学科日誌ブログ

文化社会学科ブログ

2016年度 8月オープンキャンパス(8月12日金曜日・13日土曜日)

2016年08月03日

暑中お見舞い申し上げます
暑い日が続きますが
みなさん、いかがお過ごしでしょうか

さて
来たる8月12日金曜日13日土曜日の両日にわたって
今年度4回目・5回目のオープンキャンパスを行います

前回よりAO入試エントリー者対象の予備面接も始まりました
当日はコモンルームでの個別相談会で在学生と卒業生が
学科のことや学生生活のことetc.
皆さんからの質問に
なんでもお答えします
また、在学生が実際にフィールドワーク演習の授業でまとめた成果等も
展示していますので
是非ともお誘いあわせの上
お越しください

皆さんのご来場を心よりお待ちしております

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

第4回文化社会学科講演会 現代文化を学ぶ④

2016年06月27日

先月から始まった文化社会学科講演会も
もう4回目ですね

6月20日(月)に行われた今回の講演会タイトルは
~フィットネスの現場~
近年、若い女性の間でも
フィトネスがちょっとしたブームになっています
某フィットネスジムでインストラクターをされている方を
講師にお招きして
今のお仕事に就くまでの、意外な経緯から
現場での様々なお話を語っていただきました
ジムに通ってこられている受講生のみなさんの
人間模様についてのお話もなかなか興味深かったですね
後半は実際に簡単な動きの手ほどきを受けながら
みんなで一緒に体をほぐすことができて
気分転換にもなり
「体も頭もスッキリ!」の時間となりました

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

文化社会学科のユニークな授業② (ゲスト授業)

2016年06月21日

今回は
文化社会学科で行われているユニークな授業第2弾を
お届けいたします

本学科では
毎週金曜日3限に2年生対象の
「社会調査入門」という授業をおこなっています
この授業の内容は
観察調査、ドキュメント分析、インタビュー調査等を
机上の学問だけでなく
アクティブに体験していくものとなっています
その中のインタビュー調査の授業に入る前に
実際の現役記者の取材現場を知ることで
今後の手本、参考にするとともに
社会への関心を高める事を狙って―
去る6月10日(金)
毎日新聞大阪本社学芸部の反橋さんをお招きし
講演会を開催しました

「自分だけの“ワクワク”を見つけよう!
 ~取材のおもしろさ、難しさ」
を題目に
ネタ探しから、準備段階、取材本番でのノウハウ
取材後の情報の「料理」の仕方
そして
今までの経験から感じた記者としての醍醐味と困難等々―
現役で現場を駆け回っておられる記者ならではの
説得力ある語り口に
思わず聞き入ってしまいました

なかなかプロのようにはいかないかも知れませんが
今後のインタビュー調査の授業での
皆さんの腕前が期待されますね

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

第2回&第3回文化社会学科講演会 現代文化を学ぶ②③ 

2016年06月15日

今年度も隔週でおこなわれています、文化社会学科講演会ですが

5月23日(月)4限
第2回目の講演会が912教室で行われました
タイトルはズバリ 
~イベントはこうしてつくられる~
関西で開かれるイベントを
数多く手掛けておられるイベント運営会社の方から
コンサートやその他公演等の大規模なイベントが
どのように企画・準備されて当日を迎えるのか
というお話をしていただきました
当日のイベントの大成功をもって、
観客に喜びと感動を与えるため
その日までにいかに奮闘されているか
私たちには普段あまり見えない
イベントの裏側のお話を興味深く伺うことができました
そして6月6日(月)4限
第3回講演会が
~モデルという仕事~
というタイトルで行われました
モデルエージェンシーのマネージャーの方をお招きして
そもそも、モデルというのはどのような仕事なのか
如何なる領域でどのような役割を果たしているのか
また、人はどのようにしてモデルになっていくのか
当日は現役のモデルの方も同席してくださり
華やかな公演となりました
2016年度文化社会学科講演会は
まだまだ続きます
乞うご期待

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

2016年度 第1回目オープンキャンパス(6月5日日曜日)

2016年06月08日

近畿地方もいよいよ梅雨入りしました 
あのジトジトと不快指数の高い日々が 
これからまた続くかと思うと
ちょっと憂鬱になりますが 
庭先に映えるアジサイの花色が
心和ませてくれる季節でもあります 

さて、
朝からあいにくの雨でしたが 
今年度初めてのオープンキャンパスが行われました 
足元の悪い中にもかかわらず、
たくさんの高校生、保護者の皆様にご参加いただき
本当に感謝しております 

今回は
いつもの馴染みの展示に加えて
新たに3ヶ所のコーナーを設置しました 

~その
社会調査入門の授業で行われた課題結果の展示~
ある1日の夕飯を写真に収めて 
コメントと共に提出された課題ですが
それらをサイコロに仕立て 
写真とコメントの組み合わせを考えるように展示しました
なかなかユニークな出来栄えに 
思わず手にとってしまう
そんな姿がみられました 

~その
コミュニケーションボード~
参加していただいた高校生のみなさんに
感想を自由に書いていただき 
それに在学生が返信をのせました 
一方通行になりがちなオープンキャンパスに
少しでも変化を生むことができればと思います 

~その
日常の大学生活の一コマを捉えた写真の展示~
自由闊達な文化社会学科の雰囲気を 
十分に感じていただけたと思います 

次回オープンキャンパスは
7月23日(土)、24日(日)の2日間になります
体験授業や在学生・卒業生との相談コーナーもありますので
皆さん
是非ともお気軽にお越しください

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

文化社会学科のユニークな授業① (ゲスト授業)

2016年05月31日

文化社会学科では、
多種多様な分野で活躍されているゲストに来ていただき
学科講演会としての授業を隔週で行っていて
こちらのブログでも時々その様子をご紹介していますが
その他の日常の授業においても
学科ならではのユニークな内容が盛り込まれることがあります
今日はその中の一コマを
ご紹介したいと思います

先日より、3年生文化社会学演習Ⅰの米澤ゼミでは、
地元兵庫県にある化粧品会社、エルランピードの岡本さんをお迎えし
コモンルームを使って
化粧品に関連した授業を行っています

前回は、
紫外線についての詳しい説明から日焼け止めに関して
いろいろと学びました

今回は、
化粧品と薬事法の関連から
医薬品、医薬部外品と化粧品の違い、
化粧品の広告表現の規制等について学びました

学生の皆さんにとって
化粧品はとても身近なものですが
このように、
その背景の深い知識を得る機会はなかなかありませんので
非常に興味深くお話しを聞くことができた貴重な90分となりました

岡本さんの授業はこれからも隔週で続いていきます
次回はどんな内容か楽しみですね

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

第1回文化社会学科講演会 現代文化を学ぶ① ~お笑いの世界を学ぶ~

2016年05月12日

文化社会学科では例年、年間を通して10回程度、
現代文化を学ぶという名目で講演会を行っています。
毎回、様々な分野の第一線で活躍されている方をゲストにお迎えして、
トークとディスカッションを展開します。

去る5月9日(月)、今年度の第1回目の講演会が912教室で行われました。
今回は「お笑いの世界を学ぶ」というタイトルのとおり、
ゲストに某事務所の某漫才コンビで活躍中のあるお笑い芸人の方をお招きしました。
事務所の関係で、写真もお名前も掲載できないのが非常に残念ですが
その一見小柄で物静かな好青年といった容姿に
実はたくさんの魅力が隠されている、とても素敵な芸人さんでした
講演の内容は、
お笑いの世界を目指すようになるまでの意外な経緯に始まり、
その後の漫才師を天職と決めてから今に至るまでの紆余曲折のお話や、
ネタ作りのための普段の努力の様子等、
次から次へとお話が展開されていきます
流石、「しゃべり」を職業にされていて、
また、普段からネタ作りを担当されている方だけあり、
お話の運び方が実に小気味よく
矢継ぎ早に紡ぎ出されてくるパワフルな言葉の波に
聞き手は圧倒され、その魅力にどんどん惹きつけられていきました
デビューしてから10年を過ぎる現在まで、
その業界に残って活躍し続けている方は、
やはりそれなりの非凡なセンスと他人を魅了する何かを持っているものだという事、
それプラス、日々の妥協しない努力がまた更にそのセンスや魅力を磨いていくのだという事を
改めて実感することができました
また、実際に使っている貴重なネタ本を特別に覗かせていただいたり
TV出演時の漫才の映像をみせていただいたり(ネタは大ウケでした
コンビ仲の良し悪しの見分け方の秘法を教えていただいたりと、
楽しさ満載で時間の経過を感じさせない講演会となりました

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

2016年度文化社会学科新入生歓迎会(4月11日月曜日)

2016年04月15日

今年の春はなかなか気候が定まらない中、
一気に桜が満開になったと思えば、
季節外れの暴風雨であっという間に散ってしまい、
花を愛でる期間が短かったように感じます。

さて、毎年この時期恒例の新入生歓迎会が去る4月11日月曜日、
第1学生会館1階で行われました~

ケーキバイキングの順番をいつもゲームで決めるのですが、
今回は新しいゲームを採用してみました~

最近、巷のデキるサラリーマンの間で流行っている
その名も「マシュマロチャレンジ」

紐とマスキングテープとスパゲティのみを使ってタワーを作り、
タワーの頂点にマシュマロをのせます。
そして、タワーの高さを競うわけです。

これがやってみると意外に難しい


まだ馴染みのないグループのメンバー同士、
知恵を合わせ、力を合わせて、
より高いタワーを建てるべく、四苦八苦

世界記録の90cm台には届きませんでしたが、
優勝グループは見事、
60cmを超えるタワーを建てることができました!拍手
絶妙のバランスですね
その後はいよいよ、お待ちかねのケーキバイキング~~

色とりどりに並んだケーキを前に、行ったり来たり
どれにしようか選ぶのもとっても楽しそうに見えました


これを機に1年生の皆さんの親睦が一層深まるよう祈りつつ…

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

内定者懇談会

2016年01月26日

皆さん、こんにちは。
文化社会学科コモンルーム スタッフです

暖冬と言われていたのが嘘のように
ここ最近、寒い日が続いていますが、
お風邪などひいていませんかー?

私は身体の前後にカイロを2枚貼り付け、手袋をしながらの、貼らないカイロで手を温め、
マフラーをぐるぐる巻きにして、マスクで冷たい風から喉を守る!
という、防寒対策完璧スタイルで出勤です
冷えは女の敵ですからね
しょうが湯にレモンをスライスして入れるとのみやすくなって、
身体も温まるのでおススメです

雑談はこのへんにして・・・
さて今日は、先日コモンルームで行った学科イベント
「内定者懇談会」の様子について、ご紹介しようと思います
毎年、恒例のCRイベントになっているこの行事ですが
どんな行事なの
と少し分かりづらい方もいるかと思いますので、ご説明しますね。

3年生からは就職活動が本格的に始まります。
今まで学校という囲いで守られてきた学生さんが、
社会に一歩飛び出す為の大事な時期です。
けれど…やはり、漠然とした就職活動への不安は皆がもっているもの。
そこで、いち早く内定をもらった文化社会学科の4年生から、
就職活動への心構えや、準備など、わからないことは何でも聞いちゃおう
というイベントなのです
今回協力してくれた4年生は8人
皆自分たちが就職活動で使っていた参考資料にエントリーシート、自分で作った就職活動ノートなどを持参して、
3年生へ役立てるようにと、たくさんの準備をして参加してくれました

3年生の参加人数は過去最大の50人
コモンルームがイベントの参加者でうめつくされました

・どうして今の内定先を選んだのですか?
・面接がすごく不安なのですが、何を聞かれますか?
・説明会って行った方がいいですか?
・エントリーシートってなんですか?

3年生から出てくるどんな質問にも、真剣に答えてくれる4年生はさすが先輩です
3年生も文化社会学科の身近な先輩が教えてくれる貴重な機会に、聞き漏らさないようにとメモをとる姿も真剣です


イベントの時間が終わっても、話し込む学生さんは、
始まった頃の不安げな顏とは違い、未来に希望をもった明るい笑顔に変わっていました

最後に感想文を参加者の学生さんに書いてもらいました。

その感想を少しだけご紹介
============================
・始まる前は不安で仕方ありませんでしたが、先輩のお話しを聞き、この時期の3年生の皆だれもが不安なのだとわかり、肩の荷が下りたような気分になりました。1年後、先輩達のような立派な姿でここに立っていたいと思いました!

・就職活動は、自分に嘘をついていたら楽しくないし、続かないから「ありのままの自分」を出した方がいいのだと教えて頂きました。「ありのままの自分」を受け入れてくれる企業を見つけることが一番大事だと教えて下さり、私は自分に全然自信をもてていませんでしたが、もっと自信をもって頑張ろうと思いました!
=============================

このイベントを通して、就職活動の為に少しでも得るものがあることを
スタッフとして、切に願っています

3年生の皆さん、来年またこのイベントに4年生として参加し、
今の気持ちを忘れず、次の3年生にまたアドバイスをしてあげて下さいね。
陰ながら応援しています


Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

「文化社会論Ⅲ」講演会

2016年01月21日

皆さん、こんにちは。
文化社会学科コモンルーム スタッフです

先日「文化社会論Ⅲ」の授業で講演会を行いました
========================
講演会タイトル:「意外と身近にある?-文化遺産と私との出会い」
講師: 前畑 洋平さん
     前畑 温子さん
========================

今回は講師として、「NPO法人J-heritage」という法人で
代表をされているご夫婦のお二人に来て頂きました


産業遺産をテーマにたくさんの貴重なお話しを伺いました

現在の職業につくまでの経緯や
意外に自分たちの住んでいるすぐ近くにも
見ていないだけで素敵な歴史が詰まった建物や空間としての産業遺産があふれているということを、
とても丁寧にわかりやすく教えて頂きました

すごく素敵な世界を覗き見たような気分でした
「産業遺産」をテーマに活動されているお二人は、地域とも連携しながら
地域活性化を目指す活動もしているようで、
最後はそのプロジェクトと連動したお面で記念撮影


学生の皆さんも、是非是非「産業遺産巡り」してみてくださいね~

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab