学科日誌ブログ

多文化コミュニケーション学科ブログ

多文化☆行動演習Ⅱ(日本語支援活動)

2017年10月13日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です
今週は、日本語支援活動を行っている湯淺2年生ゼミの学生から2通のレポートが届いていますので紹介させていただきます

みなさん、こんにちは!湯淺2ゼミです
先日、ゼミの活動として関西外語専門学校に行かせていただきました。そこで、日本語を学ぶ外国人留学生と日本語を使ってフリートークを行いましたゼミ生がそれぞれクロスワードやカードゲーム等を持ち寄り、留学生の方と楽しく日本語を勉強しました。私たちが普段使っている日本語を外国の方に説明することは、とても難しく上手く伝えられない部分も多かったと思うのですが、とても楽しそうにお話をしてくださり、私たちも嬉しかったです
これをステップとし、後期の活動から、また更に日本語教育に対する知識や理解を深めていきたいと考えています

私は、大阪大学日本語日本文化センター(CJLC )へ教育実習に行かせて頂きました
CJLC には様々な日本語レベルの留学生の方がいらっしゃいます。様々な国から来ておられ、日本の大学に入ることを目標とする国費留学生が学んでいます
私は二限目の授業を見学させて頂きました。見学させて頂いた授業の内容は漢字の成り立ちや書き順、受動態などの文の作り方でした。先生の授業はとても分かりやすく、分かりにくい所が少しでもあれは英語を使って補足されていました。文の作り方の説明をされている時は例を日本文化に関連するものにして紹介されていました。教科書に載っている事を教えるだけでなく、日本で生活するにあたって必要な事も教えられていて素晴らしいと思いました。一方的に教えるだけでなく、生徒たちがしっかりと理解出来ているか本人のエピソードを使って文を作ってもらい確認していくのは大切だと分かりました
また、プロの先生方は生徒に質問されたらすぐに分かりやすく答えられていて素晴らしいと思いました。貴重な体験が出来てよかったです

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆誠信女子大学留学だより

2017年09月29日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です。
今回は韓国の誠信女子大学から帰国したばかりの3年生より
留学体験記が届きましたのでご紹介します。
***************************************
私は、2016年8月から、2017年6月までの10ヵ月間韓国の誠信女子大学校に交換留学しました高校生のころから韓国に留学したいという気持ちが強く、大学入学後に韓国語の勉強を始めました。
交換留学は韓国人学生に交じって韓国語で何かを勉強するという点が特徴ですが、外国人である私は、初めての異国の地での履修登録に困惑しました履修登録ができる時間になり、1秒後にはほとんどの授業が定員に達してしまい、事前に聞きたいと思っていた授業を履修することができませんでした
先輩や誠信女子大学校の先生、甲南女子大学に留学していた誠信女子大学校の学生、トウミの学生にアドバイスをもらい、前期は外国人向けの授業を履修することになりましたパワーポイントを使っての発表や、レポート提出、スピーチなど、授業で様々なことに取り組みました後期は、前期の失敗を生かしながら履修登録を進めていき、幾つかの授業を履修することに成功しました。
しかし、私は授業についていくことができず、寮に戻ると毎日予習復習に追われていました。討論や発表がある授業では、自分の出来なさに失望し現地の学生に圧倒されてましたが、だからといって諦めていては駄目だと思い韓国人学生に自ら質問したり、授業中に発言するという小さなことから変えてみました。
すると、教授も学生も私を気にかけてくれるようになり友人もたくさんできました。また、自ら先生を頼ることによって、先生も私を頼ってくださり、誠信の学生に日本語を教えるボランティア、寮の資料の日本語翻訳の作業、送迎会での代表挨拶などを任されました。自分の失敗と向き合い、次に生かすことを意識し、結果自分の成長に繋がりました
寮は大学のキャンパスから徒歩10分以内の距離にあり、学校周辺は飲食店やカフェマートなどが何軒もあり、不便なく生活することができました。
部屋は二人部屋で外国人や日本人など同じ国同士の学生がルームメイトになるように多少の考慮はしてくれますが、その年の学生の状況によって、外国人と共同生活をすることもあります。実際、私も中国人の学生と半年間同じ部屋で生活をしました。当初は戸惑い、文化の違いを受け入れることが難しかったです
しかし、今では多文化を吸収する良いきっかけになり、また会話力向上に役立ったと感じます。休日には、留学に行く前から韓国で行きたいところ、したいことのリストを作っていたため、友人と様々な場所に足を運びました

留学を通してまず、語学力が著しく伸びました留学に行く前に受験した韓国語能力試験では4級でしたが、帰国後は最高級である6級に合格することができましたまた、家族と離れて生活することによって改めて家族の支えがあることのありがたみを実感し、友人と悩みを共有することによって、より親密な仲になれました。
留学期間で語学力の成長はもちろんのこと、積極的に何事も向上心を持って取り組むようになりました。
初めは語学力を伸ばしたくて留学に行きましたが、最終的には自分の良いところを伸ばし、悪いところを改善することができた10ヵ月になったのではないかと思います。
もし今、留学に行きたいけど迷っているのなら勇気を出して行ってほしいし、誠信女子大学校への留学を私は心からお勧めします

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆とりま先輩たちに聞け!~社会に働きかける(現場)で学ぶこと

2017年09月14日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です
今週は野崎先生が担当される1年生必須科目の多文化コミュニケーション入門の授業の一部を紹介したいと思います
この授業は学科教員およびゲストスピーカーを迎えて講義やワークショップを行いながら、多文化コミュニケーション学科が扱う領域の中でも「文化」「異文化」「地域研究」「言語」「共生」に関する基本的なテーマを知ることができます
今回のゲストスピーカーは学生プロジェクト、インターンシップ・ボランティア体験をしている同じ学科の先輩!!
年齢も近い先輩の体験談を聴けるということもあって1年生はとても興味津々!!
講演を終えて何を感じ取ったのかレポートが届いていますので紹介します
(Uさん)
今日の講演会を聞いて思った事は多文化コミュニケーション学科はこんなにすごい学科だと思っていなかったまずこんなにたくさん活動グループがあるとは知らなかった全てのグループや先輩方に共通しているものはやはり行動力だった自分にはこんなに行動力がないしすごいなと思ったけど逆に自分も何かをやりたいと感じたこの学科に入ったのは言語がしたいという理由だったけどそれなら外大と変わらないし多文化コミュニケーション学科と言う他にはない学科に入っているからこそ海外との関わりや繋がりを増やし行動力を養いたい
(Kさん)
毎回この授業では話を聞き終わった後で何かやってみよう!何かやってみたい!という気になる今回もそういう気になった先輩の体験のお話を聞いて年が近いはずなのに何だか大人な女性に見えた色々体験したり経験を積んだりすることは人を大きく成長させたり変えたりするのかと思う。1年生のうちや大学生のうちにできることはたくさんあるとどの先輩もおっしゃっていたので今の間にうじうじしていては時間がもったいないと感じたお話をする先輩方は堂々としていたので自分もそんな風になりたいと思った自分にしかできない体験、今しかできない経験をすることは将来自分の大きな強みになると感じた
(Mさん)
私は大学に入ってから驚いたことは廊下に貼ってある掲示がすごく多いことでした
一体何について書いてあるのだろうと疑問で見たらボランティアばかりだったのでとても積極的な学科だと思いましたそれを見て私も何かしてみたいと思っていたので今回の講義はとてもいい情報をもらえました本当に自分から何かしらのアクションを起こすことはとても大切なんだと気づかされました

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆日本語パートナーズに参加して

2017年09月06日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です

今週は現在4年生のHさんから日本語パートナーズについてレポートが届いていますので紹介します!!

***************************
私は、昨年の10月~今年の3月末まで、6ケ月弱の間インドネシアの西スマトラ州、パダン市で日本語パートナーズとして活動してきました

日本語パートナーズとは
アジアの中学、高校で日本語教師や生徒のパートナーとして授業のアシスタントや日本文化の紹介をします
私は派遣先校の国立高校で、2人の日本語の先生と共に、400人近くの生徒に日本語や日本文化を教えました

日本語の授業では、発音や先生との会話見本、生徒との会話練習などが主でした
生徒はとっても明るく、授業中も、休憩時間も、いつも大きな声で「先生、こんにちは!」と
満面の笑顔で挨拶してくれました
日本の文化紹介では、おはじき、書道、茶道、浴衣、流行りのJ-pop、季節に合わせて年賀状やひな祭りも紹介しました
その中でも、記憶に残っている茶道の文化紹介について、日本語パートナーズの今月のブログで授業風景を交えながら
紹介しています

ぜひ、読んでみてください 
http://jfac.jp/partners/voice/blog/2017-02-26/

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆オープンキャンパスのご案内♡

2017年08月29日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です

今週は、9月3日(日)のオープンキャンパスのご案内をしたいと思います

当日は体験授業やコモンルームでのイベントなどをしますので、是非ご参加下さい
詳細をお知らせします

体験授業

限11:35~12:153号館3階 333教室

テーマ:Bonjour! フランス語であいさつ

内容:簡単なあいさつの表現を通して、フランス語の発音・文法などの初歩に触れる
限13:20~14:00 3号館3階 333教室

テーマ:異文化理解への第一歩―文化について考えよう

内容:日常的に使う「文化」という言葉文化人類学という学問の観点から、文化について考えましょう

コモンルームイベント

その名も「世界のティータイム」
各国のティータイムを味わってみませんか??
11:00~14:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム

オーストラリア cuppaとbikkie
オーストラリアでは一息つくための紅茶をcuppa(cup of teaの略)と呼びます
Bikkie(biscuitの略)を添えたcuppaとともに、オーストラリア社会を少し覗いてみましょう
「めざせ☆多文化人 多文化OGと女子会トーク!」

10:00~15:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム

各業界で活躍中の多文化卒業生と、語学・留学・国際貢献について楽しくお話ししませんか??

このオープンキャンパスで多文化コミュニケーション学科の学びを体験しに来て下さい

引き続き、11月も楽しい体験授業やコモンルームイベントが盛りだくさんなので、是非そちらもお越し下さいお待ちしております

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆La semaine de la francophonie

2017年08月25日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です
今週はフランス語圏週間で行われた様々なイベントについて紹介します
7月14日のパリ祭にちなみ7月10日から14日までを「フランス語圏週間」と称して、各種イベントを学生と教員協働で開催しました
1年生がチラシを作成し広告もばっちり
7月10日(月)午前の「クレープ」では、フランス語で書かれたブルターニュ地方のクレープ紹介文やレシピをみんなで理解しながらの実習
手作りクレープにチョコ・果物・マロンペーストなど色んな具材を挟んでみんなで美味しく頂きました
7月10日(月)午後の「ダンス」では、フランスの各地方のダンスと音楽の紹介を講師が行い、フランス語履修者に限らない参加者も加わり、大変盛り上がりました
上級者になるとペアになって息の合ったテンポの速いダンスを披露してくれましたとっても楽しそう
7月11日(火)は「フランス各地の料理」と題して、講師だけではなく、語学交換会のチューターも参加し、クイズ形式でグループ作業をしながらフランス各地方の食文化について学びましたsirop de grenadine(ザクロ果汁シロップ)を使いジュースにしたり、tartines(バターやジャムなどを塗ったパン切れ)をパテやチーズとともに試食しましたが、とても発酵のすすんだチーズに驚きましたちょっと大人の味だったかな
7月13日(木)は「ケベックとフランスについてのプレゼンテーション」を学生が行いました。1つのグループでは、フランス語圏であるケベックの文化についての知識を深めるためのプレゼンテーションを行いました
この報告のために調べているうちに、ヨーロッパ的文化と北米文化が混合した現代のケベックにますます興味が沸きました
そして、今日の締め括りとして、「プーティン」を試食しました「プーティン」はポテトに熱々グレービーソースにチーズ 一度食べたらヤミツキになる味!フランスのお菓子に関するプレゼンもしましたが、プーティンは見た目の驚きと同様、なかなかフランス菓子に負けない個性を出しています    
最終日7月14日(金)は、2年生クラスではゲーム形式のフランス語総復習、2限は最初にフランス語で自己紹介、マカロンレシピ読解やディクテを実施しながら実習しました
マカロンレシピや生地は1年生の学生の一人が準備しました
あんこやチーズなどの3種類のクリームをみんなでつくり、つくりたてのマカロンを習いたての比較表現で感想を交換しました。お店に出せるくらいの美味しさにビックリ
そして、フランス・マルティニーク県から京都の企業に研修にきている大学生がマルティニークや研修制度と内容に関するプレゼンテーションを行い、質疑応答などを行いました
日本にいても、自分たちで場を作り出せば、日常の場面でもフランス語を使えるんだと実感しました
それにしてもおなかいっぱいNous avons bien travaillé. C’était bon

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆インドネシア語で遊ぼう!

2017年08月21日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です

今週はインドネシア語のTSLの模様を紹介します

授業以外でインドネシア語をもっと話したいという学生が集まり、みんなで楽しくインドネシア語を話しました

インドネシア語を教えてくれるのはフィア先生

いつも素敵な伝統衣装を着ているオシャレな先生です
途中からフィア先生の提案でインドネシアで遊ばれている手遊びを学生みんなで行いました

大盛り上がりで笑いの耐えないTSLになりました

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆オープンキャンパスのご案内♡

2017年08月03日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は、8月12日(土)と8月13日(日)のオープンキャンパスのご案内をしたいと思います
当日は体験授業やコモンルームでのイベントなどをしますので、是非ご参加下さい
詳細をお知らせします

体験授業
①世界を舞台に活躍するために~必要なチカラとは~
8月12日(土)1限11:35~12:15 3号館3階 333教室
内容:現在、世界を舞台に活躍できる人があらゆる場面で求められています多文化コミュニケーション学科では、「ことば(英語+もう一つの言語」「国際教養」「行動力」の3つの柱から世界の言語、現状や文化を勉強し、国内外で多くの人とコミュニケーションを取りながら活躍できる人を育てています本授業では、世界へ羽ばたくために身に着けなけらればならない力とは何かについて共に考え、今「私」にできることは何かについて考えていきます
②안녕하세요!韓国語であいさつ
8月12日(土)2限13:20~14:00 3号館3階 333教室
内容:韓国語の文字であるハングルとその構造を簡単に説明した後、「出会い」、「別れ」、「感謝」、「詫び」、「食事」、「祝福」、の場面の挨拶表現を文化的背景を交えて紹介します
③英語リスニング「ハローニューヨーク!」
8月13日1限11:35~12:15 3号館3階 324教室
内容:多文化コミュニケーション学科の「多文化英語」の授業を体験します。ニューヨークを舞台にしたビデオを見ながら、英語の対話を理解しましょう

④バリ島でインドネシア語会話
8月13日(日)2限11:00~11:40 3号館3階 333教室
内容:バリ島の大スクリーンを背景に簡単なインドネシア語会話を学ぶ

コモンルームイベント
その名も「世界のティータイム」
各国のティータイムを味わってみませんか??
8月12日(土)11:00~14:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
K-POPと愉しむ韓国の柚子茶とお菓子
K-POP 音楽と柚子茶と韓国のスナック菓子から、韓国の文化・社会にふれてみましょう!また、在学生、留学生そして卒業生と話しながら多文化を体験してみましょう

8月13日(日)11:00~14:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
バリ・ジャワ編
バリコーヒー、ジャワティとバリやジャワのお菓子を味わいながら、現地に留学した経験を持つ学生とその魅力や日本との関係ついて語らいます
めざせ☆多文化人 多文化OGと女子会トーク
8月12日(土)と8月13日(日)10:00~15:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム

国際的なキャリアをもつ各業界で活躍中の多文化卒業生と、語学・留学・国際貢献について楽しくお話ししませんか

このオープンキャンパスで多文化コミュニケーション学科の学びを体験しに来て下さい
引き続き、9月も楽しい体験授業やコモンルームイベントが盛りだくさんなので、是非そちらもお越し下さいお待ちしております

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆フランス伝統衣装に触れて

2017年07月26日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です
今回はフランスの伝統衣装について
触れてみようと思います
木下ゼミの学生からカリブ海に浮かぶフランスの島
“マルティニーク”の伝統衣装についてレポートが
届いていますので紹介させていただきます
*****************************
私たち二回生の木下ゼミは、
4月16日に京都にあるアンスティチュ・フランセ関西で行われた
「マルティニーク伝統衣装のワークショップ」へお手伝いに行きました
ワークショップは、Jimagineのスタッフ、そしてフランス・マルティニークの伝統衣装のバクア帽子をデザインしていて、マルティニーク文化紹介を推進する女性団体のメンバーであるSINSEAU Didièreさんと一緒に行いました
16日はケベックの日と称してフランス語圏のお祭りのひとつが開かれており、外ではマルシェも行われていました
マルシェでは、パンや蜂蜜、雑貨等が売られていました
私たちはワークショップの告知のため、マルティークの伝統衣装を着てマルシェを練り歩きました
街中では沢山の方に話かけて頂き、ワークショップの歩く広告塔としての役割を果たしました!!
また、ワークショップに見学にきた人たちにはマルティニークの伝統衣装であるバクアという木の葉からできた帽子について説明し、実際にバクアの葉で帽子を編んだり被ったりしてもらいました
Didièreさんがフランス語で編み方の説明をしたことを、日本語に訳し見学者にわかるように説明したりしました
通訳することは大変でしたが、見学者だけでなく私たちも、フランス・マルティニークの文化にたくさん触れた一日でした!!ワークショップに来てくださった方々にアンケート調査をしたところ、すべての人が満足していると回答していました
なかには「声をかけてもらい参加した」という意見もあり、呼びかけることが効果的であると感じました
また、参加後の感想でもポジティブな意見が多く帽子作りを楽しんでいただいたように思います
その他には「マルティニークを家に帰ってから調べてみたくなりました。いつかフランス旅行する時の行き先に加えたくなりました。」「もっと知りたくなった。(ex地図とか)」という意見があり、次回は参加者に文化を伝えると同時に、地図上でのマルティニークの場所なども共有しようと思いました
また今回の活動で初めてフランス語通訳のサポート体験をし、たくさんの課題も得ることができました
反省点としては、フランス語を聞き取る力が足りず慌ててしまい、会話を伝えられなかった事と見学者とどのように接すれば良いか分からず、固まってしまった事です
その度Didièreさんがジェスチャーを使いわかりやすく表現してくれたおかげで何とか参加者の方々と会話をつなぐことができました
木下ゼミでは7月にフランスから日本に来られる研修生を迎え奈良観光や仕事見学などの活動を予定しています
今回の活動での反省点を活かし、フランス語のスキルアップをするのはもちろんですが習ったフランス語を恥ずかしがらず積極的に使って行くことが次回の活動での課題です
今回の活動で私たちがマルティニークの文化に触れていろいろ学んだように、次回の活動は日本の文化や魅力を私たちが伝えて研修生たちに興味を持ってもらえるような活動にしたいと思います

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆オープンキャンパスのご案内!!

2017年07月21日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は、7月22日(土)と7月23日(日)のオープンキャンパスのご案内をしたいと思います
当日は体験授業やコモンルームでのイベントなどをしますので、是非ご参加下さい
詳細をお知らせします

体験授業
7月22日(土)1限11:35~12:15
 3号館3階 333教室
テーマ:バリ島でインドネシア語会話
内容:バリ島の大スクリーンを背景に簡単なインドネシア語会話を学ぶ

7月22日(土)2限13:20~14:00 
3号館3階 333教室
テーマ:Bonjour! フランス語であいさつ
内容:簡単なあいさつの表現を通して、フランス語の発音・文法などの初歩に触れる

7月23日(日)1限11:35~12:15
3号館3階 333教室
テーマ:異文化理解への第一歩―文化について考えよう
内容:日常的に使う「文化」という言葉。文化人類学という学問の観点から、文化について考えましょう

7月23日(日)1限11:00~11:40
3号館3階 333教室
テーマ:世界の多文化社会に生きる子どもたち
内容:グローバル化によって世界のあちこちが「多文化社会」になりつつありますイギリスや日本も例外ではありませんそこで「多文化な子どもたち」がどのように暮らしているのか学びましょう
コモンルームイベント
7月23日(土)11:00~14:00
3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
「世界のティータイム」Un café ou un thé?
フランスのお菓子とお茶を食べたり飲んだりしながら、在学生や卒業生と多文化の学びや学生生活の事など色々な話が聞けます

7月23日(日)11:00~14:00
3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
「世界のティータイム」イギリスの紅茶とショートブレッド
イギリス市民に日常的に親しまれるヨークシャ地方のミルクティーとショートブレッドを味わいながら、多民族社会になりつつあるイギリスの一面を紹介します

「めざせ☆多文化人 多文化OGと女子会トーク!」
7月22日(土)と7月23日(日)10:00~15:00
3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
各業界で活躍中の多文化卒業生と、語学・留学・国際貢献について楽しくお話ししませんか?

このオープンキャンパスで多文化コミュニケーション学科の学びを体験しに来て下さい
引き続き、8月も楽しい体験授業やコモンルームイベントが盛りだくさんなので、是非そちらもお越し下さいお待ちしております

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab