文化社会学科

興味からはじまる学びで、
社会で活躍できる力を習得。

学科ブログ

アドミッションポリシー

詳しく見る

文化社会学科では、身の回りで起こっているさまざまな社会現象に対して、自ら動いて情報を集め、集めた情報をもとに自分で答えを出し、
その答えを人に向けて的確に伝えることのできる人材を育成します。
これらの諸能力は、実社会のどんな仕事や場面でも必要とされる諸能力です。
このような本学科の教育目標に基づいて、以下のような学生を求めます。

関心・意欲・態度 さまざまな現代文化・社会現象・社会問題に関心を持つ、好奇心旺盛な人
社会に氾濫する情報の真偽を自分の目で確かめ、周囲の意見に流されない自分の考えを持ちたいと思う人
インタビューやアンケートなどの「取材」(社会調査)の手法に関心がある人
知識・教養 社会学の諸分野を学ぶにあたり、必要な基礎学力*を習得した人
*高等学校までに履修した主要教科(国語、英語、社会、数学、理科)の基礎的な知識
思考力・判断力・表現力 ひとつの対象をさまざまな角度から事実(データ)をもとに考察することができる人
知識・教養を基盤として適切な判断のできる人
自分の意見やアイディアを的確な方法で表現することができる人
協働性・主体性 人と協力して、集団的な活動ができる人
自ら考えて動くことができる人

POINT ・ 1

身近な興味が学びの出発点
社会のあらゆる物事にアプローチできる

詳しく見る

興味のあるものを何でも研究対象にできるため、楽しみながら知識を深めることができます。音楽やファッション、観光、スポーツ、恋愛、SNS、ファン活動など、幅広いテーマを考察します。

現代文化の最前線に幅広くふれ、
自分の興味・関心から大学での
勉強をスタート。

文化社会学科の学びのすべては、身近な興味や関心からスタートします。まずは現代文化を幅広く見渡し、自分がもっと知りたいと思うテーマを発見し、情報収集を行います。さまざまな切り口から興味を追究できるのが、文化社会学科のおもしろさです。

[テーマ例]

ファッションのことが知りたい/流行と音楽の関係性について/イベントやフェスに興味がある/漫画を読むのが好き/地元の取り組みが気になる/ 現代の結婚への価値観/趣味と仕事の両立/人気のスポーツを調べたい

POINT ・ 2

データの収集から分析、発表まで、
社会で求められるスキルを習得する

詳しく見る

自分自身でデータを収集し、それを分析して自分なりの考えを引き出します。さらに、その結果を発表する場を設け、わかりやすく人に伝えるためのプレゼンテーションの方法を学びます。

さまざまなフィールドワークの
方法を学んで実践。
自ら発信する力を身につける。

自分で集めた情報をもとに、現場を訪れてインタビューを行います。質問内容の設定や取材依頼、データ収集と分析という学びを通して、実践的なコミュニケーション力を身につけ、将来、社会人として活躍するための素地をつくります。さらに分析の成果を先生や仲間の前で発表することでプレゼンテーションスキルが養われます。こうしたフィールドワークを通して、視野が広がり、思考力も磨かれます。

POINT ・ 3

幅広い分野の仕事に応用できる
「仕事に生きる知性」を身につける

詳しく見る

広く学んで、人とかかわり、人や社会の多様性を理解する力を身につけます。フィールドワークを通して、行動力とコミュニケーション力を磨きます。卒業生は、文化社会学科での学びを生かして、さまざまな業界で活躍しています。

POINT ・ 4

社会で活躍する
ゲストスピーカーによる講演会

詳しく見る

文化社会学科の学びへの
入門授業
現代文化にかかわる多様な分野で活躍している方たちに、活動内容について語っていただきます。ゲストのお話や資料から現代文化を自分の視点でとらえ、レポートにまとめます。
[これまでのゲスト]
漫才師、ヨガインストラクター、ミュージシャン、テレビ番組構成作家、モデル、映画の配給会社スタッフ、ラジオDJ、情報雑誌編集者 など
現役新聞記者が語る、
“取材活動の実際”
現役の新聞記者の方から、取材活動についてお話を伺い、取材・撮影に必要な知識やスキルについて詳しく学びます。「取材のコツは“自分だけのワクワク”を見つけること」など、現場で活躍されている現役の新聞記者ならではのアドバイスをいただきます。
プロのモデルから所作を学ぶ
「美を磨くレッスン」
1年次の後期に、プロのモデルを講師に招いて「美を磨くレッスン」を開催しています。レッスンでは、先生から一人ずつ丁寧に指導を受けながら、立ち方、座り方、歩き方など、しぐさを美しく見せるコツを習得。美意識や美しい身のこなしについて学びます。

POINT ・ 5

行政や企業と実践的な学びに
取り組む

詳しく見る

ワコールによる下着セミナー
ワコールによる下着セミナーで
女性文化を考察
米澤ゼミでは、企業とのコラボレーション活動によって女性文化を学ぶ授業を行っています。株式会社ワコールによる下着セミナーでは、100年におよぶブラジャーの歴史や、理想の体型がどのように変化してきたのかを学びます。下着を通して、女性の心と体をめぐる問題について考えます。
公園に設置する遊具を提案
神戸市内の公園に設置する
遊具を提案
文化社会学科では、さまざまな現場で実践的な学びが経験できるフィールドワークが充実しています。例えば、公園をテーマにしたゼミの活動で、神戸市ほか関係団体の協力を得て、公園の遊具のデザインを提案しました。太陽や月をテーマにしたカラフルなデザインは、近隣の子どもたちに好評です。
カフェのプロモーションを提案
カフェの
プロモーションを提案
複数の大学がエントリーするコンペティション「実践型課題解決プロジェクト」で、大阪・北堀江にオープンする洋服のリフォーム&カフェと連携。SNSを使ったプロモーションが高く評価されました。

POINT ・6

卒業研究にみる多彩な学び
〜卒業研究のススメ〜

詳しく見る

文化社会学科の学びの集大成となるのが、4年次に取り組む卒業研究です。
学生たちは、自分の最も興味のある分野から、研究テーマを決定。
講義やフィールドワークで身につけた力を最大限に活用し、ひとつのテーマと向きあいます。

Theme

ロックフェスで生まれる壁
―それぞれが楽しむためには―

矢野 萌子さん(4年)

矢野 萌子さん(4年)
兵庫/県立 姫路南高等学校出身

ファン同士の対立はなぜ生じるのか。フィールドワークを通して、誰もが楽しめるロックフェスについて考察しました。

ロックフェスでファンが対立する原因を研究しました。フィールドワークを行ううちに、対立は現場よりもSNS上で頻繁に起こることがわかりました。直接言えない不満も、SNSなら気軽に発信できるので、それが対立の原因になるようです。ただし、SNSがファン同士の貴重な交流の場になるケースも見受けられ、SNSの利点と欠点が浮き彫りになりました。対立を収めるヒントは、ファンの意識改革やSNSの活用方法にあると感じました。文化社会学科で学んだ4年間で、物事の問題点を見極め、考える力がつきました。

Theme

私の地域活性化論
―三田から町おこしを考える―

伊関 菜美さん(4年)

伊関 菜美さん(4年)
兵庫/県立 北摂三田高等学校出身

地元三田での経験をきっかけに、「地域活性化とは何か」を研究。身につけた多角的な思考力で、自分なりの結論を導き出せました。

兵庫県の地域活性化を図る団体に所属し、地元・三田市の行事のお手伝いをしました。この活動を通して自分たちが本当に地域の役に立っているのか疑問に感じ、研究テーマにしました。まずは、三田でどんな活動があるかを調べ、代表の方などに交渉してインタビューを行いました。さらに他の地域の事例とも比較研究した結果、「地域特性にあわせること」「継続すること」の重要性が浮かび上がってきました。4年間の学びを通して、自分で疑問を持ち、調べ、掘り下げる、行動力と思考力が身につきました。

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2017年度)のものです。

授業・カリキュラム

家族社会学
家族社会学さまざまな時代や文化における家族について学び、現代の家族の問題を考察。家族の現状について、多角的な視点から考える力を身につけます。
文化社会学基礎演習Ⅰ・Ⅱ
文化社会学基礎演習Ⅰ・Ⅱ現代文化において自分が関心のあるテーマを掘り下げて研究し、発表します。問題発見、調査・発表、討論、論文作成など、大学での学びに欠かせない基礎能力を養成します。
フィールドワーク演習
フィールドワーク演習いろいろな場所でインタビューや観察調査を行う授業です。取材先の選定やアポイント取りや取材など、すべて学生たちが自ら取り組みます。

取得できる資格・免許

  • 司書
  • 学芸員
  • 児童指導員任用資格
  • フードスペシャリスト
  • レクリエーション・インストラクター など

主な就職先

住友生命保険相互会社/日本郵便株式会社/全日本空輸株式会社/東京地下鉄株式会社/株式会社マイナビ/ダイワボウ情報システム株式会社/大和ハウス工業株式会社/三井ホーム株式会社/株式会社イオン銀行/株式会社オンワード樫山/高見株式会社/株式会社アイランド/株式会社キャン/株式会社ホテルニューアワジ/住友不動産販売株式会社/株式会社ビッグモーター/京都中央信用金庫/グリーン大阪農業協同組合 など

(2018年3月卒業生)

INTERVIEW

内定者インタビュー

臼井 胡桃さん(4年)
臼井 胡桃さん(4年)兵庫/県立 神戸鈴蘭台高等学校出身

興味を掘り下げる学びで、
視野が広がりました。

興味を持ったことなら分野を問わず学びの対象になることが文化社会学科の魅力です。学外の方に自分でアポイントを取って取材する授業もあり、コミュニケーションの手法や、社会人としてのマナーを身につけました。先生や学生同士の距離が近いので、いろんな人と意見交換しながら幅広いものの見方を学べたことも成長につながりました。

言葉を通して相手の心を
動かせる人になりたいです。

内定をいただいたのは、就職情報サイトを運営している会社です。学科で身につけたディスカッションやプレゼンテーションのスキルを生かして、営業職として活躍したいです。そして、さまざまな人との出会いを通して人間力を磨き、自分の言葉で誰かの心を動かせるような存在になりたいと思います。

[ 株式会社マイナビ 内定 ]

卒業生インタビュー

西村 絵美さん
西村 絵美さん2017年3月 人間科学部 文化社会学科卒業

“深く考える力”を新たな提案につなげ、
ブランドの魅力を広く伝えたいです。

在学中はアパレル店でアルバイトをし、「マネキンに着せた服は売れやすいのか」など、ファッションに関連づけたテーマを研究しました。就職先では、ただ売るのではなく、付加価値を提供できる働きがしたいと、風通しのいい今の会社を選びました。実際、若手の意見も積極的に求められ、やりがいを実感しています。プラスアルファのサービスを心がけた接客に対し、お客様が喜んでくださるとうれしくなります。購入者の多くは大人の女性ですが、私たちのバッグはカジュアルな服装にあわせても映えるもの。そんな若者向けのスタイルをSNSで広めるプランを提案したところ高評価でした。学科の学びで物事を深く考える力が身についたので、今後も新たな提案をしていきたいと思います。

[ 株式会社アンテプリマジャパン 勤務 ]

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2017年度)のものです。

教員インタビュー

米澤 泉准教授
米澤 泉准教授[女子学(化粧文化、ファッション文化、雑誌など)]

人と出会い、社会を見つめながら、
柔軟に生きる力を
身につけてください。

文化社会学科は、身近な文化や社会現象について考える学科です。学生たちは、興味があるテーマを、自由に選んで研究しています。「気になる」と感じたことを、とことん調べて追究できる点が、この学科の大きな特長です。好奇心が旺盛な人にぴったりの学習環境だと思います。文化社会学科のもうひとつの特長は、フィールドワークをする機会が多いことです。学生たちはたくさんの人と交流して学び、積極性やコミュニケ-ション能力などを磨いています。社会学の研究を通して培う分析力や観察力は、将来、仕事でも、プライベートでもきっと役に立つでしょう。学生のみなさんには、型にとらわれずに柔軟に生きていく力をつけてほしいと思います。