学科日誌ブログ

総合子ども学科ブログ

学科講演会のお知らせ!!

2017年12月07日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
12月に入りました
今年も残り少なくなりました
学生達は卒論やレポート、ピアノの練習を頑張っていて、
コモンルームも賑やかです

12/14(木)2限と4限に総合子ども学科講演会が開催されます
今回は、お二人の講師の方をお招きします
2限(10:40~12:10)は、落語家の桂三幸氏です
「コミュニケーション能力の向上と発声の仕方」という講義と落語を披露して頂きます。
4限(14:40~16:10)は、武庫川女子大学教授 押谷由夫氏です
『子どもと社会の未来を拓く道徳教育』~「特別の教科 道徳」を要に教師としてのあなたの夢を叶えよう~と題して講義をして頂きます。

お二人の講義は学生達にとってもとてもよい勉強になると思います

講師の方のお話を聞いて何かを吸収してもらえればと思います

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

いよいよ第11回「総合子どもカーニバル」開演です!!

2017年12月06日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
いよいよ12月9日(土)、本学 芦原講堂にて行われる「第11回総合子どもカーニバル」が近づいてきました

「総合子どもカーニバル」とは、総合子ども学科の1・2年生が作り上げる子どもたち向けの音楽劇です

今年の音楽劇のテーマは「なつきのだいぼうけん~みんなのゆめをとりもどせ~」です

     ☆ ★ ☆ ★ あらすじ ☆ ★ ☆ ★
「夢の国」に突然現れた夢どろぼうは、みんなの夢をうばって逃げてしまいました。お姉ちゃんの夢を取り戻すため、なつきは南女戦隊ナジョレンジャーとともに、夢どろぼうを追いかけます!夢どろぼうのねらいは何なのでしょうか。

そして、なつきはお姉ちゃんと夢の国を助けることができるのでしょうか?

総合子ども学科の1・2年生が協力して創意工夫した音楽劇をご披露致しますので、ぜひお越しください

皆様のご来場をお待ちしております


日時:2017年12月9日(土)【開場】13:00【開演】13:30
場所:本学 芦原講堂
対象:幼児から小学校の子どもたち
   在学生、卒業生、地域の方
   申し込み不要 入場無料
※大学のバスをご利用いただき、お車でのご来校はご遠慮下さい。
【始発】12:40 ※それ以降は満車になり次第発車【最終】13:30
「子どもカーニバル」は、総合子ども学科一大イベントです
お友達、ご家族、皆様お誘いあわせの上、ご来学頂きたいと思います
心よりお待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

11月のオープンキャンパスへのご来場、ありがとうございました!!

2017年11月20日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
今年も残り1ヶ月となりました
卒業研究やレポートを頑張っている学生、就職や実習などの話をしている学生、お互いに勉強を教え合っている学生などコモンルームも賑わっています

大変だとは思いますが、自分の夢や目標に向かって一歩ずつ進んでいって欲しいと願っています

11月19日(日)にオープンキャンパスが行われました
お天気もよく、ご来場頂いた皆様ありがとうございました

大学の施設を案内するキャンパスツアーや総合子ども学科のイベントはいかがでしたでしょうか?

在学生との懇談では、授業のこと、資格のこと、大学生活のことなどの質問に最初は緊張した様子の学生達でしたが、笑顔で一生懸命答えてくれていました

短い時間ではありましたが、甲南女子大学をアピールしてくれていたと思います

次回オープンキャンパスは3月に実施致します
詳細はまたアップしますので、楽しみにお待ち下さい

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

11月のオープンキャンパスのお知らせ!!

2017年11月14日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
朝晩が冷え込むようになり
布団から出るのが辛くなってきました
寝坊しないように気をつけて下さいね

11月19日(日)に甲南女子大学のオープンキャンパスが開催されます
今回は午後からの開催になります
皆様のご来場をお待ちしております

~イベントのご紹介~
○イベント:『総合子ども学科卒業生の「今」を聞く』
  14:10~14:50
 "子ども"を学んで子ども関連の企業に就職した卒業生の「今」の話を聞いて、入学前だけど卒業後の進路について考えよう!

○在校生との懇談
  13:00~16:00
 タイトルどおり、先輩たちとお話ができるコーナーです♪総合子ども学科の授業のことや、大学生活のこと、資格免許のことなど・・・是非この機会に色々質問してみてください。

こちらのサイトに詳しい情報が載っています
では、皆様のご来場お待ちしております

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

ハロウィンイベント開催しました!!

2017年11月06日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
11月に入り、今年も残り2ヶ月となりました
寒さもだんだん厳しくなります
暖かくして過ごして下さいね

10月31日に、学科ブログでもお知らせをしておりましたが
人間科学部事務課主催のハロウィンイベントを行いました

当日はたくさんの学生がコモンルームに足を運んでくれました
コモンルームに置いた仮装道具で写真撮影をする学生
スタンプラリーでスタンプを集めたことを報告してくれる学生
ドリンクが欲しいと待っていてくれる学生
など、短い時間の中でしたが、楽しんでもらえたのではないでしょうか

総合子ども学科では、職員も仮装をして学生たちをお出迎え
職員も楽しい時間を過ごすことができました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

こんなかわいい工作をしていました!!

2017年10月30日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
ハロウィンが近づいています
みなさんも、ハロウィンパーティーで盛り上がるのでしょうか~
楽しみですね
今回は、内藤ゼミがかわいい作品を制作していたので、ご紹介します

総合子ども学基礎演習ⅠB(内藤ゼミ)では、
子どもの行事に関連した制作活動として、
ハロウィンのジャック・オー・ランタンを作りました。

1年生の私たちには初めての取り組み!
上手にできるか心配でしたが、あっという間に
たくさんのかぼちゃが出来ました。
これなら、子どもたちとも一緒に作れそう。

同じ作り方でも表情はさまざま。面白いですね。

完成後、先生にお菓子を入れてもらって
コモンルームで記念撮影をしました。

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

♪コモンルームでハロウィンドリンキング♪

2017年10月24日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
雨が降ったり、台風が来たりと不安定な天気が続いていますね
急に冷え込んできています
体調管理をしっかり行って下さいね

この度、人間科学部事務課シーズンイベントとして、
『コモンルームでハロウィンドリンキング』というイベントを行います
人間科学部の各4学科のコモンルームでアンケートに答えてくれた方へ、ハロウィンを楽しめるドリンクをプレゼント
※数量限定です
実施日は10月31日(火)
対象コモンルームと実施時間は、
☆心理学科コモンルーム(3号館1階)・・・12:10~13:00
☆総合子ども学科コモンルーム(5号館2階)・・・12:30~13:30
☆文化社会学科コモンルーム(5号館3階)・・・12:10~13:00
☆生活環境学科コモンルーム(7号館2階)・・・11:30~13:00

さらに
10月25日(水)~10月31日(火)の期間中にスタンプラリー開催
上記4学科のうち3学科のコモンルームでスタンプを集めたら
お菓子の詰め合わせをプレゼント
※数に限りがあります。引換受付は10月31日(火)13:00~15:00人間科学部事務課(5号館1階)です
仮装歓迎
ぜひコモンルームへのご意見をお聞かせ下さい
学部学科は問いませんので、お気軽にお越し下さい
お待ちしています

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

第11回「総合子どもカーニバル」開催のお知らせ

2017年10月05日

こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

12月9日(土)、本学 芦原講堂にて「第11回総合子どもカーニバル」を開催します

「総合子どもカーニバル」とは、総合子ども学科の1・2年生が作り上げる幼児から低学年の子どもたち向けの音楽劇です

今年の音楽劇のテーマは「なつきのだいぼうけん~みんなのゆめをとりもどせ~」です

     ☆ ★ ☆ ★ あらすじ ☆ ★ ☆ ★
「夢の国」に突然現れた夢どろぼうは、みんなの夢をうばって逃げてしまいました。お姉ちゃんの夢を取り戻すため、なつきは南女戦隊ナジョレンジャーとともに、夢どろぼうを追いかけます!夢どろぼうのねらいは何なのでしょうか。

そして、なつきはお姉ちゃんと夢の国を助けることができるのでしょうか?

総合子ども学科の1・2年生が協力して創意工夫した音楽劇をご披露致しますので、ぜひお越しください

皆様のご来場をお待ちしております


日時:2017年12月9日(土)【開場】13:00【開演】13:30
場所:本学 芦原講堂
対象:幼児から小学校低学年の子どもたち
   在学生、卒業生、地域の方

   申し込み不要 入場無料

※大学のバスをご利用いただき、お車でのご来校はご遠慮下さい。
バスの時間は決まり次第お知らせ致します
「子どもカーニバル」は、総合子ども学科一大イベントです
友達、家族、皆さんお誘いあわせの上、ご来校頂きたいと思います
また日程が近くなりましたら、改めてブログにアップしたいと思います

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

妊婦体験をしました!!

2017年10月03日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです
だいぶ秋らしくなってきた今日この頃
みなさん、いかがお過ごしですか
今回は、コモンルームで行われた山下先生の2ゼミ(「総合子ども学基礎演習ⅡB」の様子をお伝え致します

山下ゼミでは、子育て支援をテーマに、妊娠期からの支援、障がい児の子育て支援、障がい者の子育てへの支援、地域の子育て支援活動、子育て家庭とのコミュニケーションツールなど、これまでの学びで触れることの少なかった内容を学習したり、体験しようとしています。

 少子化が進むなかで、子育てに不安を抱えていたり、孤立したり、子どもに不適切な関わりをしてしまう子育て家庭が多く存在します。妊娠、出産、保育、と切れ目のない支援が求められて、公的な取り組みも進められています。“子ども”を学ぶ私たちも、まずは妊娠期からの課題や支援を考えるために、この日、一時的に“妊婦さん”になってみました。

 看護学科から妊婦ジャケットをお借りして、妊婦疑似体験に挑戦です。15名の学生が4つのグループに分かれて、一人ずつ体験したのですが、7kgものジャケットの重みにみんなビックリ!安全に体験するため腰にベルトを巻き、グループメンバーがサポートしながら、椅子に座ったり立ったり、階段を昇り降りし、靴紐を結んでみたり、トイレも!コモンルームには抱っこやオムツ替えを学習するために赤ちゃん人形が何人もいるのですが、その子たちを抱っこしてみたり・・・
   立ったり座ったり、機敏には動けない。
   しゃがんだり、前かがみになるのが難しい。
   足元が見えづらく、階段の昇り降りが不安で危ない。
   自然に背中が反って、足も開いて歩くようになる。
   家事が大変そう。重い荷物を持ったり、上の子を抱っこしたりも負担になるな。
 
 しかし、
   少しずつ大きくなるお腹を見ると、とても愛おしく感じられるだろうなあ。
   子どもが生まれるのを心待ちにするだろう。
   重いけど、その重みで幸せを感じるだろうし、嬉しいだろう。
   大きなお腹で仕事もしている人もいて、妊婦さんはすごい!
   自分の体調だけでなく、お腹の子どものことも考えて、責任をもって行動しないといけないな。
など、体験後にさまざまな感想が出されました。

 体験中に「切れ目ない支援」についても資料をもとに学んだのですが、公的な支援だけでなく、いま、私たちにできることも考えてみました。
   バスや電車では席を譲る。
   声かけして、荷物を持ったり、ベビーカーをたたんだり持ったりを手伝う。
   ぶつかったりしないように周囲にも気を配り、階段では手を貸したりする。
   妊婦さんや周りの人に、子育て支援サービスの情報などを伝える。

 これからは、子どもだけではなく、妊婦さんやお母さんへの眼差しがさらに優しくなりそうです
 看護学科の川村先生、池内先生、ありがとうございました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

10月になりました!!

2017年09月29日

みなさん、こんにちは
総合子ども学科コモンルームです

早いもので10月に入り、少し朝晩は涼しくなってきましたね
後期も始まり、コモンルームの前も学生のみなさんの声でにぎやかな毎日です

コモンルーム前の天井も10月バージョンに変身

10月の行事として十五夜がありますが、みなさんは十五夜がどういう意味かご存知ですか

十五夜とは旧暦の8月15日に行われる月の神様に感謝とお願いをするお祭りです。
主に農家の人が今年の作物の出来を感謝し、来年の作物の豊作を月に願うものでした。
旧暦の8月は現在では9月にあたり、米の収穫の時期です。
旧暦は現在の暦とは違い、月の満ち欠けを基準として決めていました。

昔の人は月が欠けて、また満ちていくというのを人生や、家族、大きくはその地域に見立てていました。
人が繁栄や衰退を繰り返す様子を月の満ち欠けになぞらえて大事にしていたと言います。
収穫の秋とも重なるこの時期の、月が一番綺麗に見える日(中秋の名月)に大事な月にお供えを捧げる習慣がこの十五夜です。

十五夜といえば、満月と思う方もいると思いますが、十五夜と満月は毎年2日ほどずれているそうです。ちなみに2017年の十五夜は10月4日ですが、その一番近い満月は6日だそうです。

十五夜ではススキを飾りますが、昼の神様に捧げるのは稲穂、夜の神様に捧げるのはススキなのだそうです。
これはこうべを垂れる稲穂には女性的なイメージがあり、ピンとまっすぐに立っているススキは男性的なイメージがあることから各々の捧げ物になったと言われています。

また、十五夜には丸いもの=満月に見立てて、丸いものを供えるという地域もあります。その後、そのお供え物をいただく事で月の力を自分にも分けてもらうというおまじないのようなものという考えもあるようです。十五夜のお団子は本来「真っ白な白玉だんご」を供えるものだという風習もあるそうです。これは、月は霊力を持った真珠のようなものと、信じられていたことに由来し、その真珠を模した真っ白な白玉団子を飾ってお祈りしたそうです。

今年は月を見ながら、お団子を食べるのもいいかもしれませんね
今回、コモンルーム前の天井製作は、学生さんにも手伝って頂きました

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab