心理学科

こころの理解を、誰かの支えに。学ぶのは社会に役立つ心理学。

学科ブログ

RECOMMENDED CONTENTS

アドミッションポリシー

詳しく見る

心理学科では、次のような学生を求めます。

知識・技能 心理学の諸領域の幅広い教養と専門的知識を学ぶにあたり、高等学校までに履修した国語、数学、英語、社会、理科の基礎的な学力を習得した人
思考力・判断力・表現力 人の行動やその心理に強い関心を持って、科学的態度で臨むことができ、学んだことを社会に貢献できるよう表現していく力を持っている人
主体性・共同性・意欲 自主的、積極的に学ぶ意欲を持って、実験・実習などの少人数クラスによく適応し、率先してグループワークに参加しようとする態度を持っている人

POINT ・ 1

5つのテーマから心理学を学習

詳しく見る

心理学は、日常で起こる心の動きを解き明かす学問。5 つの視点からこころのしくみについて学ぶ

1知覚・認知心理学領域

目に入っているものが
見えているとは限らない?

周囲で大勢がわいわい話をしていても、自分の話し相手の言葉は容易に聞き取れますよね。これは、注意を向けた対象の情報を抽出するメカニズムが関係しています。逆に、注意が向かないと危険なことも。スマホを操作しながら歩くと、視界に入っていたはずなのに車が目の前に来るまで気がつかない、ということが起こりうるのです。知覚・認知心理学領域では、このような認知の不思議にも迫ります。

2福祉・犯罪心理学領域

“荒れる10代”は人類共通の合言葉?

若者の迷惑行為が報道されると「昔はこんな若者はいなかった」などと言われます。しかし、心理学の研究では、時代や地域を問わず、人は思春期になると非行などの逸脱行為をするものだと判明しています。思春期の犯罪は、その点も考慮に入れて分析する必要があります。犯罪心理学は、犯罪を心理学的に研究することで、犯罪の予防をめざします。

3パーソナリティ・社会心理学領域

先生が口うるさいのは、
性格が短気だから?

人は、他人の行動の原因を、その人の性格によるものだと判断しがちです。あれこれ注意している先生は、短気な性格なのではなく、「先生だから指導をしなきゃ」という責任感から行動しているのかもしれません。立場や状況も含めて考えれば、相手の行動をより理解することができ、コミュニケーションも円滑になります。この領域では、人の性格や対人関係のなかでのこころの働きを研究します。

4発達・学習心理学領域

女の子はどうして
つい悪口を言っちゃうの?

人の攻撃性は5歳頃から性差が出てきます。男の子は何で遊ぶかを重視しますが、女の子にとっては誰と遊ぶかが大切。女の子は人との関係性を重視するあまり、男の子のような暴力とは違い、悪口で仲間関係を操作するような攻撃性を見せるのです。発達・学習心理学領域では、人の生涯を通じた心身の発達や学習の過程を追い、どう変化していくかを学びます。

5臨床心理学領域

“残り半分”のとらえ方で
幸せ度は変わってくる?

物事のとらえ方には個人によってクセがあります。例えば、大好きなケーキが残り半分になったとき、「まだ半分ある」ならプラス、「もう半分しかない」ならマイナスの感情につながるもの。同じ現象でも過度にネガティブにとらえてしまうと、生活に支障をきたしかねません。こういったズレを本人に気づいてもらい修正するのも、心理療法の目的の一つです。

POINT ・ 2

公認心理師(国家資格)と、
臨床心理士をめざす

詳しく見る

2018年度より心理職初の国家資格「公認心理師」の受験資格取得に必要なカリキュラムを開講いたします。これにより、2018年度の入学者から公認心理師の資格取得を目指すことが可能となります。

また、本学大学院は、臨床心理士養成第1種指定大学院に認定されており、臨床心理士については、引き続き、大学院を修了することによって受験資格が得られます。学部においては公認心理師資格取得を、大学院においては公認心理師および臨床心理士の資格取得を目指すことができます。

※注意点※
【学部】公認心理師の受験資格を得るためには、4年制大学等において公認心理師に必要な省令で定める科目を修得し、大学院において同省令で定める科目の修得または、大学卒業後、同省令で定める施設における所定の実務経験が必要です。
【大学院】公認心理師の受験資格を得るためには、大学院に入学するまでに、4年制大学等において公認心理師に必要な省令で定める科目を修得していなければなりません。

国家資格・公認心理師の資格取得まで

国家資格・公認心理師の資格取得まで
国家資格・公認心理師の資格取得まで)

本学大学院へ進学し、公認心理師、臨床心理士をめざす

大学院 心理・教育学専攻 臨床心理学コース

大学院 心理・教育学専攻 臨床心理学コース

臨床の理論、知識、技能、認知行動療法、精神分析、森田療法などを学びます。
本大学院は臨床心理士養成第1種指定大学院に認定されています。
国家資格「公認心理師」の施行に伴い、心理・教育学専攻の臨床心理学コースでは2018年4月にカリキュラムを改編。
これまでの臨床心理士養成に加えて、公認心理師養成にも対応します。

(※公認心理師の受験資格には所定の学部単位も必要です。)

POINT ・ 3

データ収集・分析から
社会で生きる論理的な思考力を養成

詳しく見る

心理学科では、こころを科学的に解き明かす手法として、さまざまな調査や実験を行っています。収集データの分析や統計ソフトの使い方などを習得するとともに、論理的な思考力を鍛えます。また、グループワークによる実験・実習を通じて、責任感やコミュニケーション能力が養えるほか、一連の取り組みからマーケティングで役立つ洞察力も身につきます。このように日々の学びのすべてが、社会で役立つスキルの習得にもつながっているのです。

POINT ・ 4

ボランティアや臨地実習で、
心理学を学ぶ

詳しく見る

心理学科では、児童館や病院で子どもをサポートするボランティアや動物園、刑務所などを訪問する臨地実習などを行っています。現場におもむき、人と接することで、心理学への理解を深めます。

ボランティアや臨地実習で、心理学を学ぶ
福祉施設や病院での
ボランティア活動を推進
心理学の学びを実践する場として、ボランティア活動を推進しています。児童館などの福祉施設や、幼稚園で子どもたちと交流したり、病院で子どもをサポートしたり、ボランティアを通じて子どものこころの成長と発達を学びます。多くの人とかかわる中で、心理学への理解がより豊かなものとなります。
ボランティアや臨地実習で、心理学を学ぶ
動物園や刑務所などを
訪問する臨地実習
実社会を見学し、実践的に心理学の学びを深める臨地実習を積極的に取り入れています。例えば、実習で学んだことをもとに、卒業研究で動物の行動観察を選択する学生もいます(於王子動物園)。また、「心理学ゼミナールⅠ」では犯罪心理学の理解を深めるため、刑務所などの施設を参観しています。

POINT ・ 5

実験・調査・学習に取り組める
充実の施設

詳しく見る

大学院生が親身になって
学習をサポート
心理学科のコモンルームには、本学大学院で学ぶ大学院生が、ティーチングアシスタントとして在席しています。授業に関する質問から統計ソフトの使い方、データ分析方法、レポートのまとめ方など、学習にかかわるさまざまなアドバイスを実施。何でも気軽に相談できる存在として学生たちから頼りにされています。
心理学科コモンルーム
心理学科コモンルーム専門書やパソコンがあり、自習やグループ学習、教員や大学院生との交流の場などに活用されています。
実験室
実験室防音と照明コントロールができる実験室のほか、子どもの動きが観察できる施設などもあります。
心理臨床センター こころの相談室
心理臨床センター
こころの相談室
一般の方々に開かれた相談室。本学大学院を卒業した臨床心理士がカウンセラーとして勤務しています。

授業・カリキュラム

心理測定法実習
心理測定法実習知覚・認知・社会など各心理学の分野に関する実験実習を行います。分析結果からレポートも作成。卒業論文にも生かせるスキルと文書作成力を養います。
臨床心理学概論
臨床心理学概論こころの問題がなぜ起こるのかを考えるため、心理学の歴史や基礎理論、専門用語について広く学習します。また、臨床での対人援助の具体的な方法についても理解を深めます。
心理学ゼミナールⅠ(井上ゼミ)
心理学ゼミナールⅠ(井上ゼミ)“ものを見るしくみ”を解明し、科学的な視点から心理学にアプローチします。例えば、日常生活の中でもよく起きる現象、「錯視」について研究します。

取得できる資格・免許

  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • 公認心理師※2
  • 司書
  • 学芸員
  • レクリエーション・インストラクター
  • 児童指導員任用資格
  • フードスペシャリスト など

※2 国家資格「公認心理師」への本学の対応について 「公認心理師」は心理学領域で初めての国家資格です(2017年施行)。甲南女子大学心理学科では、2018年4月より公認心理師の国家試験受験資格が取得可能なカリキュラムを開講しています。

主な就職先

株式会社三井住友銀行/株式会社ゆうちょ銀行/株式会社中国銀行/大和証券株式会社/住友生命保険相互会社/あいおいニッセイ同和損害保険株式会社/株式会社エイチ・アイ・エス/ダイワボウ情報システム株式会社/株式会社長谷工システムズ/日本食研ホールディングス株式会社/株式会社ツヴァイ/株式会社エスクリ/株式会社ゾフ/株式会社ストライプインターナショナル/住友不動産販売株式会社/丸紅建材リース株式会社/商船港運株式会社 など

(2018年3月卒業生)

INTERVIEW

内定者インタビュー

谷本 美咲さん(4年)
谷本 美咲さん(4年)岡山/県立 林野高等学校出身

甲南女子大学での学びを通して、
自分らしさを発揮できるようになりました。

高校生の頃までは、積極的な方ではありませんでしたが、女子大学ならではの、おおらかな環境のなかで学ぶうちに、自分らしさを発揮できるようになりました。どんなことでも挑戦できる甲南女子大学だからこそ、おのずとリーダーシップが身につき、成長できたのだと思います。

「あなたがいて安心」と言われる
銀行員をめざします。

これまで支えてくださった方々に恩返ししたいという気持ちから、頑張る人を応援することができる地元の銀行を志望しました。心理学科での学びを生かして、銀行員としても、人としても、相手の話を丁寧に汲み取り、一人ひとり、一つひとつ誠実に向きあっていきたいと思います。お客様に、「あなたがいて安心」と言ってもらえる存在になることが目標です。

[ 株式会社中国銀行 内定 ]

卒業生インタビュー

万代 ツルエさん
万代 ツルエさん2000年3月 人間関係学科 心理学専攻※卒業
(※現・人間科学部 心理学科)
2003年3月 人文科学総合研究科 心理・教育学専攻博士前期課程修了

こころのケアを通して、
子どもの成長・発達を
見守る喜びと
やりがいを実感しています。

小児科外来や病棟、周産期病棟(NICU)で、子どもたちの心理検査やカウンセリング、出生前後の赤ちゃんと家族のこころのケアなどを担当しています。こころのケアを通して病気の子どもたちを支えたり、リスクを抱えて産まれた赤ちゃんの成長・発達を見守っていけることにやりがいを感じている日々です。臨床の現場では、目の前の子どもやお母さん一人ひとりにあったケアやサポートが必要です。その点では、大学で学んだ領域に偏らない幅広い心理学の知識や、研究を通して鍛えた理論の組み立て方、考え方がとても役に立っています。小児科に臨床心理士がいる病院はまだ少ないので、今後は学会での活動にも力を入れて活動内容を広め、私たちの後に続く人を一人でも増やしていきたいです。

[ 神戸大学医学部附属病院 勤務 ]

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2017年度)のものです。

教員インタビュー

井上 紗奈准教授
井上 紗奈准教授[比較認知科学、実験心理学]

自分にあった専門領域を見つけて追究し、
心理学の知見を社会で応用できる人に。

新設された国家資格・公認心理師の取得も見すえ、カリキュラムを刷新しました。心理学の基礎をしっかり学び、プロジェクトベースの学習による心理学の実践実習を通して理解を深めていきます。多領域にわたる心理学が学べ、各専門の先生方の活躍により、学外で学ぶ機会が多いのも本学の魅力。自ら考え分析する力を養うことで、専攻領域の選択肢が広がるよう導きます。学びを通して高めたコミュニケーション力は、学外からも高い評価を得ています。心理学をベースとした科学的な分析や統計学的な予測ができるようになれば、専門職に限らず広く社会で活躍できるでしょう。