学科日誌ブログ

文化社会学科ブログ

第6回、第7回、第8回学科講演会

2017年11月09日

すっかり秋めいて
昼夜の寒暖差が大きくなってきた今日この頃
お元気にお過ごしでしょうか

さて
後期も学科講演会、開催しています

10月2日(月)
第6回目の学科講演会が行われました
お題は
~DJという仕事~
講師はお馴染みのラジオDJ
FMラジオでレギュラー番組を持って
活躍されている方ですね
約1年ぶりにお会いしましたが
やはり、いつ聞いても魅力的な声です
ご挨拶しながら
また、講演をお聴きしながら
正に天職に就かれているという感、頻り

第1回目の「お笑い」のお仕事と同様
ラジオのお仕事も
表に見えている本番だけでなく
その前の打ち合わせであるとか
普段の日常で
鋭い感性を磨き続け、情報をキャッチする
そういう
大衆には見えない舞台裏で
多くの労力が費やされているところに
プロの世界を感じたりもします
10月23日(月)には
映画の配給に携わっている方を講師にお迎えして
~映画の宣伝という仕事~とういうタイトルで
第7回講演会が行われました

このお仕事は
普段、私達とは直接、接点のないところで動いていて
殆どが裏話的なお話になるので
とても興味深く聴くことが出来ました

一枚の紙にぴらっと書かれた情報だけで
その作品を買い付けるか否かを決めるというお話には
正直、驚きました
そんな時点で当たるかどうかを予想して大金を賭けるなんて
普段から磨かれた、鋭い嗅覚なくしてはできませんね
そしてつい先日、11月6日(月)
第8回講演会が開かれました
~情報雑誌の編集~のお話を
ある情報雑誌編集部の方から伺いました

雑誌の出版に向けて
かなり前から企画を立てて始動するものかと思いきや
出版日から遡り
1ヶ月あるかないかでやっとスタートを切るとのこと
そこから
企画→取材→原稿書き上げ→編集と
かなりスピーディに動かなくてはいけない現場だったんですね
このお仕事も普段からの情報収集がモノを言うお仕事です

どの職業も
第一線で活躍されている方は皆さん
表に出ない水面下でも、
日々、それぞれ努力をされているんですね
それがプロの仕事

さあ、文化社会の講演会はもう少し続きます
次はどんな方をゲスト講師にお迎えできますでしょうか
乞うご期待

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

♪Halloween Eventのお知らせ♪

2017年10月24日

来る10月31日(火)
人間科学部各コモンルームにおきまして
ハロウィンドリンキングというイベントを開催します
アンケート回答者に可愛い瓶入りジュースをプレゼント

更に
25日(水)~31日(火)の1週間はスタンプラリーを開催
3学科以上のコモンルームを回ってスタンプを集め、アンケートに答えると
お菓子の詰め合わせをプレゼント
(お菓子の引換は31日(火)13:00~15:00 人間科学部事務課で)

いずれも数に限りがありますので
お早めに~

詳細はポスター・チラシをcheckしてね~

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

美のレッスン

2017年10月03日

日が経つのは速いもので
ついこの間、夏休みが明けたと思っていましたのに
気が付くと、もう10月です
今年度も半分が終わってしまいましたね

さて、10月と言うと
文化社会学科では
毎年恒例の「美のレッスン」
がいよいよ始まりました

プロのモデルの先生を講師にお迎えして
「美」を見せる所作を身に付ける手解きを
1年生が受ける
文化社会学科ならではの授業です

ちょっとしたコツで
各段に美しく見える自分たちの姿に
あちこちで感嘆の声があがります
立ち方、座り方、歩き方…
1人ずつ丁寧に教えていただいて
締めくくりはお決まりのモデルウォークです

音楽に乗って
レッドカーペットを闊歩といきたいところですが
恥ずかしさと緊張が勝ってしまいましたでしょうか
若干ぎこちない動きに― 
しかし、最後の決めポーズは
皆さん、輝く笑顔で
とっても美しかったですよ

日本女性は、
姿勢が悪い、歩き方が不細工
とかくそのように言われていますが
我ら文化社会学科の皆さんは
「美のレッスン」で学んだことを忘れずに
堂々と美しく
世界を闊歩していってくださいね

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

第3回、第4回学科講演会「フィットネスの現場」「テレビ番組を作る仕事」

2017年06月29日

梅雨本番の鬱陶しい天気が続く今週は 
蒸し暑く、不快指数も上がり気味ですね 

さて、去る6月5日(月)
第3回目の文化社会学科講演会が行われました 
今回のタイトルは、~フィットネスの現場~ 
健康な美しさを求めて、
様々な方法で努力する現代人 
フィットネスインストラクターとして
その一端を支えていらっしゃる方が今回のゲスト講師です
お話の中で、まず驚いたことは
フィットネスというものが巷に浸透し出してから、この20年間
さぞかし勢いを増してきていることだろうと思いきや
なんと 
利用者数はほぼ横ばいの状態ということ 
その数は人口比約3%のまま、増減はほとんど無いのだそうです 
しかし、人々が求めるプログラムの内容には変化があるとのこと 
初期の頃は
複数のプログラムを組み合わせたコースが主流だったのが
ここ最近は
自分の興味のあるものだけを選ぶ個別の教室の方が流行っているそうです 
また
個人的にトレーナーをつけて運動をする人が増加する傾向もあるようです 
日進月歩で運動法もどんどん変化していく昨今
常に指導法のupdateが必要なため
勉強会や講習会にも頻繁に参加されて
日々切磋琢磨に励まれている講師の先生― 
専門は主にコンディショニング
つまり
体の不調を整えたり、姿勢を矯正したり、ボディのメリハリをつけたり
といったような内容ですね 
後半はそんな運動の中から
肩こりや腰痛に効く運動を実演指導していただきました 

そして、6月19日(月)には
第4回目の講演会が行われました
お題は~テレビ番組を作る仕事~
テレビ番組というのは、ご存知のとおり
構成作家という人が、
内容を考えて台本を書き上げ、
出演者のキャスティングも考えたりしながら制作されていきます 
今回はそんな番組制作に携わる専門家、構成作家の方からお話を伺いました 
ざっくり言うと
企画から映像になるまでの、番組の枠組みを作っていく仕事 
先ずは、テーマを決めるところから始まります
それが、放送前1ヶ月前くらいのこと
もっと余裕をもって行われると思っていました 
テーマが決まったら
ロケ現場の調査と決定です
そして、ロケ取材を行い、その後、編集を経て完成です 
その過程では、
プロデューサー、各ディレクター、演出家、AD、リサーチャー等々
多くの人たちが関わって
1本の番組が出来上がっているわけですね 

さぁ、次回第5回目の講演会ではどんなお話が展開されるでしょう
お楽しみに~ 

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

第1回、第2回文化社会学科講演会

2017年05月24日

毎回、様々な分野の第一線で活躍されている方をゲストにお迎えして
インタビュー形式でトークを展開する「文化社会学科講演会」
今年度もいよいよスタートです

去る5月8日(月)
第1回目の講演会が912教室で開催されました
今年度トップバッターは
「お笑いの世界を学ぶ」というタイトルで
某事務所の某漫才コンビで活躍中の
あるお笑い芸人の方をお招きしました
事務所の関係で
写真もお名前も掲載できないのが非常に残念ですが
その一見小柄で物静かな好青年といった容姿に
実はたくさんの魅力が隠されている
とても素敵な芸人さんです

お笑いの世界に全く興味もなかった少年が
芸人の道に足を踏み入れるようになるまでの意外な経緯―
―出会い系サイト張りの相方探しサイトのお話があり
時代とはいえ、ちょっと驚きでした

そして
今に至るまでの紆余曲折のお話
ネタ作りのための普段の努力の様子―
―特別に、直筆のネタ帳も公開してくださいました

NGK(なんばグランド花月)出演の或1日―
―3時間単位で10分の出番のため
その合間に、別のお仕事を掛け持ちされることも多々あるとか…
また、漫才はウォーミングアップである「つかみ」から始まりますが
そこでの感触や出番前の舞台袖のモニターに映る客層で
その時のネタを決定していること
時間はツッコミ担当の方が時計を見ながら調整して
暗黙のサインで相方に知らせているという
中々の職人技で行われていることを知りました
その他諸々、他コンビの秘話も飛び出して…

プロとして、「しゃべり」を職業としている方だけあって
その小気味よい
パワフルな人を惹きつける話術の素晴らしさは流石です
デビュー以来、10年を超える現在まで
その業界に残って活躍し続けている方は
やはりそれなりの非凡なセンスと
他人を魅了する何かを持っているものだという事
それプラス、日々の妥協しない努力が
また更にそのセンスや魅力を磨いていくのだという事を
改めて実感しました


そして5月22日(月)には第2回目講演会も行われました
今回は「モデルという仕事」というタイトルで
モデルエージェンシーのマネージャーの方と
所属のモデルの方をお招きし
モデルというのはどのような仕事なのか
如何なる領域でどのような役割を果たしているのか
また、人はどのようにしてモデルになっていくのか等々
私達が知っているようで知らないお話をたくさんしてくださいました

後半は現役の所属モデルの方を講師に
正しい姿勢の作り方や歩き方を
実演交えてミニレクチャータイム

実は後期、
基礎演習のクラス毎に行われる「美を磨くレッスン」で
もっとしっかり教えていただくことになっています
1年生のみなさん
楽しみにしていてくださいね

2017年度文化社会学科講演会は
これからまだまだ続きます
乞うご期待

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

新入生歓迎会

2017年04月12日

今春は寒の戻りが激しく
入学式には間に合わなかった桜も
ようやく満開の時を迎えました

さて、去る4月10日(月)
第1学生会館に於きまして
毎年恒例の新入生歓迎会が行われました

まず、
受付でイラストの入った封筒を受け取り
ゲームの序章が始まります

そして、いよいよ開会
合図とともに
同じイラストのメンバーを捜し
全員揃ったグループから順に着席
この順位で1巡目のケーキバイキングの順番が決まります

色とりどりのケーキを前に
どれにしようか、右往左往
幸せな悩みですね

次のゲームは「50音ゲーム」
ひらがなカードを使って
お題に合う言葉をいくつ作れるかで競います
この日のお題は「野菜のなまえ」
このゲームの順位でケーキ2巡目の順番が決定です

さあ、二つ目はどのケーキにしようかな~
またまた、幸せな悩みです

最後は
これまた恒例
原田先生の秘密の作業
今回は短い円筒に、
各自、自由に好きな模様を描いて回収
後日、原田先生がステキなオブジェに変身させて
コモンルームに飾ってくださいます

親睦を図る意味を込めて
毎年開催される歓迎会
1年生の皆さん、
仲よくなれましたでしょうか
これから4年間
文化社会の仲間と一緒に
たくさんの楽しい思い出をつくってくださいね

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

1年生クリスマスパーティ (12月19日月曜日)

2016年12月21日

街はすっかりクリスマス一色 
文化社会コモンルームでも
去る19日(月)
1年生全体でのクリスマスパーティが開かれました 

設営、料理、ケーキ、ゲームの各担当を決め
事前準備から当日の進行まで学生主体で行なわれました 
当日のコモンルームでは
色とりどりの風船を使ったポップな飾りつけが 
楽しく会場の雰囲気を盛り立てます 

チキンやピザに舌鼓を打った後は 
グループ対抗のジェスチャーゲーム
賞品 をかけて熱戦が繰り広げられました 

そして最後はいよいよ
パーティの主役、ケーキの登場~
あまりに可愛くデコレーションされたケーキ を前に
みなさん、食べることはそっちのけで
一斉に携帯を手に撮影タイムが始まりました 

一学年全体で開くパーティは初めての試みでもあり  
会場のスペースに比べて
参加人数もかなり多いので
正直、どうなることかと心配でしたが 
コモンルーム中がみなさんの笑顔 で溢れているのを目にし
取り敢えずは成功だったのかなと思っています 

I wish you a Merry Christmas and a Happy New Year~



Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

文化社会学科のユニークな授業③ 「美を磨くレッスン」

2016年11月25日

さて、今回は
ユニークな授業第3弾をご紹介いたします

毎年後期、1年次基礎演習のクラス毎に行われる
「美を磨くレッスン」

プロのモデルを講師にお迎えして
「日頃から美意識を持って心掛けること」、「美しい所作」、「歩き方」を教わりました
美しく立つだけでも
普段使っていない筋肉をあちこちと使って
結構キツかったりするのですね
美しい姿勢を保ったまま
ゲーム「フルーツバスケット」をしたりもしました

そして最後は
BGMにのってモデルウォークでしめ
なかなか人前では
シャイになってしまいますね
でも上手でしたよ、みなさん

少しアドバイスをいただいて
気を付けるだけで
一人一人
見違えるように
綺麗でカッコよくなりました

ごくごく自然に
美しい身のこなしができるようになるといいですね

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

第7・8回 文化社会学科講演会 現代文化を学ぶ⑦⑧

2016年11月10日

第7回目の文化社会学科講演会は
「映画の宣伝という仕事」
とある独立系大手の映画製作・配給会社から講師の方をお迎えして
国内外の映画の買い付けから
実際に劇場で上映されるまでのお話をしていただきました

映画を買い付けて配給契約が成立した後に行われるのは
上映する劇場をおさえるブッキングの業務 
そして、その映画がヒットするかどうかの鍵を握る
大事な広告宣伝業務
要するにチラシやメディアへの露出ですね 
更に、海外の映画ですと
邦題の決定から字幕の作成手配も行われるのですね  

普段、私たちに見えている部分はそのほんの一部分
裏話的なエピソードも披露されて
なかなか興味深いお話が聞けました 
ある出演男優さんの意外な素顔も知ることができましたし 
第8回目の講演会は
受注から縫製、販売までを一貫して取り扱う
アパレルブランドの代表をお迎えして
「ファッションの世界を知る(アパレルブランドという仕事)」
という内容でお話をいただきました 

オーダーメイドを中心に展開し始めた頃の苦労話 
それをステップにセミオーダーへ移行していった様子
某デパートへの出店での想定外の大ヒットetc.

当日は会場にオリジナル商品の洋服を 
たくさん持ってきてくださいましたが
既製服では手に入らないようなデザインがいっぱい 
一つのモノづくりの魅力を
しっかり見せていただいた一時でした 

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

大学祭に向けて

2016年10月21日

毎年恒例の甲南女子大学の大学祭 
今年は22日(土)、23日(日)の両日にわたって開催されます

その日にむけ
模擬店で販売する料理の試作や、看板作りに励む学生さんたちで 
我がコモンルームも連日、てんやわんやの状態です

文化社会学科のコモンルームには、
調理器具が結構揃っているので
トッポッキやトルネードポテト 
イングリッシュマフイン等々 
いろいろな屋台料理の試作試食会があちこちのテーブルで開かれ 
食欲をそそる匂いが廊下まで漂っていきます 

また、たくさんのお客さんに食べに来てもらえるよう
Eye-catchingな看板を一生懸命に制作しているグループもたくさんいます 
皆さん、なかなか絵心があるようで
それぞれが味のある、ステキな看板ですね 

クラスのメンバーが団子になって
ワイワイ楽しそうに作業しているのを見ていると 
こういった当日までの準備過程も「大学祭」なんだなぁ~と感じます 
本番当日は、どのお店もたくさん売れるといいですね 
思い出いっぱいの大学祭になりますように 

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab