心理学科

こころの数だけ、答えがある。

学科ブログ

RECOMMENDED CONTENTS

アドミッションポリシー

詳しく見る

心理学科では、次のような学生を求めます。

関心・意欲・態度 心理学を学びそのことをこれからの社会に貢献できるよう表現していく発信力と行動力を有している人 知識・教養 心理学の諸領域の幅広い教養と専門的知識を学ぶにあたり、高等学校までに履修した
国語、数学、英語、社会、理科などの心理現象を理解するのに必要な基礎的な学力を習得している人 思考力・判断力・表現力 人の行動やその心理に強い関心を持って、科学的態度で臨むことができ、客観的にものごとに対処しようとする姿勢と実践力を有している人 協働性・主体性 自主的、積極的に学ぶ意欲を持って、演習・実習などの少人数クラスによく適応し、主体的にグループワークに参加しようとする態度を持っている人

POINT ・ 1

5つのテーマから心理学を学習

詳しく見る

心理学は、日常で起こる心の動きを解き明かす学問。5 つの視点からこころのしくみについて学ぶ

1知覚・認知心理学領域

目に入っているものが
見えているとは限らない?

周囲で大勢がわいわい話をしていても、自分の話し相手の言葉は容易に聞き取れますよね。これは、注意を向けた対象の情報を抽出するメカニズムが関係しています。逆に、注意が向かないと危険なことも。スマホを操作しながら歩くと、視界に入っていたはずなのに車が目の前に来るまで気がつかない、ということが起こりうるのです。知覚・認知心理学領域では、このような認知の不思議にも迫ります。

2福祉・犯罪心理学領域

“荒れる10代”は人類共通の合言葉?

若者の迷惑行為が報道されると「昔はこんな若者はいなかった」などと言われます。しかし、心理学の研究では、時代や地域を問わず、人は思春期になると非行などの逸脱行為をするものだと判明しています。思春期の犯罪は、その点も考慮に入れて分析する必要があります。犯罪心理学は、犯罪を心理学的に研究することで、犯罪の予防をめざします。

3パーソナリティ・社会心理学領域

先生が口うるさいのは、
性格が短気だから?

人は、他人の行動の原因を、その人の性格によるものだと判断しがちです。あれこれ注意している先生は、短気な性格なのではなく、「先生だから指導をしなきゃ」という責任感から行動しているのかもしれません。立場や状況も含めて考えれば、相手の行動をより理解することができ、コミュニケーションも円滑になります。この領域では、人の性格や対人関係のなかでのこころの働きを研究します。

4発達・学習心理学領域

女の子はどうして
つい悪口を言っちゃうの?

人の攻撃性は5歳頃から性差が出てきます。男の子は何で遊ぶかを重視しますが、女の子にとっては誰と遊ぶかが大切。女の子は人との関係性を重視するあまり、男の子のような暴力とは違い、悪口で仲間関係を操作するような攻撃性を見せるのです。発達・学習心理学領域では、人の生涯を通じた心身の発達や学習の過程を追い、どう変化していくかを学びます。

5臨床心理学領域

“残り半分”のとらえ方で
幸せ度は変わってくる?

物事のとらえ方には個人によってクセがあります。例えば、大好きなケーキが残り半分になったとき、「まだ半分ある」ならプラス、「もう半分しかない」ならマイナスの感情につながるもの。同じ現象でも過度にネガティブにとらえてしまうと、生活に支障をきたしかねません。こういったズレを本人に気づいてもらい修正するのも、心理療法の目的の一つです。

POINT ・ 2

公認心理師(国家資格)と、
臨床心理士をめざす

詳しく見る

新たな国家資格・公認心理師と、臨床心理士の資格取得をめざす

国家資格・公認心理師の資格取得まで

国家資格・公認心理師の資格取得まで
国家資格・公認心理師の資格取得まで)

本学大学院へ進学し、公認心理師、臨床心理士をめざす

※注意点※
【学部】公認心理師の受験資格を得るためには、4年制大学等において公認心理師に必要な省令で定める科目を修得し、大学院において同省令で定める科目の修得または、大学卒業後、同省令で定める施設における所定の実務経験が必要です。
【大学院】公認心理師の受験資格を得るためには、大学院に入学するまでに、4年制大学等において公認心理師に必要な省令で定める科目を修得していなければなりません。

トークテーマ

心理職をめざして大学院に進学

幅広い領域の心理学が学びたくて甲南女子大学へ。
臨床心理士と公認心理師の資格取得をめざします。

進路を決めるにあたり多くの本を読み、最も惹かれたのが心理学です。もっと知りたいという好奇心が高まり、幅広い領域が学べる甲南女子大学へ。開講している授業は最大限に履修できるよう努めました。広く学ぶことで各領域がどのように関連しているのかもわかり、多角的に物事を考えられるようになったと思います。さまざまな専門分野の先生方がいらっしゃるおかげで、多彩な視点から心の働きを見つめられました。卒業後は、新設された公認心理師の国家資格もめざせる本学の大学院に進学します。臨床心理士の資格も取得し、子どもから大人まで広い世代の方を支援できる心理職に就きたいです。

POINT ・ 3

データ収集・分析から
社会で生きる論理的な思考力を養成

詳しく見る

グループワークによる実験・実習から、社会や現場に生きるスキルを育成
グループワークで、社会や現場に生きるスキルを育成グループワークによる実験・実習を通じて、責任感やコミュニケーション能力が養えるほか、一連の取り組みからマーケティングで役立つ洞察力も身につきます。このように日々の学びのすべてが、社会で役立つスキルの習得にもつながっています。
心理学科生の基本を学ぶ「心理学基礎ゼミナールI・II」
心理学科生の基本を学ぶ
「心理学基礎ゼミナールI・II」
心理学科で4年間学んでいくための基本を学ぶ授業です。前期では、文章を作成する力や発表する力などを習得し、後期にはインタビューなどのフィールド演習に挑戦します。身近な問題を題材に、リサーチを行うプロセスを体験します。
データの収集・分析に挑戦する「心理測定法実習」
データの収集・分析に挑戦する
「心理測定法実習」
心理学の研究に欠かせない測定方法を学ぶ授業です。まず心理測定の基本を学び、そのうえで簡単な心理検査を体験し、データの収集・分析方法を学びます。分析結果からレポートを作成する練習も行い、文書作成力も養います。
統計学をやさしく解説する「心理学統計法I」
統計学をやさしく解説する
「心理学統計法I」
心を分析するときは、経験や直感だけでなく、データを読み解く科学的な思考が求められます。この授業では、心理分析に必要な統計学について学びます。最終的には、Excelを使って目の前のデータを分析できるようになることをめざします。

POINT ・ 4

ボランティアや臨地実習で、
心理学を学ぶ

詳しく見る

心理学科では、児童館や病院で子どもをサポートするボランティアや動物園、刑務所などを訪問する臨地実習などを行っています。現場におもむき、人と接することで、心理学への理解を深めます。

ボランティアや臨地実習で、心理学を学ぶ
福祉施設や病院での
ボランティア活動を推進
心理学の学びを実践する場として、ボランティア活動を推進しています。児童館などの福祉施設や、幼稚園で子どもたちと交流したり、病院で子どもをサポートしたり、ボランティアを通じて子どものこころの成長と発達を学びます。多くの人とかかわる中で、心理学への理解がより豊かなものとなります。
ボランティアや臨地実習で、心理学を学ぶ
動物園や刑務所などを
訪問する臨地実習
実社会を見学し、実践的に心理学の学びを深める臨地実習を積極的に取り入れています。例えば、実習で学んだことをもとに、卒業研究で動物の行動観察を選択する学生もいます(於王子動物園)。また、「心理学ゼミナールⅠ」では犯罪心理学の理解を深めるため、刑務所などの施設を参観しています。

POINT ・ 5

実験・調査・学習に取り組める
充実の環境

詳しく見る

大学院生が親身になって
学習をサポート
心理学科のコモンルームには、本学大学院で学ぶ大学院生が、ティーチングアシスタントとして在席しています。授業に関する質問から統計ソフトの使い方、データ分析方法、レポートのまとめ方など、学習にかかわるさまざまなアドバイスを実施。何でも気軽に相談できる存在として学生たちから頼りにされています。
心理学を学ぶための基盤
「じぶんポートフォリオ」
大学の環境や自分の時間を最大限に有効活用するため、日々の学習内容や生活スタイル、週間スケジュール、目標や課題点などを書き込んだポートフォリオを作成します。それに基づいて、心理学の勉強法や実験、研究をしていくための基盤を養います。
心理学科コモンルーム
心理学科コモンルーム専門書やパソコンがあり、自習やグループ学習、教員や大学院生との交流の場などに活用されています。
実験室
実験室防音と照明コントロールができる実験室のほか、子どもの動きが観察できる施設などもあります。
心理臨床センター こころの相談室
心理臨床センター
こころの相談室
一般の方々に開かれた相談室。本学大学院を卒業した臨床心理士がカウンセラーとして勤務しています。

授業・カリキュラム

心理測定法実習
心理測定法実習知覚・認知・社会など各心理学の分野に関する実験実習を行います。分析結果からレポートも作成。卒業論文にも生かせるスキルと文書作成力を養います。
臨床心理学概論
臨床心理学概論こころの問題がなぜ起こるのかを考えるため、心理学の歴史や基礎理論、専門用語について広く学習します。また、臨床での対人援助の具体的な方法についても理解を深めます。
心理学ゼミナールⅠ
心理学ゼミナールⅠ“ものを見るしくみ”を解明し、科学的な視点から心理学にアプローチします。例えば、日常生活の中でもよく起きる現象、「錯視」について研究します。

取得できる資格・免許

  • 公認心理師
  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • 司書
  • 学芸員
  • レクリエーション・インストラクター
  • 児童指導員任用資格
  • フードスペシャリスト など

「公認心理師」は心理学領域で初めての国家資格です(2017年施行)。
甲南女子大学心理学科では、2018年4月より公認心理師の国家試験受験資格が取得可能なカリキュラムを開講しています。
は国家試験受験資格です。

主な就職先

株式会社三菱UFJ銀行/株式会社福岡銀行/株式会社紀陽銀行/大阪シティ信用金庫/岡三証券株式会社/日本生命保険相互会社/兵庫県警察本部/市川町役場/PwC京都監査法人/株式会社しまむら/株式会社ファミリア/株式会社プリントパック/株式会社ライフコーポレーション/株式会社カインズ/三菱電機ビルテクノサービス株式会社/エスペック株式会社/イカリソース株式会社/株式会社コスモス薬品/株式会社井田コーポレーション など

(2019年3月卒業生)

INTERVIEW

内定者インタビュー

橋爪 実穂さん(4年)
橋爪 実穂さん(4年)兵庫/県立 有馬高等学校出身

データ分析力など、
仕事に役立つ力が身につきました。

心理学科の授業は、心理学の幅広い領域に触れられる点が魅力です。たとえば、身近な行動を分析する社会心理学の授業や、チンパンジーが色を識別する力を研究する認知心理学の授業などがあり、好奇心が刺激されました。また、調査や実験をする機会が多く、それを通して、情報を集める方法、統計をとる方法、データを分析する方法などを学ぶことができました。おかげで、ものごとを客観的に見つめる姿勢や、論理的に考える習慣が身についたと思います。内定をいただいたのは、化粧品などの開発や卸を手がける企業です。営業職に就く予定なので、心理学科で培った情報収集力や分析力をマーケティングに生かし、お客様の信頼を獲得していきたいです。

[ 株式会社井田コーポレーション 内定 ]

卒業生インタビュー

江藤 有里さん
江藤 有里さん2013年3月 人間科学部 心理学科卒業
[ 京都府 宇治児童相談所 勤務 ]

大学時代に幅広く学べたおかげで
興味が高まり、
児童福祉司に。子どもの問題解決をめざしています。

地元である京都府の児童相談所で子どもたちが抱える虐待や非行などの問題を解決するために児童福祉司として働いています。子どもを担当をする心理判定員とペアを組み、保護者や関係機関への対応を担当しています。親御さんが自身の問題点に気づくなど、良い方向に進展するとやりがいを覚えます。もともとは漠然とした興味で心理学を専攻しましたが、甲南女子大学での幅広い学びから興味が高まり、大学院に進んで専門職に就こうという目標ができました。実生活にも役立つ社会心理学や現在の仕事にも役立つ犯罪心理学など、どの授業も勉強になり、今も大学時代のノートを見返すことがあります。公認心理師の国家資格が新設されたことを受け、甲南女子大学では受験に対応できるカリキュラムが組み込まれているとのこと。学生時代に吸収できることが増えるのは羨ましいです。心理学は専門職はもちろん一般企業でも役立つ学びなので、まだ夢が定まっていない人の進路も開けると思います。

[ 京都府 宇治児童相談所 勤務 ]

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2018年度)のものです。