学科日誌ブログ

学科日誌ブログ

第11回国際セミナーを開催しました

2017年02月17日

学部開設10周年記念シリーズ第6弾となる第11回国際セミナーを1月25日に開催しました。テーマは「看護におけるシミュレーション教育-基礎からシナリオまで-」です。今回は米国サミュエルメリット大学ヘルス・サイエンス・シミュレーションセンター准教授ウィリアム・スティアーズ(William・Stiers)先生にご講演いただきました。

講演1「シミュレーションの基礎」では、シミュレーション教育の歴史や実際の教育内容を通して、医療現場での実践が難しい内容を安全に安心して学ぶことができるシミュレーション教育の効果についてお話いただきました。
また、講演2「シミュレーション教育の事例紹介」では、敗血症という病気を例に、事例をどのように作成しているか、具体的にどのように教育していくかについてわかりやすく説明いただきました。
さらに、講演3「シミュレーションシナリオの作り方」では、シナリオの作成がシミュレーション教育で最も重要となること、学習目的を達成できるように実践に沿った内容に作り込むこと、そして、それを評価していくことの重要性について、時にユーモアを交えながら力強くお話しいただきました。
最後のディスカッションでは、シミュレーション教育を通して知識だけでなく実践をいかに結びつけるか、シミュレーション教育の体制づくりの難しさなどについて、意見交換を行うことができました。

今回のセミナーは、本学部の教員や大学院生だけでなく、病院や他大学で教育に携わっている専門職・教員の方々にもご参加いただきました。これからもよりよい看護職を育成するために、大学と病院がどのように役割を果たし、連携をして教育を行っていけばよいかを考える大変貴重な機会となりました。

10周年記念シリーズとして開催していた今年度の国際セミナーも今回で終了です。次年度も様々な国際セミナーを企画中です。皆様のご参加をお待ちしています!

Posted by 看護学科 │ 看護学科のブログ

多文化☆1年生プレゼンテーション

2017年02月17日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は、基礎演習Ⅱの授業で行われた「プレゼンテーション・コンペティション」についてご紹介したいと思います

このコンペティションは、学生自身が選んだテーマについて、5分間のプレゼンテーションを行うものでしたテーマは「危険な身ぶり」、「色の声」、「伝わらない日本語たち」、「私たちの知らない世界の食卓」といったもので、興味深いものばかりでした最後には、学生全員で最も良かった3名を選びました
1年生はまだプレゼンテーションの経験が少ないながらも、パワーポイントを使いわかりやすく説明し、自分の意見もしっかりと述べ、5分間にまとめることができました多文化コミュニケーション学科での今までの学びをうまく組み込んでいたものも多く、1年間でたくさんのことを学んだことがよくわかる内容でした

コンペティションを終えた学生H.K.さんとM.K.さんからの感想をご紹介します
**************************************

H.K.さんからの感想
湯淺ゼミの学生は、パワーポイントを上手く使っていて、説明もとてもわかりやすく、自分の意見も結論に盛り込み、とても素晴らしいプレゼンテーションばかりでした今回、私はこのプレゼンテーションを通して、将来必要となる「相手に伝える」という能力を身につけることができたと思います今後は、このゼミのメンバーみんなが今回の経験を活かし、様々な場所でこの能力を発揮できればいいなと思います
M.K.さんからの感想
みなさん興味深いテーマを選定していて、多文化コミュニケーション学科ならではの視点で行われていたプレゼンテーションだったと思いますパワーポイントも文章ばかりでなく、画像を入れたり、見やすいように工夫をしていたりと、とてもわかりやすいものが多かったです調べた内容を単に述べるのではなく、自分の経験や意見を入れていたことも良かったと思います今回、初めてのプレゼンテーションをする学生もいたのにも関わらず、みなさんレベルが高かったと思いますしかし、ほとんどの人が早口になり、原稿を見ながら話していたのは、少しもったいなかったです
私は今回のプレゼンテーションを通して、緊張している中で笑顔を絶やさずに話すことがどれだけ難しいことかが分かりましたこれからも笑顔を心掛けながら、プレゼンテーションを行いたいです

**************************************

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

理学療法学科設立10周年記念事業を開催しました☆☆☆

2017年02月14日

写真は同窓生が10周年のお祝いにと贈ってくれたお花です


去る1月28日(土)に『甲南女子大学看護リハビリテーション学部 理学療法学科設立10周年記念式典』として
講演会&祝賀会が開催されました

講演会は、日本理学療法士協会職能課主任の野崎展史氏をお招きし、
「理学療法士を取り巻く環境」をテーマに、今後の理学療法士のあり方などについてお話を伺いました
講演には臨床実習指導者や卒業生など85名の参加がありました。
その後は、祝賀会として場所を移しパーティーが開かれました
学科設立時より携わって下さった関係者の方や臨床実習指導の先生方をはじめ、
同窓生からも多数の参加があり、まるで同窓会さながらの和気あいあいとした雰囲気に包まれ、終始和やかな集いとなりました

100名あまりの関係者の皆様にご出席していただき、たくさんの方々にご祝辞を戴く中で、
全員で10年間の歩みを振りながら、いろいろな方々に支えられてこの10年を迎えることが出来たと改めて実感しました

卒業生からはこんなコメントも
(Facebookアカウントをお持ちの方はコチラから是非ご覧ください)

「1期生でよかった。
南女を卒業してよかった。
ここで過ごせたことを誇りに思います。

めちゃくちゃな1期生を社会に送り出してくれて、卒業してからも変わらずよくして下さる先生方に出会えたことに感謝します。
すてきな先生方に育てて頂いて幸せです

祝賀会にもたくさんの方たちが参加してくださって本当にいろんな人に支えられてきたんだなと改めて思いました。」


これからは、ますます同窓生も増えて力強く発展していける気がします

Posted by 理学療法学科 │ 理学療法学科のブログ

多文化☆講演会「企業からみたグローバル人材」

2017年02月09日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は基礎演習Ⅱの授業で行われた講演会「企業からみたグローバル人材」についてご紹介したいと思います

昨今、経済のグローバル化が進む中、企業もグローバル人材の獲得・育成を強化しています今回の講演会では企業研修・採用の現場からみるグローバル人材についてお話していただきました

途中からグループに分かれ、「企業のグループ化とはどのようなことか?」、「グローバル社会で必要な能力は?」、「企業が大学生に期待することとは?」、「社会で生きる学生時代の経験」などのテーマについて話し合いながら、理解を深めていきました

講演会を終えた学生からの感想をご紹介したいと思います
**************************************

私は大学に入ってからの目標は留学することでしたが、ただなんとなくしたいという気持ちでいましたしかし、今日の講演を聞き、「何の目標で」、「何を得たいのか」ということが重要だと感じましたもう一度、留学に対する気持ちを考え直し、今後の過ごし方を変えていこうと思いました


高校生の時から就職には語学を学ぶことが有利だと思い、この甲南女子大学の多文化コミュニケーション学科に入りました今日の講演を聞いて、語学だけを学んでいても、社会に出てもあまり意味がないことを知りましたこれからは語学だけでなく、積極的に発言する力、議論できる力なども合わせて身につけていきたいと思いました

企業をグローバルの視点で見ると、日本の会議の進め方も今から徐々に変わっていくのではないかと思いました日本人はもっと意見を言うべきだと言われていますが、今日の講演を聞き、自分の意見を持ち、発信することが大切だと改めて感じましたまた日本人は声が小さいというお話を聞いて驚きました私はそのように思っていなかったので、これからは自分自身も気をつけていこうと思いました今日の講演会で学んだことをこれからの学生生活に活かしていこうと思います


今日の講演を聞いて、会議をする中で日本と海外ではこんなにも違うのかというぐらい違いがあることに驚きました日本の会議では聞き手に徹し、上下関係を尊重するけれど、欧米の会議では自分の意見をしっかりと発言し、発信することが大切だということですこれは留学や海外に行った時に、自分の意見や意志を言うことに繋がると思います将来の為にも今回の貴重なお話を聞けて、とても良かったです

**************************************

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

☆新しい絵本の紹介☆

2017年02月07日

みなさんこんにちは
2月はあっという間に過ぎてしまいますね~
春休みは楽しく過ごしていますか?

今回は、コモンルームに新に入った絵本の紹介です
こんなにもたくさんの絵本が加わりました
絵本にはその年齢、場面に応じた選び方があります

お片づけができるようになるため・・・
食事が楽しくなるように・・・
歯磨きが上手にできるように・・・
仲直りはどうやってしようかな・・・
「ありがとう」を伝えるには・・・
また、日本の伝統的な事柄について・・・
世界のお話、お祭りなどについて・・・

多くのことを絵本を通じて伝えることができるでしょう

みなさんは、実習や就職先で、子ども達にどんな絵本を読もうかな?
どんな風にお話しようかな?など悩みませんか?
そんな時、図書館やコモンルームにある絵本を
のぞいてみてください
いろんなアイディアがありますよ

こんな絵本が見たい!こんな絵本ないですか?など、
ご要望があればいつでもコモンルームに来てください

コモンルーム窓側の棚にも、
その時々にオススメの絵本を紹介しています

みなさん読みに来てくださいね

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

卒業研究発表会

2017年02月06日

2月3日(金)に行われた、
卒業研究発表会の様子をご紹介します

4年生はこの1年間頑張ってきた
自分の研究の成果を発表しました

授業のない日も大学に来て、自分の研究をまとめたり
ゼミの先生に見ていただいて、
より良い文章になるように何度も書き直していました

発表会場の教室はピリッとした緊張感がただよっていましたよ
その緊張感の中でもしっかりと
それぞれの研究を発表できていました
練習の成果が出せているように感じました
発表会を見学していた3年生も
「先輩たちの発表を見てとても勉強になった
「来年の自分の発表に活かしたい
などの意見があり、たくさん得たものがあったようです

3年生にとっても、4年生にとっても
自分を大きく成長させる良い経験になったのではないでしょうか


Posted by 生活環境学科 │ 生活環境学科のブログ

多文化☆国立民族学博物館

2017年02月03日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今週は「文化人類学Ⅱ」の授業の一環で、国立民族博物館に行った学生からの報告書が届きましたので、ご紹介したいと思います
**************************************

先日、文化人類学Ⅱの授業の一環で、国立民族学博物館に行ってきました

この博物館には、人々の暮らしや社会について研究する人類学者たちが世界中から集めてきた貴重な資料が展示されていますほとんどの展示物が現地で実際に使われている(使われていた)ものです

普段の授業では、海とともに暮らしてきた人々の生活や文化について学んでいます
映像を見たり、先生の経験に基づいた話を聞いたりと、いつも分かりやすく教えていただいています

それでも、なんとなくイメージしにくかった海の生活でしたしかし、国立民族学博物館で先生の解説を聞きながら多くの展示物を実際に見てみると、より理解を深めることができました
様々な方法で船を造り、海を渡り、世界の隅々にまで移動した人類の壮大さに感動しましたそして、「自分たちが生きている現代は、多くの困難を乗り越え生き抜いてきた人類の賜物だ」ということにも気づくことができました

今回の学びは、異なる文化をもつ人に出会ったとき、多様性を尊重しあうための大切な基盤になっていくことでしょう

ちなみに、館内のレストランで食べた東南アジアの料理がとても美味しかったので、行かれる方は是非食べてみてください

**************************************

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

卒業制作選抜展を開催します

2017年02月03日

2017年2月23日(木)~28日(火)にメディア表現学科による
卒業制作選抜展を以下の通り開催します

゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜+。:..:。+゜
開催日時 :2016年2月25日(木)~3月1日(火)
       11:00~19:00 (最終日は15:00まで)
会 場 : アート〇美空間Saga
      神戸市中央区下山手通2丁目13-18観音寺ビル1階
      (阪急三宮駅西口より徒歩5分) 地図はコチラ  
゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜゜+。:..:。+゜+。:..:。+゜

今年卒業をするメディア表現学科8期生たちが提出した卒業制作の中から、選りすぐりの
作品を展示します
具体的には写真・視覚文化研究ゼミ、メディア・デザイン研究ゼミ、アニメーション制作ゼミ、イラストレーション・絵本研究ゼミの優秀作品を集めました
4年間の学びの成果がつまった作品たちです。多くの方にご覧いただければと思います。
皆さま、ぜひお越しください

この卒展が、4年間学んできた学生たちの力や想いを伝える良い機会になりますように

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

1年生衣川ゼミの活動について☆☆

2017年02月02日

総合子ども学科コモンルームです
来週はいよいよバレンタインがやってきますね
みなさんはどうされるんですか?

さて、今回は衣川先生からのレポートをお届けします

************************************************************

皆さん、こんにちは。
寒い日が続いていますが、お変わりないですか?
さて、後期1年生ゼミの様子を、ご紹介いたします。
保育・教育現場を1年生の時から体験してもらおうと,
今回は「甲南こども園」「甲南幼稚園」「本山東児童館」に
臨地授業でお邪魔し、子ども達の様子や保育者との関わりなどを見学しました。
子ども達とも触れ合う事ができました。それぞれ回数は少なかったですが、
現場の様子を知る事ができました。
「甲南幼稚園」では、生活発表会の練習も見学させていただき、
先生が園児に劇の指導をされている様子を目の当たりに見る事ができました。
「本山東児童館」では、“すこやかクラブ”(未就園児対象)の子ども達と遊ばせていただいたり、
クリスマスには自分たちで考えたペープサートシアターなどで発表をさせて頂き、
楽しい一時を過ごさせて頂きました。
準備する時間が短い中、みんな頑張りました。
当日の子ども達の反応も良く、楽しいクリスマス会になりました。
写真は、その時の様子です。

************************************************************

Posted by 総合子ども学科 │ 総合子ども学科のブログ

第1回 看護職者の成長を支援する講座を開催しました

2017年02月01日

2016年12月17日に第1回看護職者の成長を支援する講座を開催いたしました。
この講座は、看護リハビリテーション学部看護学科開設10周年を経て、今後も看護職者お一人おひとりが輝くための成長を支援するために企画いたしました。
当日は、臨床現場で活躍されている様々なキャリア段階の方々にお越しいただきました。

第1回は「看護職者の成長~人を育て、自分を育つ~」をテーマに3名の先生方にご講演をいただきました。
講演1「成人学習者として、学ぶ-教える」では、看護学科長 前川幸子先生より、成人学習者の特徴を生かした学びとは何か、教育理論を基に、体験したことを如何に「経験」として学びにしていくかをお話していただきました。

講演2「キャリアプラトーを越えて」では、看護学研究科教授 青山ヒフミ先生より、キャリアプラトーとは何か、キャリアにおける意味やそのことが看護にどのように活かされるのか、青山先生ご自身の体験を振り返りながら、お話していただきました。

講演3「コーチング~対話的看護~」では、総合子ども学科准教授 梅崎高行先生より、コーチングとは何か、そしてコーチングを用いて自分と対象者がより良い関係性を築くためには何が大切かをお話していただきました。

そして講演後のディスカッションでは、3名の先生方と会場にお越しいただいた方々と様々な意見が交わされました。
参加された方それぞれが、普段どのような教育的関わりをしているのかを振り返り、成人学習者として人を教育しながら、自分も学んでいるのだということ、また自身のキャリアについても振り返ることができる有意義な時間となりました。

第2回は決まり次第お知らせいたしますので、どうぞお楽しみに!

Posted by 看護学科 │ 看護学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab