学科日誌ブログ

日本語日本文化学科ブログ

手作り匂い袋

2018年01月30日

米田ゼミの3年生が今学期最後の授業で匂い袋を手作りしました
小瓶に入った匂いの素は・・・『漢方薬』
  ・老山白檀(びゃくだん・サンダルウッド)
  ・桂皮  (けいひ・シナモン)
  ・丁字  (ちょうじ・クローブ) 
  ・大茴香 (だいういきょう・スターアニス)
  ・龍脳  (りゅうのう・カンファ―)
それぞれ特徴のある匂いですので、混ぜ方によって個々かなり違った匂いが出来上がります
調合の終わった学生はお互いの物をにおい合い、
「うわー、私のと全然違う--」と。

最後は可愛らしい金襴袋に詰め、リボン結びでくくれば、オリジナル匂い袋の完成

かばんの中にいれておいたり、洋服ダンスに入れてみたり、お部屋の片隅に置いてみたり・・・色々な使い方で楽しめます

米田先生より「おうちでワンちゃんを飼っている人は帰宅したら
匂いが違うって『ワン』と吠えられるわよ」とご忠告がありました

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

tab