学科日誌ブログ

総合子ども学科ブログ

総合子ども学科開設10周年記念シンポジウムのご案内

2016年09月16日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

総合子ども学科は今年で開設10周年を迎えます
その記念として下記のシンポジウムを開催いたします


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

甲南女子大学 人間科学部 総合子ども学科開設10周年記念シンポジウム

日時:2016年10月22日(土)13:00~
場所:甲南女子大学5号館4階 545教室
当日は甲南女子大学大学祭「海の見える丘祭」、ホームカミングデーも開催しております。

お問い合わせ先:石渡 正志 教授 研究室(ishiwata@konan-wu.ac.jp)

交通アクセス:阪急神戸線「岡本駅」もしくはJR神戸線「摂津本山駅」山手幹線沿いを
東へ徒歩約5分のところに甲南女子大学行きの無料スクールバス乗り場がございます。
詳しくはこちらからご覧下さい。


第1部 記念講演 『子ども学 ~学びと実践のかけはし~』
 子ども学を学び、実践することの意義を考えます。

講師:日本子ども学会事務局長 木下真 氏
時間:13:00~

第2部 パネルディスカッション 『卒業生=実践者と考える子どもの未来』
 卒業生からの話題提供に学科教員が応えながら、子どもの未来について語り合います。
時間:14:00~


※終了後は、卒業生や旧教職員を交えた旧交会を計画しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入場無料・事前申込は不要です
どなたでも、ご自由にご参加下さい
皆さまのご来場を心よりお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

♡ 総合子ども学科 ♡ 9月オープンキャンパスのご案内

2016年09月01日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

ずいぶん暑い日が続きましたね
総合子ども学科の学生さんたちは、夏休みももう残りわずか
みなさん、このお休みはいかがお過ごしでしたでしょうか

熱中症には十分気を付けてくださいね

さて、9月4日(日)には本学のオープンキャンパスがあります
AO入試予備面接は最終日を迎えます
2回目の面接がまだな方など、いらっしゃいましたら、是非お越しくださいませ

以下より、総合子ども学科の体験授業とイベントの内容をお伝えします


体験授業

『不思議?ビックリ!ものづくり』
子どもたちが不思議に感じたり、ビックリするようなものづくりを一緒に体験しましょう

時間:11:00~11:40&13:10~13:50
場所:3号館4階342教室

※AO入試受験希望者は必ず体験授業を受けてください。
 遅刻は5分間までとなっておりますので、ご注意ください。


イベント

『聴いて合わせて音楽づくり』
民俗楽器などを使って、みなさんで楽しく音楽をつくってみましょう

時間:10:00~13:00
場所:3号館2階320教室

また、総合子ども学科コモンルームでは在学生との懇談を行っています
先輩たちの生の声が聞けるコーナーです
授業のことや大学生活のことなど、ぜひ色々質問してみてくださいね

また、先輩たちが授業で作った作品も展示していますので、ぜひご覧下さい

みなさまのご来場をお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

「甲南子育てひろば」のお友達と交流をしました♪

2016年08月02日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

衣川先生にゼミの様子を写真と一緒に提供していただきましたので、お伝えいたします

7月14日(木)に、2年生衣川ゼミで「甲南子育てひろば」の子どもさん達と交流をしました

この日は320教室で、10組の子どもたちとお母さんに来ていただき、“はらぺこあおむし”アレンジバージョンを披露しました

お話への導入は、コロコロたまごの手遊びをし、絵本のお話に少しアレンジを加えて、
一部分をクイズ形式にしたり、最後のサナギから蝶々になるところを工夫したりしました

最後は、みんなで蝶々になって歌をうたいました

来てくれた子ども達は、手遊びを可愛く一緒にしてくれたり、お話もじっと見てくれてクイズにもちゃんと答えてくれました

準備期間が短かったのですが、ゼミ生一致団結して頑張りました
子ども達が笑顔で一生懸命見てくれて、ほんと感激でした

ゼミ生は、甲南幼稚園にもお邪魔し、園の様子を見学させていただいたり、園児さんとも一緒に遊ばせていただきました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

★総合子ども学科★ 7月オープンキャンパスのお知らせ

2016年07月18日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

7/23(土)・7/24(日)はオープンキャンパスです
総合子ども学科の体験授業とイベントをお知らせいたします


体験授業

【7/23(土)】

『歌って遊んで、「あなたも歌のおねえさん」!?』
甲南女子大学には本格的な撮影スタジオがあります
そのスタジオで子ども向け番組を体験し、先輩と一緒に”手遊び歌”を教えてみましょう

時間:11:00~11:40&13:10~13:50
場所:8号館4階AV制作スタジオ

【7/24(日)】

『7つの質問』
選び抜かれた質問をもとに、
みなさんも対話に参加し、コミュ力UP を目指しましょう

時間:11:00~11:40&13:10~13:50
場所:3号館2階320教室

※AO入試受験希望者は必ず体験授業を受けてください。
 遅刻は5分間までとなっておりますので、ご注意ください。


イベント

【7/23(土)】

『遊ぼう!』
遊びも学びの1つ
海外のおもちゃを使って遊び、子どもとおとなの関係性を一緒に考えましょう

時間:10:00~15:00
場所:3号館2階320教室


【7/24(日)】

『ふくしまんきつ』
「ふくしまんきつ」とは何でしょうか? 漢字で表すと「福祉漫喫」です
気軽にお茶でも飲みながら、福祉や関連領域の代表的な作品を読んでホッと一息つきに来てみませんか
読むだけでは物足りない、「作品について語り合いたい」、「福祉について話を聞きたい!」と言う方
福祉担当教員が在室していますので、マンガ話や福祉話に花を咲かせて楽しみましょう

時間:10:30~15:00
場所:5号館4階542教室

また、総合子ども学科コモンルームでは在学生との懇談を行っています
夏休みを活用して、ぜひこの機会にいろいろと質問してみて下さいね

みなさまのご来場を心よりお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

本山東児童館で“ちょっと不思議な七夕物語”を上演しました♪

2016年07月14日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

7月7日(木)七夕の日に、本山東児童館で1年衣川ゼミが劇を披露しました
対象は学童保育(1年生〜3年生)の子どもさん達です
そのときの様子をご紹介しますね

ゼミでは、甲南こども園に1回、本山東児童館に3回訪問し、それぞれの施設の子育て支援について、学ばせていただきました

児童館では、甲南山手駅前での熊本への募金活動のお手伝いもしました

発表の日は小学校の懇談会があり、子ども達は児童館にいつもより早く帰ってきていました
子ども達との交流を経て、小学校低学年向けに皆で完全オリジナルの劇を制作しました

テレビCMからヒントをいただき、浦ちゃん・桃ちゃん・金ちゃんが主役のお話です
背景の絵や小道具などを作り、短時間の練習で仕上げましたが、子ども達はとても喜んでくれました

ゼミ生も、楽しみながら演じていました
発表のあとは、いつもと同じように子どもたちと一緒に遊んで帰りました

児童館でも現在は、保護者の帰りが遅い子ども達のために、19時まで延長をしています

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

✿コモンルームイベント「壁面作成」✿

2016年07月13日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

まだ、梅雨が明けてないですが、むし暑い日が続いていますね
みなさん、熱中症にはお気を付けてください


今回は総合子ども学科初のコモンルームイベント「第1弾*壁面作成」の様子についてお伝えいたします

総合子ども学科コモンルームのホワイトボードには、保育園や幼稚園などでよく見られる壁面装飾を作って飾ってあります

毎月季節を感じる内容に張り替えています
学科ブログにもアップしているので、過去のものやこれからのもの、どちらもチェックしてみてください

イベントに集まって頂いた学生さんたちは、学年ごとのグループに分かれ、それぞれの壁面のテーマを、
コモンルームに置いてある本を参考に決めて作成していました
作ってもらった季節は下記の通りです

 8月~9月上旬まで 「キンギョすくいにチャレンジ!」
 9月中旬~10月まで 「みんなでイモ掘り大会」
 1月 「クマさん得意のこま回し」

さすが総合子ども学科の学生さん
慣れた手つきで、あっという間にかわいらしい作品ができました

来月から掲示することが決まっていますので、気になっている方はぜひコモンルームまで見に来てくださいね


第2弾*コモンルームイベントの実施計画を進めております
また、こちらでお知らせしますのでおたのしみに~
「これがしたい!」というものがあれば、職員にお伝えください

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

『 「日本語でつたえるコツ」ワークショップ 』

2016年07月11日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

先月6月30日(木)の「家庭支援論」の授業では
『「日本語でつたえるコツ」ワークショップ』を行いました
講師として、社会福祉法人大阪ボランティア協会から
柳瀨 真佐子 先生と瀧本 宏子 先生にお越しいただきました
まず瀧本先生から、大阪の保育所で働いていた時、外国人の子どもとその保護者との
コミュニケーションにおいて、大変だったことをお話して頂きました
日本では"あたりまえ"だと思っていることが、外国の方には伝わりにくい事が
多くあるそうです

たとえば、皆さんも保育園、幼稚園にいた頃は誰でも経験した、「ぎょう虫検査(セロハンテープのような粘着シールを肛門周辺に貼り付け、ぎょう虫の卵があるかないかを調べる
検査)」は実は日本でしかやっていないそうです

外国人の保護者の方に、お子さんのぎょう虫検査のやり方についてジャスチャーをしながら説明したところ、検便と間違えて提出されたこともあったそうです
日本の「常識」は外国の方には通じないことがたくさんありますので、文化の違いも理解して接していくことが重要ですね

会話をするときは、関西弁などの方言ももちろん通じません
また、「この道は通れなくはない=(意味:通ることができる)」などの二重否定の言葉や
「お越しください」などの敬語も外国の方には伝わりにくいので、子どもでも分かるような
やさしい日本語を使って、コミュニケーションをとることがとても大切だと教えて頂きました
瀧本先生のお話のあとは実際に、自然と耳にしている言葉を、
より簡単な日本語に変換する練習問題をしました
以外にも難しく、みなさん頭をひねらせて考えていましたが、
答えあわせをしたときは、みなさんほとんどの問題を正解していました

最後に柳瀨先生から、「外国人保護者とのコミュニケーションのコツ」について
お話をして頂きました

瀧本先生のお話と同様に、簡単な日本語で会話をしていくこととはもちろん、相手の方が
うまく言葉が出てこないときは推測して代わりに聞いてみることも大切だそうです

これから、ますます日本在住の外国の子どもたちが増えてくると思います
柳瀨先生と瀧本先生のワークショップは大変貴重な機会になったのではないでしょうか

お二人のお話で得たものを保育・教育の現場でも活かしていきましょう

お越しいただいた柳瀨先生、瀧本先生、貴重なお話どうもありがとうございました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

~ 保育内容の研究(言葉)の授業風景 ~

2016年07月05日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

今日は「保育内容の研究(言葉)」の授業の様子についてお伝えします

この授業では、様々な絵本に触れながら、保育の場で子どもたちに読み聞かせる意味を学んでいくと同時に、
乳幼児の言葉の発達や、保育者としての絵本活用の多様な方法について勉強しております

今回は2人1組のグループで興味関心によりテーマを設定した絵本について調査し、その内容を発表しました

一部のグループの内容を少しだけ紹介させていただきます


【1組目】仕掛け絵本の魅力についての発表

仕掛け絵本でも様々な種類があり、めくってひっぱたりするものや、飛び出してくるものなど、
あらゆる仕組みがあるものを紹介していました
その中でもひときわ学生の興味を引いたのは絵本「きょうのおやつは」です
鏡(3D効果)のような仕掛けがあり、今までの絵本にはなかった奥行きが・・・
気になった方はぜひ読んでみてください

発表を聞いていた学生さんも、驚きの表情を浮かべており、「これどうなってるの!?」と言いながら、
思わず写真を撮っている方もいました
これらの仕掛け絵本には、子どもの好奇心をくすぶり、脳を活性化させる効果があるそうです

子どもの成長のとても大切な役割を担っていますね


【2組目】「命の誕生」をテーマに絵本「おへそのあな」と、写真絵本の「うちにあかちゃんがうまれるの」を読み聞かせ

絵本「おへそのあな」は、お腹の中にいる赤ちゃんが、お母さんのおへその穴から家族の様子を見ている姿が描かれています
この絵本は、赤ちゃんが生まれてくる様子が想像しやすく、あたたかい気持ちになれるお話です

絵本「うちにあかちゃんがうまれるの」は、赤ちゃんの誕生を家族で歓迎するお話で、
長女の女の子(まなかちゃん)の視点で描かれています
絵ではなく写真で描かれているので、赤ちゃんが誕生する瞬間のイメージがつきやすく、
大人でも赤ちゃんが生まれてくる喜びをともに実感できるのが魅力だそうです

どちらの絵本も親子ともに楽しめて、親子の関係がより一層深まりそうですね


今回の調査と発表を通して、絵本の大切さを知る、いい機会になったのではないでしょうか

みなさんも総合子ども学科コモンルームにたくさん絵本がありますので、読みに来てください
貸し出しもしてます
気になっている絵本がありましたら、職員にひとことお伝え下さい
追加購入されるかも・・・・・・

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

2年生三好ゼミ ♪お誕生日会♪

2016年06月21日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

6月9日(木)の2年生三好ゼミでは、2限目の時間にお誕生日会を実施いたしました

このお誕生日会では、以下の3点を目的としているそうです

保育記録を友達同士で記録し合い、ラーニング・ストーリーについて体験学習する。
誕生日会をイメージして、模擬保育を体験学習したり、記録したりして学ぶ。
友達同士で共に、学習農園で栽培したバーブなどを用いた食事を楽しみ、
  食育に関して学ぶ。

幼稚園や保育園などで行われている『お誕生日会』形式で、20歳のお祝いをしました

まず初めに、祝ってもらう学生さんのお父さん役、お母さん役、先生役(進行役)、
お誕生日会全体の記録する記録係の担当を決めた後、
1人1人お祝いのメッセージを言いました

そのあとは、三好先生によるプレゼント

絵本の読み聞かせをして頂きました

読んで下さった本は「あかちゃん」と「パンダ銭湯」です
「パンダ銭湯」では三好先生がパンダの耳とサングラスを用意されており、
実際に学生に装着させたりしながら、みんなで楽しめるように「パンダ銭湯」を
アレンジしてお話してくださいました
学生に三好先生の「パンダ銭湯」は大好評でした

そのあとはみんなでサンドイッチを作り、おいしくいただきました

ゼミの時間が終わりそうになったころに、
ゼミ生のみなさんからお誕生日の方へのサプライズ

教室にあった実物投影機「みえるもん」を使い、
お祝いのメッセージ動画を見せてくれました

幼稚園や保育園でのお誕生日会をしてみて、いかがでしたでしょうか?
実際の保育の現場でお誕生日会があったときは、ぜひこの経験を活かしてくださいね

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

日本伝統音楽について学びました♪

2016年06月15日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

今回は坂井先生より、授業の写真などを提供して頂きましたので
”日本伝統音楽”に触れ合う、学生さんの様子をお伝えいたします

--------------------------------------------------------------------------------------

初等教科教育法(音楽)の時間に、講師の先生が来てくださって
日本伝統音楽について学びました

後半はお琴の先生が実際に演奏を聞かせて下さり、
続いて将来教員を志す2年生が、お琴の先生のご指導の下「さくら」を演奏

初めてでしたが、全員滞らず弾くことができました

お琴の繊細な音色に触れ、いつもとは少し違う、おしとやかな雰囲気の授業でした

--------------------------------------------------------------------------------------


Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab