学科日誌ブログ

文化社会学科ブログ

第1回、第2回文化社会学科講演会

2018年06月05日

毎回、様々な分野の第一線で活躍されている方を
ゲストにお迎えして
インタビュー形式でトークを展開する
「文化社会学科講演会」
今年度もいよいよスタートです

今年度トップバッターは
主にナレーションや声優業をされている
女性タレントさん
ずばり
~タレントという仕事~ をタイトルに
その仕事の魅力や
視聴者が何を求めているかについて
お話を伺いました
全国に流れている、あの美しい音声も
この方の声と聞いて
皆、驚きです
更に一転して
ゆるキャラの声に、アニメ調の萌声―
変幻自在の声使いに
一同から、感嘆の声
もう一つ、軽く驚いた事は
養成学校の様な所には
一切、通った経験がないとのこと
大抵、そういうところで基本的な事を学んで
プロになるものかと思っていました
では一体、どういう経緯でーー
業界の裏方アルバイトをやっていた時に
「やってみない?」
という一言が、チャンスの扉を開いたんですね
人との出会いー
運―
これも実力の内ではないかなと感じます
その道でそれなりに活躍し続けている方たちは
そういうのを引き寄せる何かを
持っているような気がします
そこから更に、開花させていくには
もちろん、努力が不可欠ですがー
2回目の講演は
~ダンスという現代文化~ をタイトルに
アーティストを養成するスクールでダンスの指導をする
インストラクターの方を講師にお迎えして行われ
現代のダンスの特徴とその教え方
現代人にとってのダンスの魅力について等を中心に
語ってくださいました
その中で、
在籍中の学生さんを
人気アーティストのライブに
バックダンサーとして送り出す時の
お話をしてくださいました
全国に置かれている各スクールから
メンバーが選抜されるのですが
LINEで送られてくる動画をもとに
それぞれのスクールで練習しておいて
直前のリハーサルで
初めて全員で合わせるのだそう
LINEー
時代を感じさせられるのと同時に
指導者によって微妙に振りに
違いが出来ているのを
超短時間で調整して揃えてしまうという
プロのスピード感はさすがですね

さあ、文化社会学科の講演会は
まだまだ続きますよ
次はどんなゲストのお話が聞けるか
乞うご期待

Posted by 文化社会学科 │ 文化社会学科のブログ

tab