学科日誌ブログ

メディア表現学科ブログ

第45回クリエイターズフォーラム報告と第46回クリエイターズフォーラムのお知らせ

2017年01月11日

1月10日(火)にメディア表現学科では第45回クリエーターズフォーラムを開催致しました

今回は神戸のアイドルユニットKOBerrieS♪をお招きし、馬場先生との対談形式での講演とミニライブをしていただきました
対談では、アイドルになろうと思った経緯や、ご当地アイドルとして地域振興や、地域と
関わっていくことの意義など興味深いお話を聞く事が出来ました



また、最後には素敵なミニライブ
KOBerrieS♪の2曲を間近で見る事が出来ました
迫力の踊りと歌と雰囲気に参加者からは手拍子が起きていました

KOBerrieS♪の皆さんありがとうございました。
そして、第46回クリエイターズフォーラムのお知らせです。
✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾
「ゴトウヒロシの迷宮 挿絵・絵画・デザイン・編集」
ゲスト:ゴトウヒロシ(画家/アートディレクター/編集)
2017年1月12日14:40~16:10
832教室(8号館3階)

鈴木光司、藤堂志津子、乃南アサ、藤田宣永、石田衣良、村山由佳氏等著名作家の作品に挿絵、装丁画を提供。
2005年仏での個展をきっかけにElle、Psycologie、WAD等欧州メディアでも活躍。2001年よりプライベートブランド[penelope plus]に
テキスタイルデザインを提供。2003年新作浴衣コレクションを発表。2005年著書「Illustrarion Style」出版。最近では2014年毎日新聞
夕刊連載 中村文則著「あなたが消えた夜に」のイラストレーションを担当している。

今回はゴトウヒロシさんにアートディレクターの仕事についてうかがいます。
どうぞお気軽にご参加ください。

※入場無料、お申込み不要
※駐車場はございませんので、自家用車でのご来場はご遠慮ください。✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

テレビ・ラジオ放送論

2016年12月15日

水野晶子先生の「テレビ・ラジオ放送論」のレポートです。
今回は奈良テレビ放送の名倉涼アナウンサーをゲストにお迎えし、インタビュー取材を行いました

ゲストの名倉アナウンサーはなんとメディア表現学科の卒業生!!学生時代には水野先生の授業も受けていたそうです

名倉アナウンサーによる自己紹介の後は質疑応答。
アナウンサーになるために努力したことや、元々Webデザイナーだった名倉さんが、アナウンサーという職業のどこに魅力を感じたのか、
大学時代に学んだことで今役立っていること等、学生からの様々な質問に丁寧に答えてくださいました
学生も「後で原稿にするときに役立つ、話のポイントが分かる」ということを心がけながら熱心にメモを取っていました。

授業の終わりには名倉アナウンサーから「楽しい授業がたくさんある学科なので、みんなも積極的に楽しんでください。興味がない分野も
結果的には新しい自分に出会えるチャンスだと思うので、常にポジティブに!何をするにも遅すぎることはないと思うので、頑張ってください」とメッセージをいただきました。

授業後学生に感想を聞いたところ「とてもためになった」「メディア表現学科の卒業生だからこそ、身近に感じられる体験談がきけて良かった」と話してくれました

奈良テレビ放送の名倉涼アナウンサーありがとうございました。

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

メディア表現コンクール授賞式

2016年12月06日

以前このブログでも紹介した、メディア表現コンクールの授賞式が11月30日に行われました。
優秀賞と作品賞、そして10月22日23日の展覧会の来場者からの投票で決まった学生賞の受賞者をお祝いしました

授賞式では馬場先生からコンクールと受賞作に対する講評が行われました。
以下、優秀賞の講評です。

優秀賞の「迎撃用意」では作者の表現能力の高さを充分に感じさせる秀作である。なによりもモティーフの選び方と構成力が素晴らしい。離れて見たいのだが、どうしても近づいて凝視してしまう。遠近法が独特の歪みを見せていて、ディテールを追っていると眩暈がしてくる。こうした緊迫感のある構図こそ、まさに「edge」的であろう。


「edge」というテーマに対して作品ごとに様々な解釈とアプローチがあり興味深かったです
その後、馬場先生より賞状と副賞が受賞者へ授与されました。

受賞作は12月5日から16日までメディア表現学科コモンルームにて展示していますので、ぜひご覧ください。

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

演劇・身体表現ゼミ卒業公演~タチナシトワコ~

2016年11月29日

演劇・身体表現ゼミの卒業公演『タチナシトワコ~アガサ・クリスティー「招かれざる客」より着想を得て~』が
11月16日17日の2日間上演されました

演劇・身体表現ゼミでは、本田 千恵子先生の指導のもと脚本、演出、舞台のセット等演劇に関わること全てを学生が行い、
毎年この時期に卒業公演を行っています。
今年はアガサクリスティーの「招かれざる客」に着想を得たミステリー
4月ごろから脚本を考え、しっかりと準備した公演です
原作のどんでん返しはそのままに、しっかりとした設定で組み立てられたオリジナルストーリーと、普段の姿からは想像がつかないくらい
雰囲気の変わった4年生の演技にくぎ付けになりました

今年は舞台を真ん中に配し、両サイドが客席というスタイルでした。それぞれの客席で見え方が違うようになっていました
以下公演を終えた4年生に聞いてみました

Q1.「タチナシトワコ」はどうやってできたのか?
A.私たち7人が何を表現したいのか、何をお客さんに伝えたいのかを先生の助言をいただきながら何度も話し合って決めました。タイトルの「タチナシトワコ」は、私たちゼミ生の名前を一文字ずつとってできたものです。先生が考えてくださいました。

Q2.工夫した点、苦労した点は?
A.それぞれで工夫苦労した点はあると思いますが、特に苦労した点はこの作品が出来上がるまでの工程。皆が自分の役と向き合い、いかに自然に魅せることができるのか。台本のセリフが標準語のため普段使っている関西弁のイントネーションとの違いに苦労したメンバーもします。

Q3.客席を両サイドに配したのはなぜ?
A.一つの部屋を周りから見ているような配置にすると見る角度によって全く違う
芝居を楽しむことができるのではないかという、先生からの提案でした。

Q4.公演を終えての感想
A.先生やコモンルームの方々など数多くの協力があって完成するものなのだと、実感した公演でした。
本当に感謝しています。ありがとうございました。公演を終えた直後は「終わった」という実感はなかったのですが2日とも本当に楽しかったです!稽古のために朝からスタジオに集まっていた日々が突然なくなって寂しいです…。

素敵な舞台を作り上げた、演劇・身体表現ゼミの皆さんお疲れ様でした

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

第43回クリエイターズフォーラム報告と第44回クリエイターズフォーラムのお知らせ

2016年11月25日

このブログでもご案内しましたが、11月10日(木)にメディア表現学科では第43回
クリエーターズフォーラムを開催致しました

今回は博物館学芸員、キュレーターの高見澤清隆さんをお招きし、馬場先生との対談形式で講演していただきました
対談では毎年開催される六甲ミーツ・アートについて、どんな経緯で始まったのかや、過去の展示作品の紹介、どのようにして毎年アートイベントを行っているかなど興味深いお話を聞く事が出来ました

受講した学生からは「実際に六甲ミーツ・アートに行ったときに感じたことの理由が知れて
面白かった」「自分より年下の子の作品が出展されることもあり驚いた」「年ごとにテーマがあるとわかり、来年も六甲ミーツ・アートに行ってみたいと思った。」といった感想が聞けました。

高見澤清隆さんありがとうございました。

そして、第44回クリエイターズフォーラムのお知らせです
✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾
「Mind Star Trek 心の宇宙を探索する。」

講演者:水谷 イズル(現代美術家・映像作家)
2016年12月12日16:30~
832教室(8号館3階)
※大学探検・大学を知るBは2ポイント付与 事前にメディア表現学科コモンルームで
申込みが必要です。

1961名古屋市生まれ。現代美術家、映像作家。
絵画、平面と立体を組み合わせた作品、映像や水、光などを使ったインスタレーションで
国内外で高い評価を得る。
ニューヨーク、マイアミ、パリ、バーゼル、サンクトペテルブルク、北京など世界各地で展覧会を開いている。


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

在学生の皆さんぜひご参加ください

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

演劇表現B~面白い話の立体化~

2016年11月21日

今回は本田先生の「演劇表現B」のレポートです
授業2週目に受講者全員が1分ほどの〝面白い″話をして、その中の3つのエピソードを
演劇で表現
観客に〝面白さ″が伝わるよう空間を自由に使い、5分程度で作成しました

今回の〝面白い″は単に笑える話というだけではなく、「あー、それ面白いよね」という
ニュアンスのものも含みます。それぞれのエピソードごとに学生自ら考えた演出でお芝居を作りました。

電車内での好きなタイプについての話、なんでも分け合っちゃう4人組、不思議な同級生と、個性的なエピソードが3つそれぞれが卓球台や、跳び箱、効果音を使い空間を表現したり、雰囲気がわかるように周りの人のセリフもしっかり考えたりと、工夫にあふれた発表に
なりました
発表が終わった後の感想では、「劇にすると話で聞くのとは違う面白さがあって良い」
「〝ここ″っていう瞬間をとらえたり、表現するのが難しい」「同じ空間で過去を表すこともできるのかと驚いた」など、様々な感想が聞けました。
この後の授業では、小説の立体化に挑戦するそうです!!
行間やニュアンス、描かれていない部分を想像したりと今回以上に工夫が求められそう
ですが、その分どんな表現になるのか楽しみです

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

甲南女子大学オリジナルブレンドコーヒーDebut~ラベルデザインの二人へインタビュー~

2016年11月14日

甲南女子大学と株式会社ウエシマコーヒーフーズ様とのコラボレーションによる甲南女子大学オリジナルブレンドコーヒー『Debut(デビュー)』が完成しました
「初めてコーヒーを飲む女性が飲みやすいコーヒー」をコンセプトとしており、学生から大人になるためのコーヒーデビューという意味合いも込められています

今回はそんな『Debut』のラベルをデザインしたメディア表現学科のお2人へインタビューです
デザインを担当した2人はコーヒー愛飲者!Debutの感想を聞くと、後味がすっきりしていて飲みやすい。普段ミルクを入れるが、ブラックでもおいしい!とのことでした

・デザインのコンセプトについて
メインビジュアルについては、「試飲した時のイメージと、女子大生に向けなので、食後というよりスイーツと一緒に飲むことを想像し、お洒落なカフェのイメージにしました。カップの柄はレトロ感を出したかったので、ストライプにするかドットにするか迷ったけれど、ストライプの方がカラーバリエーションを増やしやすいかなと思いストライプに。可愛らしさとスマートさ、背伸び感を出せたらいいなと思いました」とのことでした。
ロゴデザインについては「なるべくシンプルにしたかったです。色はピンクで可愛さを出して手に取ってもらいやすいようにと初めから決めていました。フォントは色にあう少し丸みもあって女性らしいものを選びました」とのことでした。

・実際に商品になった感想
「やっぱり商品になると嬉しい。」「自分が関わったものが売れていると嬉しい。誰かが手に取っているのを見たら『ふふっ』ってなっちゃいそう。親が喜んでくれて、まだ開封せずに飾っています。」とのことでした。

2人とも商品コラボのデザインを考えたのは今回が初めてだったそうで、「今まで自分が表現したいと思うものを作っていたので、コンセプトに沿って作ったのは初めてでした」「人に見てもらうことを意識して、自分の好きなものを出しすぎないように気を付けつつ、自分らしさを出すバランスに気を付けた」とそれぞれいつもとは違う制作だったようです。

メディア表現学科の学生もラベルデザインで関わっています甲南女子大学オリジナルブレンドコーヒー
『Debut』見かけた際はぜひ一度お試しください

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

【メディア表現学科】第43回クリエーターズフォーラム「高見澤さん、六甲ミーツアートについて教えてください。」

2016年11月07日

メディア表現学科が開催している、各分野の第一線で活躍するクリエイターを招き、現場の生の声を聴くことができるクリエーターズフォーラムが、11月10(木)3限に開催となります

詳細は以下の通りです
✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾
「高見澤さん、六甲ミーツアートについて教えてください。」

講演者:高見澤 清隆(博物館学芸員、キュレーター)
2016年11月10日13:00~14:30
911教室(9号館1階)
※一般来聴可、大学探検・大学を知るBは2ポイント付与

1957年神奈川県川崎市生まれ。博物館学芸員、キュレーター。
六甲オルゴールミュージアム館長
六甲ミーツ・アート「芸術散歩2016」キュレーター
六甲山観光株式会社 ミュージアム課 課長
所属:Musical Box International 正会員、民族芸術学会 正会員
担当分野:日本の伝統食器、自動演奏楽器、現代美術、博物館マネージメント


※入場無料、お申込み不要
※駐車場はございませんので、自家用車でのご来場はご遠慮ください。
お問合せ先:メディア表現学科コモンルーム
TEL:078-413-5398 (平日9:00~17:00)
Email: cms@konan-wu.ac.jp

✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

今回は高見澤さんに六甲ミーツアートについてうかがいます。
どうぞお気軽にご参加ください
お待ちしております

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

大学祭☆第7回メディア祭

2016年10月26日

10月22日・23日に行われた大学祭、そして第7回メディア祭ともに無事終了致しました

今年もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

メディア表現コンクール作品展ではedgeをテーマに15点の作品が展示されました
お越しいただいた方にはアンケート記入をお願いし、気に入った作品を一つ選んでもらいました
このアンケート結果もコンクールに反映されます。授賞式が楽しみですね

アートプログラムは大洲大作さんの「Afterglow」。本物の窓枠に映し出される車窓の風景はとても幻想的でした

他にもメディア表現学科からは乙女雑貨店、花井ゼミによる「HANA○4展」、白羽ゼミ、髙原ゼミ、増田ゼミ等の模擬店が出店。
どこもたくさんの方に来ていただき盛況でした

本当にたくさんのご来場、ありがとうございました

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

第7回メディア祭

2016年10月18日

メディア表現学科では、10月22日(土)、23日(日)の二日間、第6回メディア祭を開催します
主なイベント情報は以下のとおりです

■アートプログラム 大洲大作 “Afterglow”
今年は、大洲大作さんによる映像を使ったインスタレーション作品“Afterglow”を紹介いたします。
光と影の交錯する車窓の移ろいに着目した作品は国内で高い評価を得ています。
ぜひ足をお運び下さい。

〔開催日時〕10月23日(日) 11:00~17:00
〔会場〕941教室(甲南女子大学9号館4F)※入場無料

■メディア表現コンクール作品展 テーマ:「edge」
今年もメディア表現学科生が制作した映像、グラフィック、立体作品、など幅広い作品が揃いました。

〔日 時〕10月22日(土)・23日(日) 10:00~17:00(最終日は15時まで)
〔場 所〕メディア表現学科コモンルーム(8号館1階)

その他、メディア表現学科生による模擬店や乙女雑貨店も同時に出展していますぜひ甲南女子大学海の見える丘祭とともに、メディア祭もお楽しみください

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab