学科日誌ブログ

多文化コミュニケーション学科ブログ

多文化☆明日明後日オープンキャンパスです!

2018年07月20日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です

明日7月21日(土)と明後日7月22日、
甲南女子大学のオープンキャンパスが開催されます


神戸の丘の上にある、穏やかな雰囲気のある校風に
ご自身の肌で直接触れてみてください



多文化コミュニケーション学科では、

【体験授業@3号館3階33D教室】
7/21
11:35~12:15 バリ島でのインドネシア語会話
13:20~14:00 中国語であいさつ!~中国がもっと近くなる~ 

7/22
11:35~12:15 英語で多文化を学ぼうーアメリカとカナダの多文化社会について知ろう
13:20~14:00 異文化理解への第一歩ー文化について考えよう

【学科特別イベント
※世界のティータイム※11:00~14:00 
お茶とお菓子から、世界を覗いてみましょう

7/21
中国:中国茶と月餅

7/22
オーストラリア:cuppaとbikkie

皆さんのご参加をお待ちしております

暑い日が続きますが、体調にはお気をつけください

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆西日本豪雨災害被災地への募金

2018年07月13日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です


この度の豪雨災害の被災地での状況に心を痛めていらっしゃる方も多いかと思います。


今回、多文化コミュニケーション学科で学ぶ学生有志がコアメンバーとなり、
西日本豪雨災害被災地への義援金街頭募金活動を行うこととなりました。

下記日程と場所で、実施いたします。

皆様のご協力をお願い申し上げます。




7月13日(金) 16:00~19:00

7月17日(火) 16:30~19:00

いずれもJR摂津本山駅周辺および阪急岡本駅周辺

*寄付先:岡山県(日本赤十字社 岡山県支部)
※寄付総額は、大学ホームページにて公表いたします。


Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆TSLインドネシア語風景♪

2018年06月29日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です

今回はTSLのインドネシア語についてご紹介します


甲南女子大学はインドネシア語も学べる数少ない大学です

多文化コミュニケーション学科では、週に1度インドネシアのネイティブの先生と会話の練習ができる時間を設けています

音楽やドラマ、食べ物についてを話したり、

若者ことばや文化について教えてもらったり、

なかなか日本とは違う文化にみなさん驚かれていました

TSLはどの学部の学生さんでも参加可能です
興味あるけど、その言語を履修してない、、
という方でも、勉強をスタートさせられるいいチャンスになるのではないでしょうか

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆留学報告♪

2018年06月15日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です


今回は韓国へ留学に行かれたTさんについて紹介したいと思います

留学へ行こうと考えている人に向けての報告会では、
一緒に留学へ行ったSさんと一緒に発表をしてくれ、
留学での経験や、韓国人の先生との韓国語でのやり取りを披露されました

韓国で大変だったことや、韓国文化に触れたことが
Tさんに素晴らしい経験となったようです


留学レポートが届きましたので、掲載させていただきます
  

2回生の後期からおよそ4ヵ月、韓国の誠信女子大学へ留学に行きました。
語学堂での授業と大学の授業両方の授業を受講し、
たくさんのことを学ぶことができた4か月間でした。

語学堂の授業は、オリエンテーションの時に行ったクラス分けテストの
結果によって1級~6級に分けられ、約2か月半の間開講されました。
受講希望人数にもよりますが大体1クラス10数人の少人数制授業です。
授業は主にテキストに基づいて、
リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングについて勉強します。
スピーキングとライティングはそれぞれおよそ4回ずつ小テストが行われました。
定期テストは、中間テストと期末テストが1回ずつ行われます。
テスト内容は全て授業で使われるテキストから出題され、
スピーキングは一人でのスピーチと友達との対話で評価されました。

わたしが受講したクラスの約2割が日本人と台湾人で、残りの8割は中国人でした。
日本人も違う学校からの留学生だったので、
初めはあまり話せなかったのですが授業内での会話の練習などを一緒にしていくうちに仲良くなれました。
 
語学堂の授業が9時から13時に行われるので、
そのあとの15時から18時に週2回大学の授業を履修しました。
大学の授業は2つとも留学生向けの授業でした。
1つは言語の表現と理解について学ぶ授業で、
リーディング・リスニング・スピーキングを勉強しました。
この授業は、受講人数がとても少なく12人での授業でした。
リーディングやリスニングは語学堂と同じように筆記でのテストが行われましたが、
スピーキングのテストはグループでの発表と個人での発表がありました。
それぞれ発表前に先生が添削をしてくれたのでスムーズに発表を行うことができました。
もう1つは韓国文化についての授業で、
韓国の衣食住に関する文化や韓国の礼儀作法に関して学びました。

また、文化体験として韓国の伝統衣装の韓服を折り紙で織る体験をしました。
この授業は初~中級向けの授業だったので
授業内でのスライドは絵や写真を多く使い、理解しやすかったです。

また、寮での生活は同室が甲南女子大学の生徒だったのでお互い気を使うことなく、快適に過ごせました。
寮の担当の先生方も親切に対応してくれ、わからないことがあれば丁寧に教えてくれました。
一度私の部屋の水道管が壊れた時があったのですが、
先生に連絡をすると、寮の管理人の方と連絡を取ってくれすぐに修理を行ってくれました。

今回の留学を通して、語学力はもちろん自主性やコミュニケーション能力も向上されたと感じており、
とても充実した留学生活を送れたと思います。
4ヵ月という短い間でしたが、異文化に触れいろいろな考え方があることを知り、
今までの自分がどれほど視野の狭い考え方で生きてきたのか実感しました。
より韓国を知りたいと思えたし、世界のことについても知りたくなった留学生活でした。

 

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆留学ってどんなかんじ?

2018年06月06日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です


多文化コミュニケーションということもあり、
本学科の学生さんたちは留学へ行く人も多いです



甲南女子大学では、短期の留学プログラムも充実しています


カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、
韓国、中国、インドネシア、ネパール

そんな多文化コミュニケーション学科で、
1年生向けに短期留学へ行った先輩たちの発表会がありました


みんな真剣ですね


大学生中にいろいろな経験をして、充実した大学生活を送ってくださいね

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆オープンキャンパス!

2018年06月01日

みなさん、こんにちは

多文化コミュニケーション学科です


6月3日(日曜日)に甲南女子大学にてオープンキャンパスが開催されます

神戸の丘の上、素敵な景色の大学にぜひ遊びに来てください


多文化コミュニケーション学科では、

「世界のティータイム」というイベントを3号館4階のコモンルームにて、行っています

今回のテーマはフランスです
フランスのお菓子とお茶を食べ食べたり飲んだりしながら、
在学生や卒業生と多文化の学びや学生生活のことなどいろいろ話が聞けます

11:00~14:00の間に、ちょっと覗きに来てみてくださいね


イベントだけでなく体験授業も行っています

11:35~12:15 안녕하세요韓国語であいさつ
(@3号館3階33D教室)

13:20~14:00 Bonjour!フランス語であいさつ
(@3号館3階33D教室)

大学での授業を体験できるチャンスです

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆留学生と話そう!!

2018年05月25日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

先週まで開催された留学報告会で、
外国語をしゃべるのは、かっこいいなぁ
と思った方は多いのではないでしょうか


ある時街をふらふら歩いていると
中国人の方から何かを尋ねられたのですが
((わかりません))とジェスチャーをしたところ、

ゆぅ~っくりと中国語を丁寧に発音してもう一回話してくれたのですが
わからなさすぎて笑ってしまった経験があります



ことばって大切ですよね~
多文化コミュニケーション学科は
韓国語
中国語
フランス語
インドネシア語
の4言語から、文化なども勉強することができる学科です


そして、今はTSLという
留学生と会話をしよう!というイベントを毎日開催しています

どの部屋からも笑い声が漏れてきて、楽しんでいるみたいです
羨ましい限りです
インドネシア語、フランス語、中国語、韓国語
全く話せなくても、トライしてみたいな
という方々も大歓迎です

このチャンスを上手に活用してみてくださいね

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆留学報告会

2018年05月11日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は、留学について書いていきたいと思います

今週から、留学帰国者による留学報告会が始まりました


今回はインドネシアへ留学に行った方の報告会でした

インドネシアへの留学は、多文化コミュニケーション学科ならではですね~

そのKさんからいただいた、留学日記をご紹介したいと思います

 2017年8月から12月までの約5か月間、
インドネシアのジョグジャカルタにあるガジャマダ大学に留学しました。

 ジョグジャカルタはインドネシアの中でも唯一、
旧王家の王の存在が正式に認められている特別州です。
大旧聞化や世界的な遺産が数多く残る古都で、
日本でいうと京都のような都市だといわれています。
そんなジョグジャカルタにあるガジャマダ大学は
インドネシアを代表する歴史ある国立大学で、
現インドネシア共和国大統領のジョコウィドド氏も同大学の卒業生です。


 私は大学の文学部にあるINCLS(インクルス)という
インドネシア語を勉強するためプログラムに入り、
日本人5名、韓国人5名、オーストラリア人2名、タイ人1名の
計13名のクラスで勉強をしていました。
授業はReading、Conversation、Grammar、Writting、Vocabularyの5教科で
月・火曜日は9:00~13:00、木曜日は10:00~14:00の授業スケジュールで
インドネシア語の勉強をします。
 

 私のクラスはインドネシア語を初めて学ぶ人もいれば、
母国語である程度学んできた人もいたので、
先生はインドネシア語と英語を使い分けながら授業をしていました。
アットホームな雰囲気で、わからない問題や気になることがあった時はすぐに発言ができます。
テストは1セメスター中に4回あります。
Conversationのテストはクラスの中で2~4人のチームに分かれて行う会話式のテストで、
他の強化は個人で行う筆記テストです。


 また、日本でインドネシア語を勉強していた時には経験することなかった、
プレゼンを作成して自分の故郷を紹介したり、
母国の文化や伝統を発表する課題や、
与えられたテーマで作文を書く課題に取り組むことができ、
自分のインドネシア語力が上がっていくのを実感することができました。
 

 同じ文学部の中には日本語学科もあるので、
お互いの言語を教え合いながら、よく一緒にカフェにこもって勉強をしました。
生活で困ったときにはすぐに助けに来てくれたり、
勉強熱心で意識の高い彼らには何度も刺激をもらい、
留学中の大きな支えになってくれました。


 留学中の滞在先であったインドネシアで
Kos(コス)と呼ばれる寮は大学まで徒歩で行ける距離にあり、
1人部屋にはエアコン、TV、温水シャワーが付き、共同キッチンと共同スペースがある
インドネシアの中ではとても綺麗で設備の整った環境だったこともあり、
不便なく生活することができました。


 留学を通して語学の勉強ができたことはもちろんですが、
多種多様な文化、宗教、言語が混在する多民族国家インドネシアで生活したことで、
自分の知らない世界を知れて、市やを広げることができました。
朝はモスクから聞こえてくるお祈りの合図の音で目覚め、
ごはんやおかずを手で食べ、毎日のように新しいことに挑戦をして、
刺激的な生活を送ってきた5ヶ月はわたしにとって、
とても濃く、かけがえのない時間となりました。


 また、インドネシアは日本語学習者が世界で2番目に多く、
世界最大の親日国といわれている程、日本や日本人に対して好感を持ってくれている人がたくさんいます。
留学中にも、日本文化のワークショップで浴衣の着付けや茶道を教えたり、
日本語塾で日本語を教える活動をしたり、
イベントでカラオケ大会の審査員やお店を出店したりと、
積極的に日本を発信する機会に参加しました。
改めて、祖国・日本について客観的に考えることができ、
日本への関心を高めることができました。


 インドネシアへ留学することに不安を抱く人もいると思いますが、
ゆっくりと気が流れ人の温かみを感じることができるインドネシアでは、
特別な経験を積むことができ、自分自身と向き合う時間もできます。
留学に迷っている人たちには勇気を出して挑戦してほしいです。
また、これから留学する人たちが、有意義な留学生活を過ごせることを願っています。



Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆自分再発見!?

2018年04月27日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今回は以前のブログで登場した新入生たちの
友だち作りの場をご紹介したいと思います


新しい環境に入ると、

友だちができるかだなぁ

という不安な感情は、どの方も感じたことがあるかと思います

そこで多文化コミュニケーション学科では、
"フレッシュマンセミナー"を開催し、ひとりひとりの距離を近づける日を設けています

グループに分かれて、
お互いについて詳しくなるために「記者会見」を行いました
「好きなものはなんですか?」「趣味はなんですか?」

そのあと、1対1に分かれてコミュニケーションを取りました

新入生のコメントを見てみましょう

自分が思っている自分と、相手から見た自分が違っていた
いろんな経験を経たことで昔の自分と変わっていたことに気付いた
自分を伝えることが苦手だったが、コミュニケーションを図るには積極性が必要だと感じた
言葉だけでなく、態度や表情もコミュニケーションには大切だと改めて分かった

新入生の皆さんのコメントを読んでいると、
自分と改めて向き合ったり、話し相手のことを理解していこうとしたりする中で感じたものが
これからの大学生活や将来にも、とても大切なことだと気付いた
というものが多かったように思います

ちょっと難しいお話になりましたが、
皆さん「楽しかった」と帰られたので
充実した1日になったのではないのかなと思います

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆インドネシア一人旅

2018年04月20日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は、この春休みにインドネシアのフローレス島
一人旅をしてきた3年生のコメントをご紹介したいと思います

インドネシアに一人旅なんて、とても素敵ですね~




私はこの春休み、インドネシアのフローレス島へ一人で行ってきました。
そのフローレス島とは、バリ島から国内線で約1時間半程の距離にある
インドネシアの列島の中の一つです。

今回フローレス島では一泊約1000円の安宿に4泊5日滞在することにしました。

初日は街に出て、観光案内所でコモド島と3つの島を探検するツアーを申し込みました。
その夜には滞在する宿で仲良くなったスマトラ島からの女子大生と、
夕食へ行ったり、お土産屋で一緒に値切り交渉をしたりと、新しい出会いも予想以上に楽しめ、
充実した初日になりました。


次の日、初日に申し込んだコモド探検ツアーは4つの島を回るツアーに参加し、
景色のいいパダール島、コモド島、
砂だけの小さな島タカマカサール、綺麗なサンゴ礁が見えるカナワ島の4島へ行きました。

ツアーの共通語は英語で、参加者はフランス、フィリピン、インドネシア国内からでした。
私を含めそれぞれ母語の訛りが強い英語を喋り、加え私の語彙力の低さで簡単な会話しかできませんでした。
ガイド1人以外は英語が話せないので、インドネシア語で会話しました。

もっと単語を覚えて、発音を勉強すべきだと改めて思いました。
授業で覚えた単語をたくさん使えた機会でした。


その次の日には、コモドドラゴンが生息するコモド島の横、リンチャ島へ貸切の船で一人で行きました。
リンチャ島内では必ず専門ガイドが付添いますが、船の上にはガイドがいなかった為、
インドネシア語と簡単な英語しか通じませんでした。
英語のみだとインドネシア語訛りで聞き取れないことが多くて大変だ、ということをガイドに伝え、
インドネシア語と英語交じりで案内してもらうようにお願いしました。
リンチャ島はコモド島よりも観光客にはマイナーで人が少なく、
尚且つコモドドラゴンの遭遇率が高い為非常に楽しかったです。

フローレス島で出会った日本人は3人だけで、
バリ島移住した人、インドネシアに留学中の大学生だけでした。
まだまだフローレス島は日本人にとってマイナーな観光地だと感じました。
そして今まで私はインドネシアの様々な観光地へ行きましたが、フローレス島はその中で一番過ごしやすく治安の良いところだと思いました。

フローレス島へ行って痛感したことは、もっと英語を勉強しないといけないということでした。

(写真)コモドドラゴンに触っていません。遠近法で撮影しています。




今回の旅行では、言葉の難しさに直面したようです
その分、多種多様な人とのコミュニケーションを楽しまれたのではないのかなと思います
大学の授業で覚えた単語を駆使して会話をしたとのことなので、
帰国後、より授業に気合いが入ったのではないでしょうか

3年生Nさんご協力ありがとうございました

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab