看護学科

寄り添うことから始まる、看護。

学科ブログ

アドミッションポリシー

詳しく見る

看護学科では、以下のような学生を求めます。

1 人とかかわることを志向し、命の尊さや人々の健康と生活について理解しようとする姿勢を持つ人
2 看護実践力を身につけ、幅広い看護の分野で自分の能力を高めたいと考えている意欲的で知的好奇心が旺盛な人
3 高等学校までに学ぶべき教科(理科、数学、国語、英語、社会)を習得し、看護学を学ぶために必要な基礎学力を身につけた人

POINT ・ 1

4つの資格取得につながる、
多様な専門領域を学ぶ

詳しく見る

国家試験合格率は、
学科開設以来、常に全国平均を上回っています。
国家試験合格率は、学科開設以来、常に全国平均を上回っています。
国家試験合格率は、学科開設以来、常に全国平均を上回っています。

POINT ・ 2

多職種連携でチームケアを学ぶ

詳しく見る

多職種連携を学べる
充実した環境があります。

看護学科の目標は、対象者とそのご家族のニーズに応える「看護実践力」を養います。その基盤を形成する、多様な専門領域を学ぶことが、看護師・保健師・助産師・養護教諭の資格・免許取得につながります。

多職種連携を学べる充実した環境
看護学科の目標は、対象者とそのご家族のニーズに応える「看護実践力」の養成

4年間の「積み重ねる学び」で
看護実践力を着実に身につける

多領域にわたる講義と演習、臨地実習、さらには多職種連携についても学びます。また、最新の生体シミュレーターを使って実践的な状況で学べるシミュレーション教育も行っています。段階的に看護実践力を培うことができるカリキュラムで4年間の学びを積み重ねます。

段階的に看護実践力を培うことができるカリキュラム

POINT ・ 3

国際的な視野で「質の高いケア」が
できる看護職に

詳しく見る

CCCUナーシングスタディーツアー

近年、国際的な広い視野で、看護を実践できる看護職が求められています。医療英語や多文化理解に関する学びを導入し、国際力を強化。一人ひとりの対象者への理解が深まり、「質の高いケア」を提供できる医療人をめざします。

本学ならではのカリキュラムで国際力を強化する。国際都市神戸にふさわしい看護職をめざす「看護専門職英語」が学べるのは甲南女子大学のみ。教科書とオンライン自己学習システムはすべて独自開発したものです。英語が苦手でも楽しく学べる、と高評価を得ています。
訪問交流プログラム[すべての年次で学べます]海外の提携大学の学生を招き、授業や病院見学をともに行う訪問プログラムを実施しています。お互いの習慣や文化、価値観の違いを知るだけでなく、さまざまな文化的背景をふまえて看護を行うことの大切さについて、一緒に学びます。
海外研修[すべての年次で学べます]看護学科では、習熟度にあわせてどの学年でも対応できる海外研修のカリキュラムを用意しています。例えば、英国「カンタベリークライストチャーチ大学(CCCU)」では現地の学生と一緒に学びます。オーストラリアや香港などの海外研修では、語学や多文化を理解し、国際的な視野で看護を思考できる力を身につけます。

[海外研修費用を支給]
看護学科では、推薦入学選考G[国際力強化入試(小論文型)]GA〈専願〉・GB〈併願可〉(海外研修スカラシップ付き)の合格者を対象に、所定の選考基準を満たしている場合、海外研修費用を支給します。詳細はコチラ

POINT ・ 4

実績があるから実習先も充実&
実習先に担当教員が同行

詳しく見る

甲南病院
一般財団法人 甲南会甲南病院
松下記念病院
パナソニック健康保険組合松下記念病院
ミッション 淀川キリスト教病院
宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院
日本生命済生会付属 日本生命病院
公益財団法人日本生命済生会付属 日本生命病院

多くの卒業生が活躍する医療機関への実習

看護学科開設12年を迎え、多くの卒業生が医療機関で活躍しています。実習施設は、臨地実習の受け入れや就業支援などが可能な兵庫・大阪の医療機関が中心で、卒業生が指導を担当することもあります。先輩を含む指導者から教わることで、質の高い実習を行うことができます。

主な実習先

甲南病院、日本生命病院、淀川キリスト教病院、松下記念病院、神戸大学医学部附属病院、神戸市立医療センター中央市民病院、兵庫県立尼崎総合医療センター、兵庫県立ひょうごこころの医療センター、神戸赤十字病院、大阪市民病院機構、関西電力病院、JCHO大阪病院、兵庫県内訪問看護ステーション、兵庫県内健康福祉事務所・保健センター、地域包括支援センター、助産所、保育所、小中学校 など

充実のサポートで安心して取り組める実習

本学の臨地実習は、どの実習にも必ず本学の教員が同行し、実習指導者と調整しながら、きめ細かな指導を行っています。実習先でも教員に相談しやすく、安心して実習に臨めます。実習についてより理解しやすい講座も実施し、実習指導者との連携を深めています。

POINT ・ 5

国家試験や就職、将来を見据えた
手厚いサポート体制

詳しく見る

アドバイザー制度
アドバイザー制度卒業時まで担当教員がサポートする「アドバイザー制度」を採用。学習や学生生活全般にかかわる個別相談を行っています。また、先輩からのアドバイスが受けられる交流会や保護者との教育懇親会も実施。万全の体制で学生生活をサポートします。
国家試験対策
国家試験対策低学年から長期的な学習計画のもと、国家試験対策を行っています。模擬試験の実施後は、解説講座や集中セミナーのほか、成績に応じた補講も実施。少人数クラスできめ細かい指導を徹底しています。取得資格ごとの取り組み方法について、卒業生から直接話を聞くことができる場も設けています。
就職説明会
就職説明会病院や施設の採用担当者を大学へ招いて、就職説明会を行っています。卒業生が就職した施設のナースとして来学し、在学生の個別質問に応じるケースもあります。
臨地実習の前に正しいマナー習得
臨地実習の前に正しいマナー習得実習前にマナー講座を実施します。挨拶、身だしなみ、コミュニケーションの取り方など、卒業後も役に立つ知識や態度を学びます。

卒業生を迎えて、取得資格ごとに試験勉強の取り組みの実際をお話ししてもらい、その後直接情報交換を行うというサポートがあります。学生は先輩の成功体験を直接聞くことができ、自分の受験対策計画の参考にできます。

授業・カリキュラム

基盤実践看護学演習Ⅱ
基盤実践看護学演習Ⅱ看護に対する考え方、知識、看護技術の基本を学び、対象者のニードを整えるための日常生活援助を実践する力を養います。
臨床実践看護学演習Ⅰ
臨床実践看護学演習Ⅰ対象者のさまざまな年齢や状況に応じた診療の補助や生活援助技術を学び、看護実践力を高めます。
卒業研究
卒業研究4年間の学びの集大成として、自分でテーマを見つけて研究します。研究成果は論文としてまとめ、プレゼンテーションを行います。

取得できる資格・免許

  • 看護師
  • 保健師(選択、50名程度)
  • 助産師(選択、10名程度)
  • 養護教諭一種免許状(選択)
  • 受胎調節実地指導員(リプロヘルス・サポーター)〈助産師資格選択者のみ、申請により取得可能〉

は国家試験受験資格です。 ※保健師、助産師の各資格取得を希望する場合、どちらか1資格を選択。 ※助産師資格選択者は、養護教諭一種免許状を取得できません。

主な就職先

甲南病院/六甲アイランド甲南病院/松下記念病院/淀川キリスト教病院/神戸大学医学部附属病院/兵庫県立尼崎総合医療センター/神戸赤十字病院/関西電力病院/大阪母子医療センター/住友病院/西神戸医療センター/兵庫医科大学病院/大阪医科大学附属病院/関西医科大学附属病院/杏林大学医学部付属病院/国立循環器病研究センター/関西労災病院/尼崎市役所/横浜市役所/神戸市立魚崎小学校 など

(2019年3月卒業生)

INTERVIEW

内定者インタビュー

西嶋 愛さん(4年)
白石 那緒さん(4年) 兵庫/私立 甲南女子高等学校出身

助産師になるために、
努力を続ける大切さを学びました。

生命の誕生に立ち会える助産師という職業に憧れて、助産師の資格取得もめざせる甲南女子大学に入学しました。入学後は、授業で学んだ知識と技術を自分のものにするため、空き時間があれば実践の自己練習をくり返しました。友だちと放課後遅くまで特訓したこともあります。努力が認められ、学習奨励賞をいただいたことは自信になりました。また、そのような毎日のおかげで、看護師や助産師に欠かせない「学び続ける姿勢」も身についたと思います。卒業後は多彩な経験から学んでいきたいと考えて、ハイリスク出産などにも幅広く対応している病院を志望しました。妊産婦とそのご家族を丁寧に支え、常に女性と親子の味方であるような助産師をめざしたいです。

[ 神戸大学医学部附属病院 内定 ]

卒業生インタビュー

金田 茉莉さん
荒木 由梨佳さん2017年3月 看護リハビリテーション学部 看護学科卒業
[ 兵庫県立尼崎総合医療センター 勤務 ]

集中治療室の子どもたちへ
一人ひとりの思いを想像しながら
温かい看護を提供したい。

初めて受けた実技テストのことは、今でもよく思い出します。友人と何度も何度も練習して、緊張しながらテストに臨みました。それ以降も練習した車椅子での移送や洗髪は、現在も日々実践しています。また、さまざまな経験ができる臨床実習も、自分を成長させる良い機会になりました。実習先には毎回先生が同行してくださり、心強かったことを覚えています。「4年間で学んだことは、すべて今に生きている」という実感が強いです。現在はPICU(小児集中治療室)で働いています。患者さんの中には、意思疎通ができない状態の方もいます。だからこそ、相手の気持ちや感じ方を想像し、笑顔を絶やさず、たくさん声をかけて看護を行うように心がけています。少しでも回復のきざしがあれば、それだけで「がんばったね」と思って嬉しくなります。将来的には、甲南女子大学大学院に進学する可能性も考えています。卒業後のキャリアアップにつながる研究機関が母校にあることは、大変ありがたいと思います。

[ 兵庫県立尼崎総合医療センター 勤務 ]

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2018年度)のものです。