学科日誌ブログ

多文化コミュニケーション学科ブログ

多文化☆フランス語教育研究会に参加してみました!

2017年04月21日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です
今回はフランス語について紹介したいと思います
フレンチレストランやパリ旅行など最近では身近に感じるフランス
でも、フランス語って日本のどこで使えるのという素朴な疑問があります
多文化コミュニケーション学科では、使ってみたいフランス語を実際に活用する場としてさまざまな活動を提供しています
例えば、先生たちが学外で主催する研究会への参加を呼び掛けることもあります
今回は、3月27日と28日に行われた関西フランス語教育研究会に新4年生とこの春卒業した学生が参加しました

全体の参加者が140人もいる中、てきぱきと受付業務をこなしたり、フランス語の教員に交じってラウンドテーブルに参加し、他大学のフランス語学習者たちと意見交換をしたりしました

フランス語の空間に浸ることができたことや、日頃のフランス語との付き合い方について大学を超えて共有しあうことができたことによって、また一段とフランス語との距離が縮まり、フランス語への愛情がぐっと高まったような気もします

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆3年ゼミマナー講座

2017年04月14日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は、3年ゼミで行われたマナー講座についてご紹介したいと思います
今回のテーマは「今後始まる就職活動を念頭においた社会人としてのマナー」でした
まずは、マナーとは何かを復習しながら、今後就職活動に必要となるマナーを学びました

会社説明会で連絡せずに欠席した場合どのような人間だと判断されるか、もし欠席する場合はどのように対応したらよいのかを具体的に説明していただきました

他にも、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)について、第一印象の5つのポイント、第一印象の重要性、第一印象決定時間や持続時間を教えていただきました

最後はお辞儀の角度やタイミングを教わり、全員で練習しました

3年生のみなさんは今後の就職活動の為に先生の話を熱心に聴き、メモをたくさん取っていました。このマナー講座で学んだことを活かして、就職活動頑張ってください

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆インドネシア食文化講座「スプ バッソー」

2017年04月07日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は多文化コミュニケーション学科コモンルームで行われたインドネシア食文化講座についてお伝えしたいと思います

この日はサフィトリ先生をお迎えして、インドネシアの肉団子スープsup baso(スプバッソー)を作りましたバッソーとは肉団子のことで、インドネシアでは屋台やレストランでもお馴染みのメニューで、広く親しまれているお料理です日本の肉団子とは違い、モチモチとした食感をしており、出汁の効いたあっさりとしたスープとは相性抜群です

今回の食文化講座は全て1年生を中心に企画、実行されましたインドネシア語を履修している1年生にとっては初めての食文化講座でしたが、可愛らしいポスターを作り、他の学年へ宣伝、食材の買い出しを始め、全て自分たちで行いましたそして当日は段取りよく準備を始め、それぞれの担当に分かれ、手際よく調理を行うことができました。企画は大成功!味はもちろん、目でも楽しめる彩り豊かなお料理を完成させることができました

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆入学式

2017年04月01日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

本日、4月1日(土)は新1年生の入学式です
心配していたお天気も、雨が止んでくれて、新入生の皆さんを気持ちよく迎えることができました

真新しい制服を着て、少し緊張気味の面持ちで入学される姿に、私たちも身が引きしまる思いです

これからフレッシュな皆さんの学生生活をサポートをすることを嬉しく思います

甲南女子大学で色んな事を吸収して充実した4年間を過ごしてほしいです

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆オープンキャンパスのご案内

2017年03月24日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は、3月26日(日)のオープンキャンパスのご案内をしたいと思います
当日は体験授業、コモンルームイベント、在学生との懇談などが盛りだくさんなので是非ご参加ください
詳細をお知らせします
体験授業
3月26日(日)1限11:35~12:15 3号館3階 333教室
テーマ:世界を舞台に活躍するために~必要なチカラとは~
内容:現在、世界を舞台に活躍できる人があらゆる場面で求められています
多文化コミュニケーション学科では、「ことば(英語+もう一つの言語」「国際教養」「行動力」の3つの柱から世界の言語、現状や文化を勉強し、国内外で多くの人とコミュニケーションを取りながら活躍できる人を育てています。本授業では、世界へ羽ばたくために身に着けなければならない力とは何かについて共に考え、今「私」にできることは何か?について考えていきます

3月26日(日)2限13:20~14:00 3号館2階 324教室
テーマ:英語リスニング:ハローニューヨーク
内容:多文化コミュニケーション学科の「多文化英語」と同じ授業を体験します。ニューヨークを舞台にしたビデオを見ながら、英語の対話を理解します
コモンルームイベント
3月26日(日)10:00~15:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
「世界のティータイム」~K-POPと愉しむ韓国の柚子茶とお菓子~
K-POP 音楽と柚子茶と韓国のスナック菓子から、韓国の文化・社会にふれてみましょう!また、在学生と話しながら多文化を体験してみましょう

在学生との懇談
3月26日(日)10:00~15:00 3号館4階 多文化コミュニケーション学科コモンルーム
在学生の生の声が聞けるコーナーです。授業のこと、施設のこと、学生生活のことなどを気軽に聞いてみよう

このオープンキャンパスで多文化コミュニケーション学科の学びを体験しに来て下さいお待ちしております

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆卒業式

2017年03月18日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は3月18日(土)に行われた卒業式についてお伝えしたいと思います
この日は思い出がいっぱい詰まった制服を着て、多文化コミュニケーション学科80名が卒業しました
4年間でできた仲間と思い出を忘れずに、これからも元気に頑張ってくださいね
春からいよいよ社会人の仲間入りです多文化コミュニケーション学科での4年間の学びを活かして、更なるご活躍をお祈り致します

ご卒業おめでとうございます

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆中国食文化講座「火鍋」

2017年03月09日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は多文化コミュニケーション学科のコモンルームで行われた中国食文化講座についてお伝えしたいと思います
この日は講師に白 煜先生をお迎えして、火鍋をしました先生や中国語を履修している学生やTabunka Square of Languages中国語で仲良くなった留学生みんなで鍋を囲みました

火鍋は中国語でフォグォオと言い、中国で広く知られている辛味の強いラム肉をメインとした鍋料理です火鍋の鍋は日本のものとは違い、太極の陰陽に見立てて、波形の仕切りが中にあるのが特徴です二つに仕切られている鍋には、白湯スープと麻辣スープを入れます白い白湯スープは陰を表し、赤い麻辣スープは陽を表しています火鍋は二つの味を楽しめる鍋なのです
今回は、具材にはメインのラム肉、豚肉、牛肉、エビ、レンコン、小松菜、ほうれん草、もやし、えのき茸など様々なものを入れて楽しみましたスープのいい匂いで箸もどんどん進みました寒い日にはもってこいの火鍋で、体もポカポカですね

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆KFC年末お楽しみ会

2017年03月02日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は2年生の学生O.H.さんから行動演習Ⅱの報告書をいただきましたので、ご紹介したいと思います

**************************************

私たち2年生の野崎ゼミでは、「外国にルーツを持つ子どもたち」の勉強をサポートする活動をしています
「外国にルーツを持つ子どもたち」の中には、日本の生活の中で、言葉や文化、習慣の違いで悩んでいたり、自分の生活環境について肯定的に受け止められなかったりと、様々な問題を抱えている子どもたちもいます

今回は活動の一環として、私たちが企画した「年末お楽しみ会」に外国にルーツをもつ子どもたちを招待しました
 みんなで楽しみながら親睦を深めてもらえるように、ジェスチャーゲームやビンゴ大会を行いました自分たちが住んでいる日本を少しでも好きになってもらえるよう、折り紙で自分のメンコを作成し、メンコ大会も行いました

このお楽しみ会を企画していく中で、どのようなゲームをすれば子どもたち全員が喜んでくれるのか、というような疑問や不安が絶えませんでした

しかし当日、子どもたちが年齢を問わず、笑顔で楽しんでいる様子を見ると、お楽しみ会を開いて良かったと心から思うことができました

ルーツや年齢に関係なく、彼らが一つになって遊んでいる姿や、お楽しみ会の進行役として、私たちも子どもたちと一緒に楽しんでいた事を思い返すと、ルーツの違いは全く関係ないと実感しました彼らは、私たちが子どもだった頃となんら変わりません子どもたちが元気に遊んでいる姿を見るだけで、こちらも元気をもらえます

私たちにとって今回のお楽しみ会は、国や文化、習慣の違いについて改めて考えるきっかけとなる、とても有意義なものとなりました
子どもたちにとっても、今回のお楽しみ会が、楽しい思い出として思い返されるようなものになっていればと思います

**************************************

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆ワークショップ最終回

2017年02月23日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は行動演習Ⅱの授業で行われたワークショップの報告書が届いておりますので、ご紹介したいと思います

**************************************

行動演習Ⅱの授業で私たちは、フランスの社会福祉センターとのやり取りをしながら、「親であること」を通じた地域のエンパワーメントを目指して年4回のワークショップを行ってきました活動では神戸・東灘区の子育て支援ネットワークあいさんの協力を頂いています

2016年11月24日(木)はワークショップ最終回でした
プログラムやアンケート調査の作成についてはなんとなくコツを掴んできましたまた、このワークショップを行うにあたり、前回の日本側の聞き取り内容をフランス側へ届け、同時にレシピ報告書を送ったりしましたゼミでは、フランスの食育や子育てに関する資料を読み、フランスの事情について理解しようとしてきました
今回は、日本側の参加者のご希望により、フランスの家族定番の「ヨーグルトケーキ」について紹介することにしました

ヨーグルトの容器を使い、特別に計量しなくてもさっと作ってしまうことができます子育てをしていると時間もないし、子どもがお手伝いしたいのでこのように簡単な作り方が好都合、というのがポイントです

ワークショップでは、レシピ紹介に加え、これまで時間がなくてできなかった「オノマトペゲーム」を子どもや親たちと一緒にしました習ってきたフランス語を披露しようという意図だったのですが、まだまだ未熟で、フランス語の先生に引っ張っていただくことになってしまいました
参加者からは、「フランスの事も色々お話が伺えてリフレッシュできたので楽しかった」といった意見を頂き、当初の目的が達成できたと思いますまた、「子連れで参加できる会を今後もよろしくお願いします」、「今の学生と触れ合うこと」が楽しかった、といった声もありました

一方で、私たち学生がもっと積極的ならよかった、という改善点もいただきました
行動力を磨くための「行動演習」の目標にあと半歩です

これまでの活動をフランス側に届けることができたので、フランスの人たちは日本のどのレシピを選んだろう、と興味津々です

Merci aux parents, professionnels de la ville d’Echirolles, et étudiants et anciens étudiants éducateurs de jeunes enfants de l’IFTS d’ECHIROLLES

**************************************

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

多文化☆1年生プレゼンテーション

2017年02月17日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は、基礎演習Ⅱの授業で行われた「プレゼンテーション・コンペティション」についてご紹介したいと思います

このコンペティションは、学生自身が選んだテーマについて、5分間のプレゼンテーションを行うものでしたテーマは「危険な身ぶり」、「色の声」、「伝わらない日本語たち」、「私たちの知らない世界の食卓」といったもので、興味深いものばかりでした最後には、学生全員で最も良かった3名を選びました
1年生はまだプレゼンテーションの経験が少ないながらも、パワーポイントを使いわかりやすく説明し、自分の意見もしっかりと述べ、5分間にまとめることができました多文化コミュニケーション学科での今までの学びをうまく組み込んでいたものも多く、1年間でたくさんのことを学んだことがよくわかる内容でした

コンペティションを終えた学生H.K.さんとM.K.さんからの感想をご紹介します
**************************************

H.K.さんからの感想
湯淺ゼミの学生は、パワーポイントを上手く使っていて、説明もとてもわかりやすく、自分の意見も結論に盛り込み、とても素晴らしいプレゼンテーションばかりでした今回、私はこのプレゼンテーションを通して、将来必要となる「相手に伝える」という能力を身につけることができたと思います今後は、このゼミのメンバーみんなが今回の経験を活かし、様々な場所でこの能力を発揮できればいいなと思います
M.K.さんからの感想
みなさん興味深いテーマを選定していて、多文化コミュニケーション学科ならではの視点で行われていたプレゼンテーションだったと思いますパワーポイントも文章ばかりでなく、画像を入れたり、見やすいように工夫をしていたりと、とてもわかりやすいものが多かったです調べた内容を単に述べるのではなく、自分の経験や意見を入れていたことも良かったと思います今回、初めてのプレゼンテーションをする学生もいたのにも関わらず、みなさんレベルが高かったと思いますしかし、ほとんどの人が早口になり、原稿を見ながら話していたのは、少しもったいなかったです
私は今回のプレゼンテーションを通して、緊張している中で笑顔を絶やさずに話すことがどれだけ難しいことかが分かりましたこれからも笑顔を心掛けながら、プレゼンテーションを行いたいです

**************************************

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab