学科日誌ブログ

多文化コミュニケーション学科ブログ

多文化☆留学報告会

2018年05月11日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は、留学について書いていきたいと思います

今週から、留学帰国者による留学報告会が始まりました


今回はインドネシアへ留学に行った方の報告会でした

インドネシアへの留学は、多文化コミュニケーション学科ならではですね~

そのKさんからいただいた、留学日記をご紹介したいと思います

 2017年8月から12月までの約5か月間、
インドネシアのジョグジャカルタにあるガジャマダ大学に留学しました。

 ジョグジャカルタはインドネシアの中でも唯一、
旧王家の王の存在が正式に認められている特別州です。
大旧聞化や世界的な遺産が数多く残る古都で、
日本でいうと京都のような都市だといわれています。
そんなジョグジャカルタにあるガジャマダ大学は
インドネシアを代表する歴史ある国立大学で、
現インドネシア共和国大統領のジョコウィドド氏も同大学の卒業生です。


 私は大学の文学部にあるINCLS(インクルス)という
インドネシア語を勉強するためプログラムに入り、
日本人5名、韓国人5名、オーストラリア人2名、タイ人1名の
計13名のクラスで勉強をしていました。
授業はReading、Conversation、Grammar、Writting、Vocabularyの5教科で
月・火曜日は9:00~13:00、木曜日は10:00~14:00の授業スケジュールで
インドネシア語の勉強をします。
 

 私のクラスはインドネシア語を初めて学ぶ人もいれば、
母国語である程度学んできた人もいたので、
先生はインドネシア語と英語を使い分けながら授業をしていました。
アットホームな雰囲気で、わからない問題や気になることがあった時はすぐに発言ができます。
テストは1セメスター中に4回あります。
Conversationのテストはクラスの中で2~4人のチームに分かれて行う会話式のテストで、
他の強化は個人で行う筆記テストです。


 また、日本でインドネシア語を勉強していた時には経験することなかった、
プレゼンを作成して自分の故郷を紹介したり、
母国の文化や伝統を発表する課題や、
与えられたテーマで作文を書く課題に取り組むことができ、
自分のインドネシア語力が上がっていくのを実感することができました。
 

 同じ文学部の中には日本語学科もあるので、
お互いの言語を教え合いながら、よく一緒にカフェにこもって勉強をしました。
生活で困ったときにはすぐに助けに来てくれたり、
勉強熱心で意識の高い彼らには何度も刺激をもらい、
留学中の大きな支えになってくれました。


 留学中の滞在先であったインドネシアで
Kos(コス)と呼ばれる寮は大学まで徒歩で行ける距離にあり、
1人部屋にはエアコン、TV、温水シャワーが付き、共同キッチンと共同スペースがある
インドネシアの中ではとても綺麗で設備の整った環境だったこともあり、
不便なく生活することができました。


 留学を通して語学の勉強ができたことはもちろんですが、
多種多様な文化、宗教、言語が混在する多民族国家インドネシアで生活したことで、
自分の知らない世界を知れて、市やを広げることができました。
朝はモスクから聞こえてくるお祈りの合図の音で目覚め、
ごはんやおかずを手で食べ、毎日のように新しいことに挑戦をして、
刺激的な生活を送ってきた5ヶ月はわたしにとって、
とても濃く、かけがえのない時間となりました。


 また、インドネシアは日本語学習者が世界で2番目に多く、
世界最大の親日国といわれている程、日本や日本人に対して好感を持ってくれている人がたくさんいます。
留学中にも、日本文化のワークショップで浴衣の着付けや茶道を教えたり、
日本語塾で日本語を教える活動をしたり、
イベントでカラオケ大会の審査員やお店を出店したりと、
積極的に日本を発信する機会に参加しました。
改めて、祖国・日本について客観的に考えることができ、
日本への関心を高めることができました。


 インドネシアへ留学することに不安を抱く人もいると思いますが、
ゆっくりと気が流れ人の温かみを感じることができるインドネシアでは、
特別な経験を積むことができ、自分自身と向き合う時間もできます。
留学に迷っている人たちには勇気を出して挑戦してほしいです。
また、これから留学する人たちが、有意義な留学生活を過ごせることを願っています。



Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆自分再発見!?

2018年04月27日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今回は以前のブログで登場した新入生たちの
友だち作りの場をご紹介したいと思います


新しい環境に入ると、

友だちができるかだなぁ

という不安な感情は、どの方も感じたことがあるかと思います

そこで多文化コミュニケーション学科では、
"フレッシュマンセミナー"を開催し、ひとりひとりの距離を近づける日を設けています

グループに分かれて、
お互いについて詳しくなるために「記者会見」を行いました
「好きなものはなんですか?」「趣味はなんですか?」

そのあと、1対1に分かれてコミュニケーションを取りました

新入生のコメントを見てみましょう

自分が思っている自分と、相手から見た自分が違っていた
いろんな経験を経たことで昔の自分と変わっていたことに気付いた
自分を伝えることが苦手だったが、コミュニケーションを図るには積極性が必要だと感じた
言葉だけでなく、態度や表情もコミュニケーションには大切だと改めて分かった

新入生の皆さんのコメントを読んでいると、
自分と改めて向き合ったり、話し相手のことを理解していこうとしたりする中で感じたものが
これからの大学生活や将来にも、とても大切なことだと気付いた
というものが多かったように思います

ちょっと難しいお話になりましたが、
皆さん「楽しかった」と帰られたので
充実した1日になったのではないのかなと思います

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆インドネシア一人旅

2018年04月20日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は、この春休みにインドネシアのフローレス島
一人旅をしてきた3年生のコメントをご紹介したいと思います

インドネシアに一人旅なんて、とても素敵ですね~




私はこの春休み、インドネシアのフローレス島へ一人で行ってきました。
そのフローレス島とは、バリ島から国内線で約1時間半程の距離にある
インドネシアの列島の中の一つです。

今回フローレス島では一泊約1000円の安宿に4泊5日滞在することにしました。

初日は街に出て、観光案内所でコモド島と3つの島を探検するツアーを申し込みました。
その夜には滞在する宿で仲良くなったスマトラ島からの女子大生と、
夕食へ行ったり、お土産屋で一緒に値切り交渉をしたりと、新しい出会いも予想以上に楽しめ、
充実した初日になりました。


次の日、初日に申し込んだコモド探検ツアーは4つの島を回るツアーに参加し、
景色のいいパダール島、コモド島、
砂だけの小さな島タカマカサール、綺麗なサンゴ礁が見えるカナワ島の4島へ行きました。

ツアーの共通語は英語で、参加者はフランス、フィリピン、インドネシア国内からでした。
私を含めそれぞれ母語の訛りが強い英語を喋り、加え私の語彙力の低さで簡単な会話しかできませんでした。
ガイド1人以外は英語が話せないので、インドネシア語で会話しました。

もっと単語を覚えて、発音を勉強すべきだと改めて思いました。
授業で覚えた単語をたくさん使えた機会でした。


その次の日には、コモドドラゴンが生息するコモド島の横、リンチャ島へ貸切の船で一人で行きました。
リンチャ島内では必ず専門ガイドが付添いますが、船の上にはガイドがいなかった為、
インドネシア語と簡単な英語しか通じませんでした。
英語のみだとインドネシア語訛りで聞き取れないことが多くて大変だ、ということをガイドに伝え、
インドネシア語と英語交じりで案内してもらうようにお願いしました。
リンチャ島はコモド島よりも観光客にはマイナーで人が少なく、
尚且つコモドドラゴンの遭遇率が高い為非常に楽しかったです。

フローレス島で出会った日本人は3人だけで、
バリ島移住した人、インドネシアに留学中の大学生だけでした。
まだまだフローレス島は日本人にとってマイナーな観光地だと感じました。
そして今まで私はインドネシアの様々な観光地へ行きましたが、フローレス島はその中で一番過ごしやすく治安の良いところだと思いました。

フローレス島へ行って痛感したことは、もっと英語を勉強しないといけないということでした。

(写真)コモドドラゴンに触っていません。遠近法で撮影しています。




今回の旅行では、言葉の難しさに直面したようです
その分、多種多様な人とのコミュニケーションを楽しまれたのではないのかなと思います
大学の授業で覚えた単語を駆使して会話をしたとのことなので、
帰国後、より授業に気合いが入ったのではないでしょうか

3年生Nさんご協力ありがとうございました

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆2018年版『多文化JOURNAL』発行♪♪

2018年04月13日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

この度、2018年版『多文化JOURNAL』が発行されましたので、ご紹介したいと思います

『多文化JOURNAL』とは、多文化コミュニケーション学科の学生活動記録誌として毎年発行されているもので、学生が体験した留学、異文化交流、ボランティア活動などを自ら執筆しています

今回は、韓国、ニュージーランド、カナダ、フランスでの留学体験記を掲載しています
様々な留学先での貴重な体験が、現地での写真を交えて書かれているので、充実した留学生活の様子がありありと伝わってきます

他にも、犬の保護・譲渡などに関わるボランティア活動や、インドネシアでの日本語支援活動(日本語パートナーズ)の体験記を、掲載しています
最後のページには、青年海外協力隊として、現職教員特別参加制度でフィジーに派遣される卒業生のメッセージも掲載していますよ

留学や異文化交流、多文化コミュニケーション学科での活動に興味がある方は、是非一度読んでみて下さいね

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆新入生の一日

2018年04月06日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は先日入学された新入生のとある1日をご紹介したいと思います

入学式が終わり、もうすぐ授業がスタート
という中、まず最初にしなければいけないのが、履修登録です

どういう授業が行われるのだろう
どういう勉強をしていこう
と、新入生のみなさんは考えるかと思います、、、
皆さん悩みながら、コモンルームにてパソコンに向かっていました

コモンルームでは履修相談会というものを開いています
先生方や先輩のアドバイスを聞きながら、
新入生の皆さんは思い思いの時間割を組んでいました

皆さんの素敵な学生生活をこれからもサポートできることを楽しみにしております

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆磯先生 引野先生 ありがとうございました。

2018年03月30日

平成30年3月30日(金)本日をもって、
磯弘治先生、引野剛司先生がご退職されました。
これまでのご功績により名誉教授の称号が授与されました。

長い間の御指導、また多文化コミュニケーション学科を牽引して頂き、
本当にありがとうございました。
大きな柱を失ったような感じです。

先生から教えていただいたことを心に留め
私たちも進んでまいります。

今後も研究活動を続けていただき、
ご自身. そしてご家族の幸せのために
豊かな人生を送られることを心よりお祈り申し上げます。

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆卒業式☆彡

2018年03月23日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は、先週3月17日(土)に行われた卒業式について、お伝えしたいと思います

この日は、前日の暴風雨が嘘のように、朝からとてもいいお天気で、卒業生を祝福しているかのような青空が広がっていました

まず全学部の学生が集まって、芦原講堂で学位記授与式が行われ、その後、学科ごとに「集いの教室(学科会)」が開催されました

思い出がたくさん詰まった制服を着て、多文化コミュニケーション学科からは、83名の卒業生が集まりました
最初に森田浩一先生より開会の言葉があった後、野崎先生から卒業生全員に学位記が授与されました
みんな晴れ晴れとした顔で、学位記を受け取っていましたよ

次に検定試験や卒業研究の優秀者が表彰され、その後卒業生代表として学生の挨拶がありました4年間を振り返り、そしてこれからの希望に満ちたとても素敵な挨拶でした

最後に、今年度で退職される引野先生の閉会の言葉で、「集いの教室」は締めくくられました

4月から別々の道に進んでいく卒業生たち
多文化コミュニケーション学科での4年間の学びを活かして、更なる活躍をして欲しいと、心から願っています

ご卒業おめでとうございます
Bon voyage

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆オープンキャンパスのご案内♡♡♡

2018年03月16日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は春一番の陽気で、とっても暖かくなりましたね
4月や5月上旬並みの暖かさになった日もあったようです

ただ朝晩の寒暖差がありますので、みなさん体調にはお気を付けくださいね


さて今日は、来週3月21日(水)に開催される、オープンキャンパスについてご案内します

当日は、体験授業やコモンルームでのイベントなどを行いますので、是非ご参加ください
学科イベント

世界のティータイム
韓国:~K-POPと愉しむ韓国のコーン茶とお菓子~
K-POP音楽とコーン茶と韓国のスナック菓子から、韓国の文化・社会に触れてみましょう
場所:3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
時間:11:00~14:00

体験授業

世界を舞台に活躍するために~必要なチカラとは~
場所:3号館3階 33B教室
時間:11:35~12:15

안녕하세요!韓国語で挨拶しよう
場所:3号館3階 33B教室
時間:13:20~14:00

このオープンキャンパスで多文化コミュニケーション学科の学びを体験しに来てくださいね
お待ちしております

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆コモンルーム図書ご紹介♪♪

2018年03月09日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

3月に入り、春休みということで、大学内で学生の姿をあまり見かけなくなりました
授業期間中はあんなに賑やかだったコモンルームも、春休みはとても静かです
春休み期間中も、平日9時から17時まで開室していますよ

さて、今週はそんな多文化コモンルームについて少しご紹介をしたいと思います
多文化コモンルームの中には、「コモンルーム図書」というコーナーがあります

「コモンルーム図書」では、図書の貸出をしていて、先生方が選定した本や検定本が豊富に置いてあります
検定本は、TOEICや、韓国語・ハングル、インドネシア語などの、検定試験の問題集です

検定本は、貸出される頻度が高く、特に検定前などは、たくさんの学生が利用しています

1人2冊までの貸出で、通常は1週間以内に返却してもらうのですが、春休みや夏休みは長期貸出もしていますよ
また、DVD&DVDBOXも、外への持出は出来ませんが、コモンルーム内でのみ閲覧出来るように貸出しています

韓国や中国、フランスなどの、映画やドラマの作品がたくさんあり、多文化コミュニケーション学科ならではです

コモンルームのパソコンやポータブルDVDプレイヤーで閲覧出来ますヘッドホンもありますよ

多文化コミュニケーション学科の学生だけではなく、他学科の学生も利用出来ます

利用したことがある人もそうでない人も、是非多文化コモンルームにお越し下さい
お待ちしています

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆ウェリントン・ヴィクトリア大学留学だより☆彡

2018年03月02日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

昨日は、春一番がやってきましたね嵐のような風が吹いていて、コモンルームの窓もガタガタと大きな音をたてていました

それとともに、花粉も大量に飛んでいるようです花粉症デビューをしたようで、くしゃみ鼻水が止まりません
花粉症の方はどのような対策をされているでしょうか

さて、今週は先週に引き続き、留学体験記をお届けしたいと思います

今回は昨年ニュージーランドのウェリントン・ヴィクトリア大学に留学した、Mさんの体験記です


 私が学んだウェリントン・ビクトリア大学のEPPコースは留学生向けで月・水・木・金曜日は4時間、火曜日は3時間の授業を15週行いましたこのコースは1から10まで学力別にクラスが振り分けられました私はクラス9からのスタートで下の方のクラスだから授業についていくのは大丈夫だろうと甘く見ていたら、クラスメイトのほとんどが日常会話を難なくこなしていたので私の英語力の低さに愕然としました

 しかしながら、私の心配は授業に参加するにあたって徐々に薄れていきましたなぜなら毎回授業の初めにはペアになって決められたテーマについて話し合いをした後に、自分が言ったことをノートに書き留めるspeakingとwritingを養うことができる授業があったので毎日コツコツ英語力を養うことができました

 さらにspeed readingや毎週宿題として1週間で読んだ本とリスニングをして得たニュース内容を自分で要約をして感想を書いていたので、だんだん英語を読んでいるとき頭の中で一度日本語に訳する必要もなくスラスラと読めるようになってきた時には自分の能力が成長しているのだと実感しました

 このコース特徴として必ず5分間と10分間の英語でプレゼンテーションをするセミナー発表があるので不安になることが多かったですが、自分から先生やクラスメイトの子や日本語クラブで知り合った学生にどのようにすれば良いプレゼンができるのか、また私のランゲージバディは元EPPの学生だったのでパワーポイントの最終確認をしてくれましたこのおかげで私は2回目のクラス分けテストの結果、クラス6になることになりました

 しかしながらクラスが上がったことによって代替の仕組みはだいたい理解していたのですが、通常授業の方がかなり難しく感じましたなぜなら、このクラスの先生はより多くの学問的な単語を生徒に使ってほしいという授業方針だったので、授業中やデスカッション、文章を書くときにも難しい単語を使うように心がけました

 私はこの留学中に勉強面で一番苦労したことはエッセイを書くことでしたしかもこのエッセイはただのエッセイではなくアーギュメントエッセイといって論題の解説→主張→反論→反論の反論→自分自身の論証といったように通常の論文とは形式が異なっていたので初めは何から書き始めたらいいのかかなり苦戦しました

 しかしながら、私はクラスメイトからどのようにしたら参考文献を探すことができるのかを聞いたり、1回目の添削の際には先生にアドバイスを求めたりすると最終的にはかなり満足のいくエッセイが完成しましたし、先生からの評価も前回よりもかなり良くなっていました

 この留学で日常生活の些細なことから授業での疑問点など何でもいいので疑問に思ったことは積極的に聞くことを心掛けて自ら問題解決のために行動したので、語学を学ぶためだけではなく人としてもかなり成長できたとも思いました

 さらにEPPで学んでいる多くの留学生はこのコースを終えた後大学の本学生になろうと日々勉強に熱心で向上心があるので私自身より勉学に励もうと思いこの半年間は必死になって取り組んでいました辛いこともたくさんありましたが、より多くの交流ができ濃密な時間を過ごすことができました

 さらにビクトリア大学はEPPコースの内の学生の交流だけではなく、本学生とも交流できることが魅力だと思いました私は大学のバドミントン部や日本語クラブに参加して留学生だけではなく、現地の学生と知り合うことができました

 これから留学を考えている皆さんは先のことを多く考えすぎて気がめいってしまうかもしれませんが最終的には自分の努力次第ですがなるようになります今の自分の実力を海外で試してみませんか?皆さんの明るい留学生活を祈っています

また今後も留学体験記が届き次第ご紹介しますね

お楽しみに

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab