学科日誌ブログ

学科日誌ブログ

2018年度 フードスペシャリスト資格試験の結果

2019年02月18日

フードスペシャリストは、
食に関する幅広い知識と技術を身につけた食の専門家です

フードスペシャリストのカリキュラムでは、
食の本質が「おいしさ」、「楽しさ」、「おもてなし」にあることをしっかり学び
(フードスペシャリスト論、フードコーディネート論)、
それを支える官能評価・鑑別論、調理学、食物学などの教育に力を入れています

フードスペシャリストは、フードスペシャリスト協会から認定された
大学・短大で学んで単位を取得し、
認定試験に合格することにより取得できる資格です

2018年度は、12月16日(日)に
フードスペシャリスト資格認定試験が行われました

今年度の受験生24名は全員が生活環境学科の学生でした
そして、結果は、22名合格合格率91.7%
全国平均87.5%よりも高い合格率です
また、超難関の専門フードスペシャリストの試験(食品流通・サービス)に
1名が合格しました

11月後半から12月の試験直前まで実施される対策講座は、
毎回全員出席で、熱心に勉強した成果ですね

フードスペシャリストは、食品の開発・製造、流通、販売、外食などを担う食品産業をはじめ、
食関係の広範な分野での活躍が期待されています
後輩も頑張りましょうね

(図は、フードスペシャリスト協会ホームページより)

Posted by 生活環境学科 │ 生活環境学科のブログ

西宮阪急 4年生がコトコトステージでセミナーを担当しました!

2019年02月14日

西宮阪急とのコラボの一環として、
生活環境学科・濵口ゼミ4年生の安藤麻梨奈さん、安藤沙恵さん、梅田侑佳さんが
学習・体験型イベント「コトコトステージ」のセミナーを
2月12日(火)に担当しました
参加は20名限定
応募者は多数で抽選となりました


今回は、「チョコ パン・デピス」をご紹介しました
「パン・デピス」は、香辛料(エピス Épice)がたっぷり入ったフランスの伝統菓子です
お菓子というよりパンに近い食感です
チョコレートを加えてバレンタインデー向けにアレンジしました
油脂、砂糖は使用せず、チョコレートとはちみつを使い、
素朴な味わいでスパイスが効いています
下準備さえすればあとは混ぜるだけ
簡単に作れます
生活環境学科のクックパッドにレシピを掲載しましたので、
ぜひ作ってみてください
生活環境学科のクックパッド

また、生活環境学科と株式会社ウエシマコーヒーフーズのコラボで開発したコーヒー
「Debut」とともに味わっていただくために、
お客様にもハンドドリップを体験してもらいました


梅田侑佳さんは、お菓子作りのデモを担当
安藤麻梨奈さんは、コーヒードリップのデモを担当
安藤沙恵さんは、パワーポイントを使用してお菓子やコーヒーのポイントを説明
11月に2回担当しているので、準備は慣れたもの
しかし、デモや説明は緊張すると何度も何度も練習をしたそうです

お客様の感想は、「とても美味しかった」、
「ハンドドリップができるなんてサプライズで嬉しかった」など、大好評でした

大学生活最後のイベント
終わった後は、「とっても楽しかった 」と、3人は笑顔がいっぱいでした
この経験を生かして、卒業後も頑張って下さい

Posted by 生活環境学科 │ 生活環境学科のブログ

助産学領域 在校生・卒業生交流会

2019年02月13日

 こんにちは、看護学科です
今回は、助産学領域で行っている「在校生・卒業生交流会」の様子をご紹介します。こちらの交流会は、卒業研究発表会終了後に毎年開催され、今年も38名の賑やかな会となりました。
 交流会では、はじめに、4年生から1年間の助産師選択コース(助産師教育課程)における学びの内容についてのプレゼンテーションがありました。
その後、プレゼンテーションを聞いた1~3年生の質問に4年生が答えます。「大変だった講義・演習」「緊張して臨んだ筆記試験と実技試験」「長かった助産学実習」などについて話す一方、これから助産コースを目指す下級生に、「大変だったけど、みんなで協力したら乗り切れるから!」と、励ます声が聞かれました。1~3年生からは「気軽に先輩にお話しが聞けた」、連絡先を交換して「これからも交流できそうで心強い」との感想がありました。
 また、交流会では卒業生にもお話を聞くことができます在校生にとって憧れの助産師さんである卒業生は、就職活動や臨床現場での助産師の経験などの質問に答えていました。
中でも4年生は、国家試験対策や就職に向けて病棟の様子を具体的に聴くことで安心できたようでした
 このように、4年間の大学生活で助産師の勉強をすることは4年間の大学生活でハードですが、卒業した先輩・在学中の後輩と直に接することでの「顔の見える強いつながり」が支えになり、頑張ろうと思える、小集団としての強みがあります。
今後もこの善き伝統を、助産学領域で続けていけるよう、教員はサポートしていきます

Posted by 看護学科 │ 看護学科のブログ

【学生の活動】写真展「拝啓、愛しい人へ」開催

2019年02月12日

メディア表現学科在学生のsakiさん。
以前にもsakiさんの個展について紹介させて頂きました。
 sakiさん個展「日々のこと」

今回開催される、写真展「拝啓、愛しい人へ」では
sakiさんはDMの写真撮影、デザインを担当されました。
写真展も素敵なものとなっております。
是非、お越しください。


写真展「拝啓、愛しい人へ」
日時:2019年2月13日(水)-2月26日(火)
   10:00-19:00(最終日18:00まで)
場所:FRAME*(最寄駅:阪急甲東園)

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

なでしこ講座 京都実習編☆

2019年02月12日

こんにちは
日本語日本文化学科です

2月9日土曜日に日文の1年生の希望者を対象に
『なでしこ講座』と呼ばれる着物着付け教室の最終回が
京都で開催されました

大学内で3回講習を受けて4回目の本番が京都実習になります!
京都の街中にある京町屋の『ちおん舎』さんにて、着付け、香道、
お食事、茶道と1日で実習体験をさせていただきました
大学内で3回着付けの講習を受けてきたので、
着付けはスムーズにできるようになっていました

また、大学内の第3学生会館の和室にて、お茶席の席入りなども
教わっていたのでそちらも今回の京都実習で活かせていました

最初は緊張していた表情でしたが、段々と慣れてきて
学生さんも楽しんでくださっていました

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

おいしいデザートとともに…♡

2019年02月08日

みなさん,こんにちは医療栄養学科です。
本日行われた1年生懇親会の様子をお伝えします

かねてより学生委員会で企画されていた1年生懇親会
後期セメスター試験も終わり,「お疲れさま」の気持ちを込めて,アドバイザーグループ内での親睦を深めるため,開催されました

まずは,学生委員長が学生委員会の活動内容を報告しました
ランチミーティングやオープンキャンパス,大学祭など,医療栄養学科を盛り上げてくれた1年間をスライドとともに報告。

続いて,医療栄養学科の学生が多数所属する“村おこしプロジェクトCountry Road同好準備会”によるご案内
3月に味噌づくり体験があります

ついに!待ちに待ったデザートビュッフェ
色とりどりのミニケーキにムース,プリン,杏仁豆腐など,百貨店の豪華でかわいいデザートが並びます
学生委員会が準備してくれたジュースやお菓子もてんこ盛り
宇佐美学部長による乾杯のご挨拶後,いざ!突撃

甘くておいしいデザートをほおばり,幸せな気持ちに浸っているなか…
「クイズ あの時,君は若かった!」スタートですアドバイザーグループ対抗景品あり
先生たちの若かりし頃の写真がスライドに出され,各アドバイザーグループで解答を相談します。
「誰?誰?」「〇〇先生!」と大盛り上がりでした

企画から買い出し,ゲーム考案,司会進行,すべて学生委員会のメンバーが担当しました

最後は寺尾学科長からご挨拶。
「大人のマナー」をしっかり教えてください,締めてくださいました

一年間,本当にいろいろなことがありました。
入学して間もないころ,同じ場所で新入生歓迎パーティーを行いました。
あれから,はや1年が経とうとしています。2年生になると実験実習が始まり,後輩を迎え入れます。
教員からエールを送られた学生たちは,気持ちを新たにしました

忘れてはならないのが,春休みの課題これからの長期休暇,学生は自宅学習に取り組みます。

頑張るときは,頑張る。楽しむときは楽しむ。そんなメリハリのある医療栄養学科です

元気な姿で4月に会いましょう

Posted by 医療栄養学科 │ 医療栄養学科のブログ

多文化☆韓国の大学生と交流♪

2019年02月08日

こんにちは

多文化コミュニケーション学科です

神戸は、昨日まで暖かかったですが、今日から寒い日が続くようです
地域によってはとても寒い日が続くところがあるようですね

皆さま体調にはどうぞご自愛ください
さて先月末、多文化コミュニケーション学科に
韓国の淑明女子大学校からの女子大学生が20名程いらっしゃいました

2年生の行動演習の一環で、身近な日本食を紹介しようということで、
李ゼミのみなさんが、やきそばとみたらし団子を作ってふるまいました

BGMにKpopを流しながら、ノリノリで焼きそばを食べておられましたよ

韓国語や日本語で話をして、とても和気あいあいな雰囲気
とても楽しそうでした

文化を介して交流するには色々な形があるんですね

Posted by 多文化コミュニケーション学科 │ 多文化コミュニケーション学科のブログ

兵庫県立但馬長寿の郷での地域理学療法実習

2019年02月07日

本学科2年生が、地域理学療法学実習として兵庫県立但馬長寿の郷で学習、体験をさせていただきました。
1日目は、実際に地域で活躍されている先生方から、症例を通じたご経験を交えた講義をしていただき、地域での臨床場面の理解につながりました。
2日目には、施設内の福祉用具展示場にて、福祉用具を用いた実習を行い、その重要性について学習しました。
その後、グループ学習にて今回の実習の振り返り、まとめを行いました。
活発な意見交換ができており、自分の将来について考えるきっかけになったようです。
1泊2日での実習で、施設のロッジに宿泊しました。
ナイトセミナーの後はジュースで乾杯し、仲間との親睦を深めたようです!

Posted by 理学療法学科 │ 理学療法学科のブログ

和の暮らしを楽しむ♪

2019年02月07日

こんにちは
日本語日本文化学科です

2月5日に人間科学部事務課主催のイベント「和の暮らしを楽しむ」
-四季折々の年中行事-番外編が開催されました
生活環境学科の濵口郁枝先生と濵口ゼミの学生さんを中心に
参加者全員で「だしを使った欲張り献立」を作りました!

そのイベントの中で日本語日本文化学科の米田明美先生の
「出汁の素 -鰹と昆布の歴史-」の講義をされました!
今回はそのイベントの様子をお伝えしようと思います
今回のイベントには日本語日本文化学科の学生さんや先生、職員も
参加させていただきました

献立の内容は
・ごはん
・鶏肉と長ネギのうま煮
・大根と椎茸のお味噌汁
・かつお節のふりかけ
・黒ゴマあんスティック
・たたきキュウリの梅肉和え
と栄養のバランスも満点!で味も美味しかったです

また自宅で作ってみようかなーという
学生さんのお声もたくさんありました
そしてみんなで作った料理を食べながら
米田先生のお話を伺いました

講義の内容は
出汁でよく使われる鰹と昆布の歴史についてや
関西と関東での出汁の違い、縁起物になぜ使われているか!
など米田先生がとてもわかりやすく解説してくださいました

食材の歴史も一緒に学べて貴重な経験ができました
参加された学生さん、先生、職員の方々も美味しかったと大絶賛でした

Posted by 日本語日本文化学科 │ 日本語日本文化学科のブログ

2018年度卒業制作選抜展のご案内

2019年02月07日


2018年度 メディア表現学科卒業制作選抜展を
下記の通り開催いたします

皆様、ぜひお越しください

......................................

日時:2019年2月21日(木)-26日(火)
   11:00-19:00(最終日は15:00まで)
場所:アート○美空間Saga
内容:メディア表現学科では、多様化する情報社会において、
   文字、画像、音、動画、身体、インターネットなどを用いた
   メディア表現への関心をもとに、メディア表
   現と人との関係や、メディア表現が社会に及ぼす影響等を学んできました。
   3年次からは、ある特定のメディアの分野を主軸とした
   研究ゼミ活動が始まります。
   そして2年間で、それぞれのメディアの特性と自己表現との関係性を考察し、
   論述あるいは作品化してゆきます。
   さて、本展では、写真・デザイン・インターネット・動画といった
   メディア分野の作品を、選抜して発表することとなりました。
   現代の学生の視点は多様で、実に豊かな感性を持っています。
   ぜひご高覧ください。

......................................

Posted by メディア表現学科 │ メディア表現学科のブログ

新しい記事過去の記事

tab