学科日誌ブログ

メディア表現学科ブログ

学位記授与式と謝恩会

2017年03月23日

3月18日(土)に学位記授与式が行われ、メディア表現学科から71名の学生が卒業しました

芦原講堂での式の後は学科ごとに集いの教室に分かれます。
そこでゼミの担当教員からひとりひとり学位記を渡され、馬場先生から卒業生へ送る言葉をいただきました

そして、翌日は謝恩会
今年は袴姿の学生がとても多く、華やかな雰囲気でした
楽しいお喋りや、ビンゴ大会、記念撮影など、とても楽しい会になりました

メディア表現学科で学んだ4年間が、社会に出るみなさんにとって大きな力になっていると思います。
新しい場所でのご活躍を心からお祈りしています
そして少し疲れた時や、大学が懐かしくなったらいつでも遊びに来てください
卒業おめでとうございます

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

卒業制作選抜展ご報告

2017年03月02日

学科ブログでご紹介していたメディア表現学科の卒業制作選抜展が無事終了いたしました。
たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございました。

学外のギャラリーを借りて行う本格的な展覧会
お洒落なギャラリーに並ぶと展示作品も大学で見るのとはまた違った雰囲気になります

絵本やその原画、写真集、映像作品、そしてWebページや商品パッケージなど4年生の個性豊かで多彩な作品たち作品の中には実際に触れたり、体験できるものもあり、思わず盛り上がってしまうような内容となっていました

また、作品展の期間中、受付には4年生がいて作品の解説や遊び方の説明をしてくれました

4年間のメディア表現学科での学びがしっかり詰まった作品展。多様な作品が1つの会場でまとまっていて、メディア表現学科そのもののような展覧会でした

来年の卒業制作選抜展もご期待ください

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

「ママ、ごはんまだ?」~白羽先生監督作品~

2017年03月02日

今回はメディア表現学科の白羽先生が脚本・監督をされた「ママ、ごはんまだ?」についてご紹介します

一青妙さんのエッセイ「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」を基にした一青妙、一青窈姉妹の家族の絆を描いたこの作品。3月17日まで十三の第七藝術劇場で上映しています場所はこちら

料理を通して見えてくる母から娘たちへの愛、家族の絆。つらい時にも幸せな時にも、心を込めて料理を作り、料理を囲む。それは家族がつながる事。そんな原点に立ち返らせてくれる作品です

映画を観たメディア表現学科の先生からは「誰もがどこか共有できるお話であると共に、文化の違う台湾と日本の歴史にも触れ、泣いて笑って、観たあと必ずお腹がペコペコになるというステキな映画でした。」と感想をいただきました
また、映画の脚本・監督をされた白羽弥仁先生からも以下のコメントと撮影風景の写真をいただきました

この映画は、料理を通じて、家族への無償の愛を伝えた母親とその娘たちの物語です。きっと行ってみたくなる台湾の風景と美味しそうな料理がいっぱい登場する、泣いて笑ってお腹のすく映画です。

映画「ママ、ごはんまだ?」公式HPはこちら

4月15日からは元町映画館でも上映されます。 皆様どうぞ劇場へお越しください

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

準備中!!

2017年02月22日

明日2017年2月23日(木)~28日(火)に行われる
メディア表現学科卒業制作選抜展の準備が着々と進んでいます

展示用の台や機材の準備、作品紹介のキャプション制作など大忙しです
機材の使い方を共有など細かい打合せもしていきます

4年生たちの力作ぞろいの展覧会。皆さま、ぜひ見に来てください

゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜+。:..:。+゜
開催日時 :2016年2月23日(木)~2月28日(火)
       11:00~19:00 (最終日は15:00まで)
会 場 : アート〇美空間Saga
      神戸市中央区下山手通2丁目13-18観音寺ビル1階
      (阪急三宮駅西口より徒歩5分) 地図はコチラ  
゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜+。:..:。+゜

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

卒業制作選抜展を開催します

2017年02月03日

2017年2月23日(木)~28日(火)にメディア表現学科による
卒業制作選抜展を以下の通り開催します

゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜+。:..:。+゜
開催日時 :2016年2月23日(木)~2月28日(火)
       11:00~19:00 (最終日は15:00まで)
会 場 : アート〇美空間Saga
      神戸市中央区下山手通2丁目13-18観音寺ビル1階
      (阪急三宮駅西口より徒歩5分) 地図はコチラ  
゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜+。:..:。+゜

今年卒業をするメディア表現学科8期生たちが提出した卒業制作の中から、選りすぐりの
作品を展示します
具体的には写真・視覚文化研究ゼミ、メディア・デザイン研究ゼミ、アニメーション制作ゼミ、イラストレーション・絵本研究ゼミの優秀作品を集めました
4年間の学びの成果がつまった作品たちです。多くの方にご覧いただければと思います。
皆さま、ぜひお越しください

この卒展が、4年間学んできた学生たちの力や想いを伝える良い機会になりますように

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

演劇表現B~小説の立体化~

2017年02月01日

今回は本田先生の「演劇表現B」のレポートです
11月に「面白い話」の立体化をしていた受講生!

今回は小説の立体化4つのグループに分かれて小説の一部を再現します
題材に選ばれたのは自衛隊員の恋愛を描いた『クジラの彼』、ハイジャックされた
飛行機の中での人間劇『落ちる飛行機の中で』、あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な
雑貨店『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『贖罪』

前回同様に自分たちで舞台を設定し、教室にある機材をうまく大道具として
使用していました
『落ちる飛行機の中で』では花道を客席の間に作り、観客を乗客にしてしまう演出を
『ナミヤ雑貨店の奇跡』では舞台を二つに区切りました。右側では、メインの三人が送り主
不明の手紙を読み始め、左側では彼らが読んでいる手紙の中の状況が演じられ観客に
わかるようになっていました!原作では手紙にしか出てこない人物を、舞台の左側で実際に演じ、より分かりやすくするよう工夫したそうです

演じた学生からは「観客が近く緊張した」「小説に書かれていない部分をどう演出するかが
難しかった」という感想が出ていました

授業で学んだことが詰まった舞台!それぞれのグループが趣向を凝らして小説の
空気感まで伝わる舞台を作り上げていました

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

第46回クリエイターズフォーラム報告

2017年01月25日

1月12日(木)にメディア表現学科では第46回クリエーターズフォーラムを開催致しました
今回は画家・アートディレクター・編集のお仕事をされているゴトウヒロシ氏をお招きし、
「ゴトウヒロシの迷宮」と題し、馬場先生との対談形式での講演をしていただきました

対談では、画家としてのお仕事を始めた経緯、アートディレクターというお仕事について、
新聞で連載している小説の挿絵のお仕事など、まさに迷宮のような多岐にわたる興味深いお話を聞く事が出来ました
「デザイナーは総合的コミュニケーション。色々なことに興味を持って人が何を求めているかを理解することが大切です。」というお話には「コミュニケーションをデザインする」という
メディア表現学科にとって目指すものとの共通性を感じました
また、「たとえば紙選び1つにも個性が出るので、色んなことを試してほしい」と受講生へのアドバイスも!
第一線で活躍されている方の貴重なお話。受講した学生たちもとても真剣に聞き入って
いました

ゴトウヒロシさんありがとうございました。

47回クリエイターズフォーラムもどうぞお楽しみに!!

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

第45回クリエイターズフォーラム報告と第46回クリエイターズフォーラムのお知らせ

2017年01月11日

1月10日(火)にメディア表現学科では第45回クリエーターズフォーラムを開催致しました

今回は神戸のアイドルユニットKOBerrieS♪をお招きし、馬場先生との対談形式での講演とミニライブをしていただきました
対談では、アイドルになろうと思った経緯や、ご当地アイドルとして地域振興や、地域と
関わっていくことの意義など興味深いお話を聞く事が出来ました



また、最後には素敵なミニライブ
KOBerrieS♪の2曲を間近で見る事が出来ました
迫力の踊りと歌と雰囲気に参加者からは手拍子が起きていました

KOBerrieS♪の皆さんありがとうございました。
そして、第46回クリエイターズフォーラムのお知らせです。
✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾
「ゴトウヒロシの迷宮 挿絵・絵画・デザイン・編集」
ゲスト:ゴトウヒロシ(画家/アートディレクター/編集)
2017年1月12日14:40~16:10
832教室(8号館3階)

鈴木光司、藤堂志津子、乃南アサ、藤田宣永、石田衣良、村山由佳氏等著名作家の作品に挿絵、装丁画を提供。
2005年仏での個展をきっかけにElle、Psycologie、WAD等欧州メディアでも活躍。2001年よりプライベートブランド[penelope plus]に
テキスタイルデザインを提供。2003年新作浴衣コレクションを発表。2005年著書「Illustrarion Style」出版。最近では2014年毎日新聞
夕刊連載 中村文則著「あなたが消えた夜に」のイラストレーションを担当している。

今回はゴトウヒロシさんにアートディレクターの仕事についてうかがいます。
どうぞお気軽にご参加ください。

※入場無料、お申込み不要
※駐車場はございませんので、自家用車でのご来場はご遠慮ください。✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

テレビ・ラジオ放送論

2016年12月15日

水野晶子先生の「テレビ・ラジオ放送論」のレポートです。
今回は奈良テレビ放送の名倉涼アナウンサーをゲストにお迎えし、インタビュー取材を行いました

ゲストの名倉アナウンサーはなんとメディア表現学科の卒業生!!学生時代には水野先生の授業も受けていたそうです

名倉アナウンサーによる自己紹介の後は質疑応答。
アナウンサーになるために努力したことや、元々Webデザイナーだった名倉さんが、アナウンサーという職業のどこに魅力を感じたのか、
大学時代に学んだことで今役立っていること等、学生からの様々な質問に丁寧に答えてくださいました
学生も「後で原稿にするときに役立つ、話のポイントが分かる」ということを心がけながら熱心にメモを取っていました。

授業の終わりには名倉アナウンサーから「楽しい授業がたくさんある学科なので、みんなも積極的に楽しんでください。興味がない分野も
結果的には新しい自分に出会えるチャンスだと思うので、常にポジティブに!何をするにも遅すぎることはないと思うので、頑張ってください」とメッセージをいただきました。

授業後学生に感想を聞いたところ「とてもためになった」「メディア表現学科の卒業生だからこそ、身近に感じられる体験談がきけて良かった」と話してくれました

奈良テレビ放送の名倉涼アナウンサーありがとうございました。

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

メディア表現コンクール授賞式

2016年12月06日

以前このブログでも紹介した、メディア表現コンクールの授賞式が11月30日に行われました。
優秀賞と作品賞、そして10月22日23日の展覧会の来場者からの投票で決まった学生賞の受賞者をお祝いしました

授賞式では馬場先生からコンクールと受賞作に対する講評が行われました。
以下、優秀賞の講評です。

優秀賞の「迎撃用意」では作者の表現能力の高さを充分に感じさせる秀作である。なによりもモティーフの選び方と構成力が素晴らしい。離れて見たいのだが、どうしても近づいて凝視してしまう。遠近法が独特の歪みを見せていて、ディテールを追っていると眩暈がしてくる。こうした緊迫感のある構図こそ、まさに「edge」的であろう。


「edge」というテーマに対して作品ごとに様々な解釈とアプローチがあり興味深かったです
その後、馬場先生より賞状と副賞が受賞者へ授与されました。

受賞作は12月5日から16日までメディア表現学科コモンルームにて展示していますので、ぜひご覧ください。

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab