーハウス」に行ったことのある学生は少ないかも
さあ、秘密たっぷりのツリーハウスを目指して、里山散策ツアーに出かけましょう

※雨天の場合は足元が危険ですので、残念ながら中止とさせて頂きます

時間:1 限目(11:00~11:40) 2限目(13:10~13:50)
場所:管理棟前芝生


総合子ども学科のイベントや体験授業に参加して一足先に、
大学生気分を味わってみてはいかがでしょうか

当日はキャンパスコンシェルジュの学生が、あなたのために
オープンキャンパスをご案内させていただきます

キャンパスの雰囲気や総合子ども学科のことなど、ぜひこの機会に
いろいろ質問してみてくださいね

楽しいことをいっぱい用意しておりますので、
ぜひ、6月のオープンキャンパスにお越しくださいませ

みなさまのご来場をお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

1年生*三好ゼミ「手袋シアター」作りに挑戦!

2016年06月01日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

5月26日(木)の1年三好ゼミでは、4・5限の時間に
「手袋シアター」を作るという情報を教えてもらったので、少しのぞかせて頂きました

手袋シアターとは、軍手やミトンなどの手袋を舞台として、フェルトで作った小さな人形を
くっつけたり、はがしたりしながら、絵本「ふしぎなポケット」や「三匹のこぶた」などのお話や手遊びを演じる出し物です

あたたかみのあるフェルトの質感や、保育士さんと子ども達との大切な交流の場として親しまれています

まずは手袋を用意します
テーマを決め、手袋に付ける人形を作るところから始めます
動物、食べ物など、テーマに出てくるものを1つ1つはさみで切っていきます

切ったり手縫いで縫い合わせたり、動物や食べ物のパーツをぷっくり見せたいときは
綿を詰めたりしながらそれぞれ工夫していました

パーツがすべてできたら、マジックテープを人形の裏面と手袋に付けて完成です

絵本「ふしぎなポケット」をテーマにして作っている人が多く見られましたが、同じお話しでも1人1人個性が出ていました
手袋の仕掛けを考えたりしながらも、みなさん楽しそうに作っていました

この時間ではまだ手袋に付けるパーツしか作れていませんが、今週のゼミの時間に完成するようです
どんな手袋シアターが出来上がるのか楽しみですね

※右下の写真は三好先生の作品です

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

✼ニュージーランド留学便り♫ 第2弾✼

2016年05月19日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

4/13の学科ブログでご紹介させて頂きました、
現在ニュージーランドに留学中の増井さんの様子「ニュージーランド留学便り第2弾」をお届けいたします

※第1弾を読まれていない方はこちらをご覧ください
✼ニュージーランド留学便り♫ 第1弾✼

******************************************************************

こんにちは。増井です。

かなりお久しぶりなような気がします。
約一ヶ月ぶり?くらいですかね、、、

こっちに来てから1ヶ月半くらい経ちました。
最初の2週間は地獄のように感じたのですが、
今は生活にも慣れ、かなりリラックスした状態で過ごせています。

この1ヶ月くらいでかなりいろんな経験をしました。
出来事がたくさんなので、今回は一番の変化だった語学学校について書こうと思います。

term1の休暇期間を利用して、語学学校に通っていたのですが、
正直かなりいい休暇になりました。

語学学校には様々な国の方が来ていて、それぞれの文化が入り交じっており、
うわぁ、外国~って感じでした。(笑)
あほな表現でごめんなさい。でも、ほんとにそんな感じでした(笑)

いろんな国の方とも話したりできたこともよかったのですが、
一番感動したのは、日本人がいたことです。

今考えると当たり前のことなのですが、そのときの私はかなりやばい人だったので、日本人がいる!!!!!
ということにかなり感動しました(笑)

そして、週末に遊ぶことができる友達ができたことはかなりの強みになりました。

英語を学ぶ上で日本人と戯れることはいけないことだと思ったのですが、
自分の中での頼れる人を一人でも作っておくことで、かなり気持ちの面で楽になりました。
やっぱり”話す”ということは人には欠かせないものなのだと改めて強く感じました。

肝心の英語なのですが、2週間の語学学校では上達しません(笑)
当たり前ですね(笑)

けど、英語を話せない人ばかりが来ているので、自分が何かを
話さないと会話が始まらないので、積極的に話しかける力は少し身につけました。

あと、気づいたことが2点あります。

・日本人は話せない。
・日本人は発言力がない。

日本人の欠点です。話せない、発言力がない、どちらも個人差はあります。
しかし、ほとんどの日本人が当てはまると思います。

根本的な発音も違うのでまず聞こえない、文法ばかりしてきた私たちには話せないのは当たり前です。
今まで私はなにをやっていたんだと思うくらい他の国に比べると話せないです。
正直かなり悔しいと思いました。なんで文法はできるのにこんなに聞こえない、話せないんだとなりました。

あと、発言力!これはかなり感じました。
初めての授業の時、すごい勢いで飛び交う質問、発言に驚きました。
その中で日本人は誰一人として発言しない。
先生もそれが当たり前となっている。
この環境にすごく違和感を感じたし、いかに自分たちが発言しない授業を受けてきたのかと感じました。

1週間ほど経つと私も発言できるようになったのですが、
さすがに無茶ぶりとかはついていけなかったですね(笑)ハードすぎて(笑)

この2つに共通していえることを私なりに考えたのですが、
すべては”自信”の持ちようなのではないかと思いました。
自信があれば話せる、自信があれば発言できる。
体育会系の考え方すぎると自分でも思うのですが、これが私なりの結論でした。

日本人の欠点も感じつつ、逆に言えば話せるようになれば、
聞こえるようになれば、私たちは英語を習得できる!
そう思いながらの2週間はあっという間でした。

今回も長くなりましたが、こんな感じで過ごしています。
それでは、また近々連絡します(*^▽^*)

******************************************************************

写真は卒業式とクラスメイト、学校の外観です。

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

♪新入生歓迎会ケーキパーティー♪

2016年05月16日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

5月の中旬に入りました
前期の授業が始まってから早くも1か月が過ぎましたね
みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

総合子ども学科では、5月12日(木)に第1学生会館1階で新入生歓迎会のケーキパーティーを開催いたしました

この行事では、先生方や学生同士の交流を深めていくことを目的として、
例年5月に「総合子ども学基礎演習ⅠA」の時間に実施しております

学科長の稲垣先生のお話を聞いたあとは、「ゼミ対抗ケーキ争奪レクリエーション大会」
2つのゲームを行い、得点の高いゼミから好きなケーキを選べようになっています
ゲームの内容は、毎年変えておりますので、総合子ども学科に入ろうと思っている学生のみなさんは楽しみにしていてください

1つ目のゲームは「南女 手拍手ゲーム」
南女に関係しているものをテーマに、司会の鈴木先生が言った言葉に合わせて手拍子を打ちます
ただし、濁音がでたとき拍手をしてしまうとアウトに
濁音のときでもつい叩いてしまう1年生が多かったです
結構盛り上がっていました

2つ目のゲームは「電撃ツインジャスチャ―ゲーム」
スピード感が勝負のジェスチャーゲーム
各ゼミで代表を1人選び、2つのゼミでペアになってくじを引き、全員の前で15秒間ジェスチャーをします
ゼミごとでジェスチャーの答えを30秒間で相談しながら、答えを模造紙に書いていきます
ゼミ生全員が頭をフル回転させながら、一致団結して考えていました


そのあと4年生が保育園・幼稚園・小学校での実習体験の話をしてくれました
1年生のみなさんは先輩たちの目を見ながら、静かに真剣に話を聞いていました

一部を紹介します
やはり、はじめは知らない人が来たということで、子どもたちとの壁をすごく感じるようです

ただ実習中、毎日子どもたち全員の名前を呼んであげることで
少しずつ心を開いてくれるようになってくれたそうです

実習を経験した先輩からのお話を聞くことは、
まだ実習のイメージを持つことができない1年生にとって貴重な機会になったと思います


サークル「おねえさんといっしょ」の紹介では、
先輩たちがエプロンシアター「カレーライスのうた」を披露してくれました
先生方・4年生・1年生もいっしょに歌いました


そして・・・ついにお待ちかねのゲーム結果発表
得点の高いゼミから順番にケーキを取っていきました
みなさん、お目当てケーキは見つかりましたか?

先生方やお友達とお話しする様子も見られ、楽しい時間を過ごせているようでした

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

「和太鼓同好準備会」始動♪

2016年04月18日

皆さん、こんにちは

1年生の皆さん、少しは大学生活に慣れましたか

授業が結構つまっているかも知れませんが、大学生活を楽しんで下さいね

さて、4月から「和太鼓同好準備会」がスタートしました
私たちは、昨年12月の「第9回総合子どもカーニバル」の実行委員会でチームを組んで
和太鼓の演奏をしたのをきっかけに、和太鼓演奏のチームを立ち上げました
まずは同好準備会からスタートしますが、
クラブに昇格できるように頑張っていきたいと思います

メンバーは3年生が中心ですが、新しく2年生も加わってくれました
毎週火曜日と木曜日の夕方、芦原ホールで練習しています
初めての活動として、13日(水)の新1年生向けのクラブ紹介に出演してきました

皆さん、和太鼓を一緒に演奏してみませんか
とても楽しいですよ

プロの先生にも、指導に来て頂きます
総合子ども学科コモンルームにチラシを置いておりますので、ご覧下さいね
皆さんのご参加を、お待ちしております



和太鼓同好準備会一同

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

✼ニュージーランド留学便り♫ 第1弾✼

2016年04月13日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

今回は、ニュージーランド研修担当の梅﨑先生より
現在3年生でニュージーランドに留学している、増井さんの様子をお届けします

******************************************************

小学校教員を目指す増井さんは3年次を1年間休学し、
ニュージーランドで1年に及ぶインターンシップを行っています

ニュージーランドは彼女が1年生の夏休みに,短期研修に出かけた地
ぜひここで学びたいという思いをあたため、
今回、その夢をかなえた増井さんから報告が届きました
---

増井さんのニュージーランド留学便り(1)

こんにちは。先ほどぶりです。
(教員注:つい先ほど,Face Timeで話したばかりでした)

今日でちょうどNZに来てから、2週間経ちました。
正直まだ2週間しか経ってないのか~ていう感じです。

2週間の間に様々な体験をさせていただきました。

・ホームステイ先の方のお知り合い(インドの人)の結婚式
・waterwise program(ニュージーランド独自の水辺活動)への参加
・人生初めての釣り
・オークランド市内のショッピングモール

なんだかんだでなんとか生きてはいます。

小学校へのインターンシップは毎日楽しんでいます。
担任の先生の方が日本語を話せるので、かなり助けてもらっています。
担当のクラスは10歳の生徒で、wakaaranga で一番の最高学年です。
(教員注:増井さんはwakaranga小学校でインターンシップをしています)

学ぼうという意思が強いすごく積極的なクラスで、賢いです。
わからない単語は子どもに教えてもらったり、
またEnglish skills tests ていう小テストのようなものがあるのですが、
子どもたちと一緒にいつも受けています(めっちゃ教えてくれます)。

みんな優しいのでいろいろ話してくれたり、
質問をしっかりしてくれます。
私が子どもに教えれることは今のところ、日本語と算数しかないので、
頑張って伝えようと必死になっています。

今週で小学校が1term終了なので、来週から2週間のお休みになります。
このお休みの間に語学学校に通おうと思います。
こちらでの友達がまだいないので、友達作りに励もうと思います。

ホームステイの家族は本当にいい人で、
ご飯や休日の過ごし方など、かなり助けてもらっています。

肝心の英語力なのですが、まだまだ伸びる気配もなく、
はじめは本当に何を言ってるのかもわからなくて、かなり困りました。

絶対ホームシックになんかならないと思っていたのですが、
はじめの1週間はほんとに帰りたいと心の底から思って、
自分がいかに甘えられる環境にいたのかということを感じました。
日本人を見たら、日本の歌を聴くと、自分の話が通じなかったとき、
親・友達からのLINE、もうほぼ全部で泣いてました。
自分のメンタルの弱さをかなり痛感しました。

一番自分が心がすさんでいたなあと思ったのが、
高橋優という歌手の歌で「福笑い」という歌があるのですが
その歌詞の中に
「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」
という歌詞があるのですが、本気で「英語じゃ!」って心のなかで突っ込み、
「嘘つけ」と心の底から思っていました(今は回復してます)。

2週間たった今も英語は全く話せません。聞き取れないです。
けど、なんか人って心のもちようで、話せないことに対して吹っ切れ、
今の状況に満足しようと思ったら平気になりました。

できることをしようと思って、ホームステイ先の人に
今日何があった?って聞かれたら完璧に答えれるように
前もって話のネタを作るようにしました。

後はホームステイ先の人と最低2時間はともに過ごそうと決めました。
小さなことですが、これは絶対に続けようと思います。
今の調子で、本当に英語を話せるようになるのかはわかりません。
けど、生きにくい環境で生きるという経験を大事にしようと思いました。
英語がすべてじゃなくてこの環境で学べることは学ぼうと考えました。
きっとこれからもっと楽しくなるんだと思ってなんとか頑張ります。

とりあえずすさんでいた時期も終え、今は楽しめています。
かなり長くなりましたが、私の2週間はこんな感じでした。

またご連絡します。

PS:ゼミ旅行行きたいです!!!!!!!!!!!


---

増井さん頑張れ
ニュージーランドで何も考えずにバンジージャンプをしていたころを思うと、
なんだかいい経験をしているなぁとうれしく思います

ちなみにゼミ旅行、候補はニュージーランドです…(笑)

******************************************************

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab