学科日誌ブログ

学科日誌ブログ

多文化☆海外研修フェア

2017年06月23日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です
今週は多文化海外研修フェアについてお伝えしようと思います
留学から帰国した学生が1年生向けに留学報告を行いました
発表者は韓国(淑明女子大学校)・フランス(ナント大学)・韓国(誠信女子大学)・インドネシア(日本語パートナーズ)・カナダ(リジャイナ大学)・中国(天津外国語大学国際交流学院)6名が報告してくれました
報告を聞いた学生のレポートが届いていますので紹介します
*************************************
(1年生 Nさん)
私は、もし留学に行くなら絶対英語圏が良いと思っていましたが、フランス語の先輩の話を聞いてフランスにも行きたいと思いましたフランスに行くのはとても不安があり、ある程度分かる英語と比べてフランス語は全くわからないので避けていましたが、もっとフランス語を頑張ろうと思いました
(1年生 Iさん)
留学の事は少し理解していたつもりでいたけれど費用や住む場所の事は具体的には考えていなかったので今回の多文化海外研修フェアは非常に為になった。言葉の違いだけでなく文化や食べ物の違いを話で聞くだけでなく実際に自分の肌で感じたいと思った。またその国の歴史についても調べないといけないと感じました
(1年生 Yさん)
どの経験談もきっかけや目標が様々で聞いていておもしろかったです全ての発表を聞いて一番思った事は、目標をはっきりさせることはとても大事だという事ですこれは留学だけに言えることではないので自分も何か目標をもって様々なことに挑戦したいです
(1年生 Nさん)
留学をしたいしたいと言うだけじゃなくて、留学する為に「今何をするのか」「そこで何をして何を学びたいのか」という事をしっかり考えないといけないなと思いました。言語だけに集中せずに文化・社会の事にも力を入れなきゃなと感じました
**************************************
先輩方の話を1年生の学生達はメモをとったりして真剣に話を聞いていました
留学に行くだけがゴールではなくその先に何をしなければいけないのかという事を先輩からヒントをもらえたようです目標に向かって頑張ってください

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

コモンルームイベント

2017年06月23日

みなさん、こんにちは

先日、コモンルームにて大学院説明会を実施致しました
説明会と言っても、現役の院生さんにお昼ご飯を食べながら、疑問に思っている事を聞こうというフランクなスタンスです
内部推薦で入った方と一般で入った方、それぞれ一名づつ来ていただき、学部生10名が各々事前に考えてきた質問をしていました
皆さん聞きたいことが聞けて、今後の励みになったようです
4年生は本番に向けて、細かな事も聞けて良かったと一年生は「勉強頑張ろうと思いました」と皆さん有意義な時間を過ごしていただけて嬉しいです
そして終わった今、コモンルームではたなばたに向けて準備中
心理学科のみなさん、コモンルームの笹を一緒に飾りませんか
みなさんでステキな笹飾りにして下さい
短冊も折り紙もカウンターに準備して、皆さんがいらっしゃるのをお待ちしております

Posted by 心理学科 │ 心理学科のブログ

Nachos Day!!

2017年06月22日

本日のお昼休み、e-spaceでは"Nachos Day"のEventが開かれました

Nachos(ナチョス)とはメキシコ発祥の料理
トルティーヤチップスにトマトサルサやビーンズなどをトッピングし、
その上から溶けたチーズをかけたものを、
ワカモレと呼ばれるアボカドのソースにつけて食べるのが一般的です
お昼休みになると、e-spaceは超満員
待ちに待ったNachos Dayのスタートです

まずはナチョスに関するクイズから
ナチョスはいつ生まれた?「ナチョス」の意味とは?などなど、トリビアで盛り上がりました
その間にスタッフたちがナチョスを準備し、電子レンジで加熱すると、
e-space中にいい香りがただよい始めます
しばらく待つとアツアツのナチョスのできあがり
感想は??
「チップスは食べたことあるけどナチョスは初めて食べた
「美味しい」「豆の味がする」「酸っぱい味が強い
「ボリュームがあってお腹いっぱいになった

来週はTravel Week
次はどこに旅をしてみましょうか?

Posted by 英語文化学科 │ 英語文化学科のブログ

インタビューレポート

2017年06月22日

6月6日に行われた水野晶子先生(毎日放送アナウンサー)の「インタビューレポート」では落語家の桂かい枝さんをお招きし、英語落語とかい枝さんへの
記者会見スタイルでのインタビューが行われました

「世界の人たちにも落語の楽しさを伝えたい」と1997年より古典落語を英訳し、英語による落語公演をスタートされた桂かい枝さん。
今回の演題は動物園でトラの皮を着て、オリの中でトラのフリをすることになった男の
「動物園」というお噺です
分かりやすい英語で、落語を初めて観る学生も大笑い

英語落語の後は学生からのインタビューです
桂かい枝さんのプロフィールで得た情報をもとに質問を考えたり、授業で習ったインタビューのテクニックを使ったりしながら、
それぞれ自分にしかできない質問となるよう工夫し、初めて記者会見スタイルの
インタビューに挑戦しました。
落語家になったきっかけや、印象に残っていること、公演をしてみたい会場などの
学生からの質問に、桂かい枝さんは笑いを交えながら丁寧に答えてくださいました

学生に授業の感想を聞いたところ「ありきたりじゃない、ここでしか聞けない質問になるように工夫しました」「普通にお話されているだけなのに、すべてが語りかけるように聞こえました」「何を聞いてもポンポンと返してくださって、改めて噺家さんのすごさを感じました」と答えてくれました

桂かい枝さんありがとうございました。

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

色彩検定勉強会

2017年06月20日

みなさんこんにちは

生活環境学科コモンルームでは、
毎週火曜日のお昼休みに色彩検定の勉強会を行っています

お昼ごはんを食べながら勉強会に参加できるので、
2限と3限に授業が入っていても、お昼ご飯を食べる時間の心配はいりません

資格取得のためにみんな真剣に取り組んでいますよ

勉強会では主に、過去問の解説が行われています
学生が間違えた問題を、森先生が重点的に解説して下さいます

アットホームな雰囲気なので質問もしやすく、より理解が深まります

試験日までいよいよあと1週間をきりました
4月から行ってきた勉強会もついに今回で最後でした
学生からは「寂しい」という声があがっていましたよ

試験日までラストスパート、合格に向けて頑張りましょう

Posted by 生活環境学科 │ 生活環境学科のブログ

学科長の中野加都子先生が、環境大臣賞を受賞されました!

2017年06月19日

環境省では、毎年6月の環境月間にあわせて、
環境保全、地域環境保全および地域環境美化に関して、顕著な功績があった方に対し、
その功績をたたえるため「環境大臣賞」の表彰が行われています

中野先生は、神戸市環境保全審議会委員を務め、
神戸市の環境行政に多岐にわたって助言されています

また、環境保全の普及啓発にも熱心に取り組まれていることから、今年度は、神戸市の推薦を受けて「地域環境保全功労者」として表彰されました


詳細については以下の環境省のHPに紹介されています
環境省のHPはこちらから


表彰式は6月14日(水)にグランドアーク半蔵門で行われました



いつも素敵な笑顔の中野先生
ご功績に対して、心から敬意を表します

Posted by 生活環境学科 │ 生活環境学科のブログ

【メディア表現学科】第47回クリエーターズフォーラム「ギークガール、アキバ系クリエーター降臨!」

2017年06月19日

メディア表現学科が開催している、各分野の第一線で活躍するクリエイターを招き、現場の生の声を聴くことができるクリエーターズフォーラムが、6月22(木)3限に開催となります

詳細は以下の通りです
✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾
「ギークガール、アキバ系クリエーター降臨!」

講演者:Julie Watai ジュリ・ワタイ (クリエーター・アーティスト・DJ)
2017年6月22日13:00~14:30
911教室(9号館1階)
※一般来聴可

アイドルとして活動した後、24歳で単身イタリアに渡り、イタリアの美術書籍出
版社DRAGO&ARTSからフォトグラファーとして「SAMURAIGIRL」(2006年)を出版。
帰国後も、CGコラージュを駆使したカラフルポップな独自の世界観が評価を受け、フォトグラファー、アートディレクターとしての活動をしながら、ミュージシャン、タレント、DJ、モデルとしてもジャンルレスに活動を始める。電子工作の世界に造詣が深く、
ギークガールとしても名高い。近著に、全ページをセルフポートレイトで制作した作品集「トーキョー・フューチャー・クラシック」。

※入場無料、お申込み不要
※駐車場はございませんので、自家用車でのご来場はご遠慮ください。
お問合せ先:メディア表現学科コモンルーム
TEL:078-413-5398 (平日9:00~17:00)
Email: cms@konan-wu.ac.jp

✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

学習奨励賞

2017年06月19日

先日、『学習奨励賞』(前年度の学業面、人物面ともに優れた学生に贈られる賞)授与式が行われました

日本語日本文化学科からは最優秀賞3名(2~4年生各学年1名)
が選ばれました

4年生からは吉村美香さん
「嬉しさと同時に驚きもあり実際に表彰状を頂くまで
何かの間違いではないかと思っていたほどです笑
ホスピタリティが学びたくて入学し、
最終学年で賞まで頂くことができ本当に嬉しいです。
残り少ししかない学生生活も全力で突き抜けます!!!」

3年生からは岸本茉莉さん
「授賞の通知を受けて、唯々驚いております。
しかし、振り返る良い機会となりました。
入学以来、数えきれないほど多くの人たちと出会い、多くの事を教わり、経験させていただきました。
今の自分があるのは、その人たちのおかげであると実感しています。今後、勉強に勇往邁進していきたいと思います。」

2年生からは杉原翆さん
「去年の秋に、学習奨励賞というものがあることを知り、大学生活の一つの目標として、まじめに頑張ってきた結果、選んでいただけたことに本当に驚きましたが、素直にうれしかったです。
選ばれた時は、達成感とまた来年に向けて頑張ろうと思いました。
やはり、目標、目的を持って取り組めば、人は力を発揮できるのかなと、この賞を通じて感じました。
来年も選んで頂けるように、また今年度も頑張るつもりです。」

みなさん、充実した学生生活を送られているようです



Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

CCCU交流訪問プログラムで足浴の演習を行いました

2017年06月16日

6月5日(月)~6月9日(金)、イギリスCanterbury Christ Church University (CCCU)より9名の学生が、看護学科交流訪問プログラムのために来学されました。
5日間という短い滞在期間でしたが、Basic Japanese Lessonや茶道体験、病院見学など、様々なプログラムがあり、その一環として行われた足浴の演習についてご紹介します。

日本の病院では、清潔を保つだけでなく、リラクゼーションや入眠を促すことを目的として、足浴が行われます。しかし、イギリスではリラクゼーションを目的として足浴を行うことはありません。
そのためCCCUの学生たちには、「日本の清潔習慣についての歴史・文化と看護ケア」についての講義を通して、足浴というケアの日本的な意義や科学的効果を理解して頂きました。
その後、CCCUの学生が選んだ入浴剤を使って、本学の学生が足浴を実施しました。
学生たちは「お湯の温度は何℃くらいが好みですか」「時差で身体は疲れていませんか」など看護専門職英語で学んだことを活かして、CCCUの学生に様々な質問をしながら足浴を行いました。CCCUの学生達も実際に足浴を体験して、とても心地良さそうな表情がみられました
演習後の振り返りでは、CCCUのAndrew Southgate先生が「私達は情報を得ようとスピーディーにコミュニケーションを取るが、甲南女子大学の学生たちは足浴をしながらとても心地よいペースで話してくれた。足浴はただの技術ではなく、心と体とが繋がったコミュニケーションを可能にするケアだと実感した」と感想を述べられました。

今回のプログラムは、CCCUおよび本学の学生・教員が互いの習慣や文化、価値観の違いについて知るだけでなく、様々な文化的背景を踏まえて看護を行うことの大切さについて考える、よい機会となりました

Posted by 看護学科 │ 看護学科のブログ

多文化☆青空教室

2017年06月16日

こんにちは
多文化コミュニケーション学科です

今日は高橋先生のゼミの授業風景をレポートします
大学の授業は室内ばかりと思いがちですが
たまに外で授業を行ったりします
この日はとってもいい天気
勉強も気持ちよくできそうですね

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab