学科日誌ブログ

日本語日本文化学科ブログ

日本語教師として派遣されること

2017年08月04日

7月25日(火) 本学日本語教育養成プログラム履修生向けに、【日本語教師として派遣されること】と題し、「先輩の体験談を聞く会」が開催されました
講師としてお迎えしたのは、日本語教員養成プログラム修了生の
田中亜衣先生
2014年3月に上記プログラム修了(本学ご卒業)後、オーストラリア[日本語ティーチングアシスタント]、フィリピン[国際交流基金 日本語パートナーズ]、フィリピン[国際交流基金 EPA日本語講師]へ派遣されました

1度目のフィリピンでは10か月間、「授業のサポート」「現地の人たちとの交流」「言葉や文化の習得」という3つの大きな役割を担い、日本とアジアの架け橋になる・・・という役目を果たされました
日本では中学生にあたる9年生、10年生の生徒たちに、『折り紙』『七夕の短冊飾り』『浴衣』『お箸の使い方』『習字』などを教えたりされていました。どの生徒たちからもこぼれんばかりの笑顔があふれていますね




2度目のフィリピンは7か月間、経済連携協定(EPA)に基づき、来日を希望するフィリピン人の看護師、介護福祉士候補者を対象に日本語教師として初級から中級程度の日本語教育を行いました
来日してから仕事をしながら国家試験をめざして勉強するというのは、並大抵のことではありません私たちが海外に行っていきなり仕事をするという風に考えると、日常会話だけでは済まない範囲の語彙力、伝える力が必要となることが分かります.
そういう状況の学習者たちに日本語だけでなく、日本での生活や文化を教えるお仕 事、やりがいと同時にとても責任の重さも感じることと思います。そんな中でも、こちらの写真も、学習者も田中先生も笑顔。笑顔も大事なコミュニケーション手段ですね

ただ、笑顔ばかりではいられません。実際に現地で住んで働いてみると、職場での問題点や海外生活の不便さなども当然出てきます
そんな生の声を聞かせていただけた、貴重な講演会でした

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

南女なでしこ講座 ~浴衣編~

2017年08月03日

今夏も米田先生引率の元、京都の歴史ある町屋「ちおん舎」さんにて
「南女なでしこ浴衣講座」の実習が行われました


<浴衣着付>
まず浴衣が自分で着れるように先生がお手本を見せてくださいました
帯が自分で結べるレベルまでお教えいただきましたが・・・

皆、悪戦苦闘しながら、先生にお手伝いいただき、2,3度チャレンジして、着付けは完了
一服したところで・・・


<香道>
場所を変え、香木の香りに心を傾け、じっくりと鑑賞する『香道』を体験しました
今回は季節にちなみ【七夕香】
ルールに従い、5種類の香を聞き当てる(聞香)という昔の遊びです
時代が一気に中世にタイムスリップし、ゆったりとした時間
が流れていました
始まる前には大変価値のある香木も見せていただきました
<茶道>
午後からは先生のお点前を頂戴する茶道体験
お菓子の取り方、お抹茶のいただき方など、茶道の作法も教えていただきました

毎日の忙しい生活の中では感じ取れない感覚を体験し、「南女なでしこ」となって過ごせた1日でした
「女子力」アップとなったこと間違えなしですね

冬には「南女なでしこ講座 ~着物編~」が行われます
京都の凛とした冬の空気の中で、また時代をさかのぼってみませんか

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

就職ガイダンス

2017年08月02日

7月夏休み前に、二年生対象の学科就職ガイダンスが行われました
内定をもらった四年生の先輩三名にも来てもらって、インターンシップのこと、学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)、エントリーした会社の数… などの話をしてもらいました

また、会社が自分を選んでくれた決め手になったのは何だと思うか、といった変化球の質問、また、日文生の特徴、アピールポイントについても話してもらいました(立派に成長しましたね!)。
二年生たちも、明日の自分の姿だと思ってか、熱心に話を聞いていたのが印象に残りました

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

紙芝居がやってきた!

2017年07月27日

みなさん、こんにちは。日本語日本文化学科です。
日文では、7月6日(木)に
紙芝居なつかし亭の岸本茂樹氏をお招きして、
講演会「半径3メートルの言葉の世界 『紙芝居』がやってくる」を開催しました。
岸本さんは、役所を定年退職された後、「紙芝居なつかし亭」を設立、
横浜を中心に各地で活動され、紙芝居の魅力を伝えておられます。

講演会は、拍子木の音から始まりました。
岸本さん、教室後方からの登場です。
教室内の空気が一瞬にして変わりました
紙芝居の歴史から、紙芝居の上演作法などの解説、
そして、教育紙芝居「杜子春」と街頭紙芝居「丹下左膳(第5巻)」を上演して下さいました。
学生からは
「生の声の迫力に圧倒されました」
「動物の鳴き声や、雷や風の擬音など、すべてが本物に聞こえて感動しました」
「人の声の ”振動“ を体感しながら、観客と演者が一体となり繋がっていく貴重な時間でした。これからも継承されていくといいなと思います」といった声が聞かれました。

講演を通して、学生は人と人をつなぐコミュニケーションに必要なヒントやアイディアをいただいたようです。

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

日文 7月23日(日)のオープンキャンパス!

2017年07月23日

みなさん、こんにちは。
日本語日本文化学科です。
今日も、暑いですね

さて、日本語日本文化学科の
本日7月23日(日)のオープンキャンパスですが
午前中、多くの高校生や保護者の方々が
コモンルームを訪ねてくださいました。
対応させていただく在学生スタッフも
熱く熱く
日文の魅力をお話させていただいています。
15:00までお待ちしておりますので、
ぜひ、お越しください。

また、13:20~14:00は
3号館3階の33A教室で体験授業
「アフレコ体験」開催!

お待ちしております

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

日文のオープンキャンパス(7月23日)!!

2017年07月22日

みなさん、こんにちは。
日本語日本文化学科コモンルームです。

日文では、オープンキャンパスに
コモンルームを訪ねて下さった皆さんへ
”文香”(ふみこう、香りのする栞)を
プレゼントしています。







 
7月23日(日)の体験授業です
また、コモンルームでは、在学生もお待ちしています。
なんでも、聞いちゃいましょう!!!

・授業のこと(どんなことが勉強できるの?)
・授業以外のこと(学生生活はどんな感じ??)
・日文の先生のこと(個性豊かな先生方がいっぱい

在学生だけが知っている面白い情報がゲットできること
間違いなし

ぜひぜひ、お越しください。
心より、お待ちしています。

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

添乗員実習

2017年07月17日

7月2日(日)、前田先生ご担当の「観光実践論Ⅰ」と「旅行企画論Ⅰ」の受講者で
合同臨地授業が行われました

参加された学生さんから実習報告をしていただきました
-------------------------------------------
当日、受講者で添乗員の役割を分担し、実習を行いました
実際にバスの先頭に立ち、マイクを持ってアナウンスをしたり、入場券の手配
昼食会場へのご案内などを行いました
バスに揺られながらアナウンスするのは大変でしたが、とてもいい経験になりました

<六甲山牧場>
六甲山牧場では、アイスクリーム作りを体験しました.
普段はキラキラ女子の南女生ですが、この時ばかりはみんな必死でした(笑)
おいしいアイスクリームができて大満足
その後は牧場内を自由散策しました
真横を走り去る羊に戸惑いながらも、楽しい時間を過ごすことができました

<ジンギスカン>
六甲山ホテルにて絶景を眺めながらのジンギスカン(バイキング形式でデザート付
楽しく昼食を取ることができ良かったです

<北野異人館>
お昼の暑い中、異人館まで頑張って坂を上りました
異人館は風格があり、人が多く、近くの有名なスターバックスも大盛況でした
<南京町>
最終ポイントの南京町では色々な食べ物を食べ歩きしました
特に人気店「老祥記」の肉まんは絶品でした
お店はこのブタの置物のお隣です
みなさんぜひ行ってみてください

-------------------------------
まずは自分が楽しむ
経験していないと、お客様へも素敵な旅のご案内はできない
ですよね

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

『韓流からつながる夢♪』

2017年07月11日

7月5日(水)にDJやMCとして活躍しているNami先生 (藤村奈実さん)の講演会が行われました
Nami先生は日文の卒業生で、大学在学中よりFM MOOVなどに アシスタントDJとして出演されており、その頃からK‐POPの分野に傾倒し、一昨年にはインターネットTVにて韓流番組のメインMCに抜擢された成長中の若手MCさんです

当日、自己紹介をされた後、学生達に「韓流や芸能関係に興味のある人」と元気に問いかけてくださいましたが、恥ずかしがる学生は「・・・」
しかし、そんな雰囲気でもさすがプロ
「まあ、・・・ですよね。私も学生時代、講演会ではそんな感じだったんで、分かります」とサラリとその場を仕切り、次のテーマへ
「現在されているDJ/MCのお仕事内容」や、「どうしてその仕事を選んだのか?」「夢を叶えるためにどんなことをしたのか?」「大学での出会い」等々・・・
これから先、就職について考えていく学生達にはとても聴き応えのあるお話をたくさんしてくださいました

初めは恥ずかしがっていた学生達も、かつて自分と同じ場所に身を置かれ、身近に感じるNami先生の人としての魅力に引き込まれ、終盤の質問タイムには色々な質問を投げかけていました

講演が終わってからの感想は、講演で聞いたことを自分の今後の行動に何かしら活かしていきたいというものばかりでした

「結局人は一人では何もできないという言葉がとても心に染みました
「勇気を出して自分のやりたいことを声に出して言ってみようと思った
「当たり前なんてどこにもないという言葉を聞いてその通りだなと思いました。支えてくれる人がいるということに感謝してその気持ちを伝えていきたい
「自分と違う考えの人生を歩まれている先輩のお話を聞くことができ、自分の将来について考える良い時間を貰えました
「とてもイキイキとお話しされている姿などからも、自信と誇りを持ってお仕事と向き合われているのだなと感じることができました
「よくテレビであきらめなければ夢は叶う!みたいな事を聴いても、また言ってるという感じでしたが、今日の講演を聴いて初めてあきらめなかったら本当に夢は叶うんだなと思いました
「在学中に夢を叶えるため、たくさん行動したり、周りを味方にして家族・友達・先生と一緒に頑張ったりし、今は自分の仕事に誇りを持っている。今日のお話を聞いて、刺激を受けることばかりでした

素敵な先輩、Nami先生、たくさんの貴重なお話をしていただきありがとうございました
 (最後にゼミの教員だった信時先生とパチリ

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

七夕に願いを込めて☆

2017年07月07日

まだまだジメジメした梅雨空が続きますね
本日の七夕、天の川は見えるでしょうか
日文コモンルームでもそれぞれの想いを込めた願い事が書かれた
短冊や飾りが笹の葉に掛けられています

ここ最近のコモンルームでは・・・

教育実習を終えた4回生が久しぶりに大学へ
    戻り、実習先での生徒たちの事や、実際に先生として
    教壇に立ってみて初めて知った苦労話など、お互いに
    熱く語り合っている姿が見受けられました
    その姿は実習に出る前の姿と比べると、明らかに
    成長していて、とても頼もしく見え、そしてキラキラと
    輝いていました実習お疲れ様でした

前期のレポート課題やテスト勉強に精を出す学生さんも
    熱心にパソコンに向かい、頑張っています
    朝早くからコモンルームに来てレポートを作成し、
    授業に出て、また終わってからコモンルームのパソコン
     へ・・・という生活の続いている学生さんもたくさん
    見かけます
「レポートのテーマを決めるのに真剣に悩みすぎ、昨夜眠れなかった」
   「レポートあと〇個」とカウントダウンする
   姿も・・・

 
皆様、くれぐれも身体には気を付けて、頑張ってくださいね
そして、皆さまの願いが叶いますように

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

『芦屋探策』合同授業♪

2017年06月29日

6月6日、13日、20日の3回に渡り、3年生の信時ゼミ、
前田ゼミによる『芦屋探索』の合同発表会がありました
6月6日はJCOM芦屋さんの取材や、芦屋市役所の方もお越しになり、発表にも自然と力が入ったようです

実際に芦屋市の名所(打出神社や谷崎潤一郎記念館など)やカフェなどを巡り、事前に調べたことや、
そこで直接聞いた話などを、それぞれのグループが
工夫を凝らした形でプレゼンテーションしていました

前田ゼミはホスピタリティ・観光に関することを学ぶゼミだけ
あり、地図を利用しての説明や、名所の歴史、伝説、エピソード
など、写真も添えての『見せるプレゼンテーション』
となりました。

これに対し、信時ゼミは視聴覚コミュニケーション
に関することを学ぶゼミで、女性目線のコメントや、ぬいぐるみを使っての街案内、工夫を凝らしたナレーションなど
『聞かせるプレゼンテーション』となりました。

最後に信時先生から、ナレーションの際の正しいイントネーション
についてのご指導もありました。
前田先生からは「違うゼミの発表を聞くと、違った目線や視点からの考えが出てくるなあと改めて気づきました。」というコメントもありました。

両ゼミとも芦屋市の良いところを紹介するだけでなく、今後の
芦屋市のことを考えた問題点も提示されました
「芦屋市の観光スポットをもっと知ってもらうために、
市のホームページやフェイスブックでもっとアピールした方がよいと思った。」「開館する日にちをもう少し増やすようにした方が
よいと思う。」など具体的な提案もなされていました

「人にものを伝える、おもてなしをする、観光案内をする」など
実際の社会に出てすぐに必要となりそうな要素がたっぷりな
合同授業でした

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab