多文化コミュニケーション学科

世界と話して、世界にふれて、異文化理解から「信頼」を築く。

学科ブログ

アドミッションポリシー

詳しく見る

多文化コミュニケーション学科では、文化的背景が異なる多様な人々からなる社会で生きるための、
ことば・国際教養・行動力を総合的に学び、確かなコミュニケーション能力を身につけます。具体的には下記のような学生を求めます。

関心・意欲・態度 英語圏をはじめ、アジア、ヨーロッパの言語を話す人々の文化、民族、社会の課題について関心を持ち、主体的に学ぼうとする人
世界に目を向け、多様な文化的、社会的背景を持つ人々に出会い、意見を交わし合うことを目的とした
海外留学(長期、短期を含む)やスタディーツアーなどに意欲をもって参加できる人
日本社会や国際社会における課題解決に向けて積極的に行動したいと考える人
知識・教養 英語でのコミュニケーションを図れる基礎的な力を持っている人、
もしくは、韓国語、中国語、インドネシア語 、フランス語のいずれかの言語の基礎的な力を持っている人
グローバル社会で生じる様々な課題に対する基礎的な知識を持っている人
思考力・判断力・表現力 グローバル社会の中で多様な人々と関わりながら、批判的思考力、論理的判断力を駆使して
自身の意見を主体的に伝えられる言語表現力を持っている人
協働性・主体性 グローバル社会や地域社会の中で生じる様々な課題を理解し、多様な国や地域の人々の文化的背景に配慮しながら協働し、
より良い社会を構築していく主体性を持っている人

POINT ・ 1

英語+もう一つの言語を4年間で
習得&少人数制クラス

詳しく見る

英語+韓国語・中国語・インドネシア語・フランス語を身につける

世界は「英語+もう一つの言語」を話すことが必要となってきます。世界を舞台に活躍するためにも、しっかりと言語のスキルを身につけます。

英語+もう一つの言語を4年間で習得
英語+もう一つの言語を4年間で習得
英会話スクールECCの教育メソッド
多言語を操る力を養うために、
少人数制の授業で丁寧に指導。
1年次から、少人数制の授業できめ細かい指導を行います。これによって、語学の基礎はもちろん、語学を学ぶための基本的な姿勢も身につくように促します。また、英語の授業には英会話スクールECCの教育メソッドを導入し、レベル別のクラスで丁寧に指導。多言語の授業では、各言語の検定試験に向けた学習もサポートします。1週間に6コマ以上ある語学の授業で、英語+もう一つの言語を操る力を、徹底的に磨きます。

POINT ・ 2

多様な海外留学プログラムで
国際経験を積む

詳しく見る

多文化コミュニケーション学科では、学科生が積極的に留学や海外研修に参加することをめざしています。留学は、さまざまな国の友人をつくり、多文化を体験し、自分自身を知ることができる貴重な機会。勇気を出して世界へと踏み出す学生を、教員やスタッフが全力でサポートします。

長期留学
長期も短期もOK。留学先は世界中に約1週間から約1年間まで、短期・中期・長期と、さまざまな期間の留学プログラムがあります。また、イギリス、フランス、韓国、インドネシアなど、留学できる国も多彩。実力や目的にあわせて選択することが可能です。
短期海外研修
語学も専門分野も学べる「交換留学」フランス、韓国、中国のいずれかの大学に、交換留学生として通うことができます。交換留学をする場合は、現地の大学で正規の授業を受講することができます。交換留学・認定留学で修得した単位は甲南女子大学の単位として認定されます。
短期海外研修
国費留学生としてインドネシアへ学科開設以来、多くの学生が、インドネシア政府が募集する国費留学生に選ばれています。約1年間の滞在中に、言語だけでなく、舞踏や音楽などインドネシアの伝統文化も学びながら、異文化交流を体験します。
留学費用の全額を支給!金額面でも留学をサポート!
留学費用の全額を支給!金額面でも留学をサポート!

※ 詳しくは学生募集要項をご覧ください。

事前&事後のさまざまなサポートで、
より充実した留学に

気軽に語学力が磨ける多文化Square of Languages
気軽に語学力が磨ける
多文化Square of Languages
コモンルームでは、ネイティブスピーカーと気軽に交流できる時間を設けています。留学前の情報収集と語学力向上、留学後の語学力維持に最適です。
留学フェア&留学相談ウィーク
留学フェア&
留学相談ウィーク
留学を経験した先輩が、留学先での生活、授業、文化、食などについて紹介し、留学の魅力を伝えるイベントです。個別に質問や相談ができるコーナーでは、具体的なアドバイスを聞くこともできます。
留学前後に挑戦を。語学検定のサポート
留学前後に挑戦を。
語学検定のサポート
交換留学や認定留学の参加基準にもなっている語学検定。英語、韓国語、中国語、インドネシア語、フランス語の検定試験に向けた少人数制の対策講座や模擬試験を実施しています。留学前後の検定合格をサポートします。

POINT ・ 3

多文化な問題を解決できる力
を育む「行動演習」

詳しく見る

多文化コミュニケーション学科では、国際社会や地域社会で生じる課題を、さまざまな国の人と力をあわせて解決できる女性の育成をめざします。そのため、教育においては体験型学習を重視し、その機会を多数用意しています。例えば「行動演習」は、社会の現状を体験して学び、問題解決をめざして実際に行動する授業です。いろいろな人たちと交流しながら多彩な経験を積み、それを通して行動力やコミュニケーション能力などを養います。

多文化共生ボランティア
多文化共生ボランティア外国人の大人や外国人を親に持つ子どもに対して、日本語学習の支援を行います。このほか、国際交流イベントのサポートも実施。地域で暮らす外国人と交流しながら、多文化共生の現状を学びます。
インドネシアからの研修生を支援MP2(エム・ペー・ドゥア)
インドネシアからの研修生を支援
MP2(エム・ペー・ドゥア)
日本で看護師や介護福祉士の国家試験に臨むインドネシアからの研修生に対して、日本語学習のサポートや交流会を行います。
震災の復興支援を行う関西My Do girls ~Team南女~
震災の復興支援を行う
関西My Do girls ~Team南女~
日本にも影響を与えている中国の環境問題。この問題の解決をめざすNPOの指導のもと、沙漠化を防止する活動に挑戦しています。
国際NGOが支援する
プロジェクトに参加
発展途上国の女子教育がテーマの演習チームは、国際NGOが支援するプロジェクトに参加しています。

POINT ・ 4

学びの多様性と
多文化体験の機会が充実

詳しく見る

授業・カリキュラム

多文化英語Ⅰ・Ⅱ
多文化英語Ⅰ・Ⅱ留学生活で必要な英語表現をテーマに、英文法を学び、リスニング力を鍛えます。また、スピーキング力や発音を向上させる練習も行います。
韓国文化・社会論
韓国文化・社会論韓国社会の伝統や歴史意識が反映された現在の制度などを通して、韓国の文化を明らかにします。日韓文化の相互関係を深く理解し、今後の友好的なビジョンを構築できる知識を蓄えます。
フランス語演習Ⅲ・Ⅳ
フランス語演習Ⅲ・Ⅳ文法や単語を学習しつつ、フランス語を実践的に使用。身近な事柄を作文し、口頭で伝えられるよう会話練習をします。フランス語検定4級~準2級レベルの対策も行います。

取得できる資格・免許

取得できる主な資格・免許

  • 司書
  • 学芸員
  • 文化交流創成コーディネーター
  • レクリエーション・インストラクター など

取得をサポートする資格

  • TOEIC® Listening & Reading Test
  • TOEFL® Test
  • 韓国語能力試験・ハングル能力検定
  • 中国語検定・漢語水平考試
  • インドネシア語技能検定
  • 実用フランス語技能検定 など

主な就職先

関西テレビ放送株式会社/日本航空株式会社/株式会社ワコール/スターバックスコーヒージャパン株式会社/ルイ・ヴィトンジャパン株式会社/住友生命保険相互会社/日本年金機構/日本郵便株式会社/株式会社みなと銀行/大和証券株式会社/岡三証券株式会社/株式会社神戸ポートピアホテル/株式会社近鉄・都ホテルズ/京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社/ANA大阪空港株式会社/エアソウル株式会社/泉佐野市役所/兵庫西農業協同組合 など

(2018年3月卒業生)

INTERVIEW

内定者インタビュー

前田 優衣美さん(4年)
前田 優衣さん(4年)兵庫/私立 神戸学院大学附属高等学校出身

留学を経験したことで、
異文化で暮らす子どもの気持ちを実感しました。

2年生のゼミ以降、「NPO法人神戸定住外国人支援センター」で外国にルーツを持つ子どもの学習支援を続けています。勉強や学校生活の悩みを聞くうちに、彼らが想像以上に苦しんでいることを知り、周囲のサポートの必要性を痛感。留学先のカナダで自身がマイノリティの立場を経験したことで、彼らの目線に立って考え、言葉をかけられるように。すると関係がより親密になり、会話も笑顔も増えました。

多くの国の人たちとふれあい、
日本を好きになってもらいたいです。

ボランティア活動や留学をきっかけに、英語力が生かせ、より多くの国の人たちとふれあえる仕事に就きたいとホテルを志望。なかでも日本の接客の素晴らしさを伝えたいと、フルサービス型のホテルを選びました。もっと自分を磨き、日本を好きになってもらえる接客に努めたいです。

[ 株式会社近鉄・都ホテルズ 内定 ]

卒業生インタビュー

市川 かなでさん
市川 かなでさん2008年3月 文学部 多文化共生学科※卒業(※現・多文化コミュニケーション学科)

留学や海外ボランティアの経験が
さまざまな人と協働する原動力になりました。

日本とインドネシアを結ぶ路線に乗務しています。仕事内容は、保安、サービス、機内アナウンス、お客様とインドネシア人乗務員との通訳など。フライトでは、毎回異なるクルーと力をあわせます。文化や習慣が異なる仲間と協働するときも、常に自分らしくしていられるのは、甲南女子大学で多彩なグローバル体験を積めたからだと思います。在学中は、カナダ留学、インドネシア留学、内モンゴル砂漠化防止ツアーなどに参加しました。また、ボランティア団体の代表を務め、インドネシアに絵本を贈る活動に取り組んだこともあります。行く先々で人の優しさにふれ、優しさは国境を越えて通じる言葉だと感じました。4年間で得た学びの数々は、すべて今の仕事に生きています。

[ ガルーダ・インドネシア航空会社 勤務 ]

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2017年度)のものです。

教員インタビュー

イ・ウナ教授
イ・ウナ教授[韓国語、日韓対照言語学、韓国文化論]

語学と異文化への理解を行動につなげ、
あなたの世界を広げよう。

国際化が進む現代において、英語ともう一つの言語が磨ける本学科の学びは大きな強みです。その学習方法も幅広く、例えば韓国語の授業であれば「K-POP」の歌詞から文法や表現を理解していくなど、学生の興味を広げるテーマを用意しています。また、学内での国際交流も活発に行われており、日常的に異文化への理解が深められるのも大きな魅力です。さらに、習得した言語や国際性を、「行動」につなげるプログラムも充実しています。世界を広げてくれる4年間の中で、あなたの興味や意欲のおもむくままに、多文化人への歩みを進めてください。