学科日誌ブログ

看護学科ブログ

3月17日に学位記授与式を執り行ないました

2018年03月23日

早春の日差しの中、3月17日は本学の卒業式(学位記授与式)でした
芦原講堂での授与式の後、引き続き学科の集いが執り行われました。
背筋をピンと伸ばし、前をしっかり見つめている卒業生たちの表情はきらきらと輝いており、頼もしく成長したのだと確信することができました。ご列席されたたくさんのご家族や関係者の方々も真剣な面持ちで感慨深く参加されておりました。
これは別れではなく、旅立ちであるのだと思っても、熱い思いとともに涙がこみ上げてきます。
これからの社会の中で、また看護という世界でともに力を合わせて、高めていける仲間を大切に、ますます研鑽を積んでほしいと思います。
「患者さんとその家族中心の看護」という志向性を持ち、患者さんに関心を寄せる大切さを忘れずに、時には大学に戻って、臨床の様々な経験を語って欲しいと思います
本学の看護学科には、11年間の歴史があります。この3月に卒業された皆様の前にはたくさんの卒業生が、そして後ろには、たくさんの後輩が居ます。
甲南女子大学の卒業生としての誇りを忘れず、しっかりと歩み続けてください
卒業生皆様の前途を祝して

Posted by 看護学科 │ 看護学科のブログ

tab