生活環境学科

衣・食・住の学びが教えてくれる、理想の暮らしを叶えるチカラ。

学科ブログ

アドミッションポリシー

詳しく見る

生活環境学科では、環境に対する人のあり方、暮らしのあり方を学び持続可能な社会の実現に向けて
主体的に行動する能力および態度を身につけます。生活環境学科では、以下のような学生を求めます。

関心・意欲・態度 生活環境に関わる諸問題に対する積極的な強い関心を持つ人
広い視野と旺盛な知的好奇心を持つ人
知識・教養 生活環境学科の諸分野を学ぶにあたり必要となる基礎的な計算能力、論理的な思考力、科学的な分析力を習得した人
思考力・判断力・表現力 物事を総合的に捉えて理解できる人
暮らしにおける問題を発見・把握する能力を有する人
協働性・主体性 自ら学ぼうとする情熱や習慣をもつ人
新しい課題に率先して取り組もうとする姿勢を有する人
多様な人々とコミュニケーションを図り、協力・調整しようとする人

POINT ・ 1

衣・食・住を柱とした6つの領域

詳しく見る

国家試験合格率は、学科開設以来、常に全国平均を上回っています。
国家試験合格率は、学科開設以来、常に全国平均を上回っています。
衣分野
衣分野
食分野
食分野
住分野
住分野

衣・食・住という幅広いテーマを対象としながらも、その学びはどれも本格的。例えば住分野の授業では、設備や材料の学習からインテリアコーディネートの実習まで取り組むなど、内容の充実ぶりにも注目です。また、食分野での授業では、学生自ら食品開発にも積極的にチャレンジ。生み出した料理やお菓子を人気のレシピサイト「クックパッド」で発信しています。こうした自由で楽しい学びが、理想の暮らしを形にできる豊かな感性を育てるのです。

POINT ・ 2

産学官連携の取り組み

詳しく見る

企業とコラボレーションして、新しいモノをつくる
UHA味覚糖×生活環境学科とクックパッドのコラボイベント「おかしでハロウィン」コロロ目玉ゼリーのお菓子教室を開催。
UHA味覚糖×生活環境学科とクックパッドのコラボイベント「おかしでハロウィン」コロロ目玉ゼリーのお菓子教室を開催。

File01|商品開発企業とのコラボレーションで、商品開発&イベントに挑戦

レシピサービス「クックパッド」にキッチンページを開設し、環境や健康に配慮したオリジナルレシピを紹介。
レシピサービス「クックパッド」にキッチンページを開設し、環境や健康に配慮したオリジナルレシピを紹介。
株式会社ウエシマコーヒーフーズと共同開発。女性が飲みやすいコーヒー「Debut(デビュー)」を販売。
株式会社ウエシマコーヒーフーズと共同開発。女性が飲みやすいコーヒー「Debut(デビュー)」を販売。
未利用資源商品化プランコンテストで優秀賞「たんかんドレッシング」、続けて「たんかん紅茶」も販売。
未利用資源商品化プランコンテストで優秀賞「たんかんドレッシング」、続けて「たんかん紅茶」も販売。
地域とかかわりながら、社会の「今」を学ぶ
神戸マラソンにボランティア参加

File02|ボランティア(レクリエーション支援)神戸マラソンにボランティア参加

約2万人が参加した市民マラソン「第6回神戸マラソン」で、運営のボランティアに参加した学生たち。給水所や沿道から声援を送り、ランナーたちを応援しました。

マスターズ甲子園の運営をサポート

File03|ボランティア(生涯スポーツ振興)マスターズ甲子園の運営をサポート

全国の高校野球経験者が、出身校別に同窓会チームを結成して戦う「マスターズ甲子園」。学生はイベントの運営サポートを行い、インタビューなどを担当しました。

子ども向けのリサイクル教室を開催

File04|ボランティア(環境教育)子ども向けのリサイクル教室を開催

「水の科学博物館」で、学生による「キッズエコ工作」が開かれました。これは、地域の子どもが環境について学ぶためのイベントです。当日は約100名の子どもが集まり、リサイクル方法などについて楽しく学びました。

POINT ・ 3

学習の成果を発表する
「生活環境フェスティバル」

詳しく見る

1つのテーマについて、各分野からアプローチし、学習の成果を発表する「生活環境フェスティバル」。2016年度は、神戸開港150周年(2017.1.1)にちなみ、そのとき初めて輸入された「コーヒー」をテーマとしました。

コーヒーの麻袋をリユースしたバッグ
コーヒーの麻袋をリユースしたバッグ
コーヒーを使用したお菓子
コーヒーを使用したお菓子
コーヒーを楽しんでいただく空間
コーヒーを楽しんでいただく空間

POINT ・ 4

生活文化体験イベントが充実

詳しく見る

コモンルームでは、季節に応じたさまざまなイベントを実施しています。「母の日に贈る押し花カードづくり」「浴衣姿で女子力UP」「月見団子を味わう」「餅つきを楽しもう」など、学生と教職員が楽しく交流しながら学びを深めています。

母の日に贈る押し花カードづくり
母の日に贈る押し花カードづくり
浴衣姿で女子力UP
浴衣姿で女子力UP
月見団子を味わう
月見団子を味わう
餅つきを楽しもう
餅つきを楽しもう

POINT ・ 5

資格取得をめざす学生を応援
「キャリア支援体制」

詳しく見る

授業外で勉強会を行うなど、資格試験や検定試験に向けた学習支援を多数行っています。

資格取得をめざす学生を応援「キャリア支援体制」
対象となる資格
レクリエーション・インストラクター、フードスペシャリスト、専門フードスペシャリスト、初級官能評価士、eco検定®、色彩検定®2級、リビングスタイリスト2級

授業・カリキュラム

生活環境学特別演習(衣生活分野)
生活環境学特別演習(衣生活分野)死蔵衣服をリメイクするなど資源を生かす工夫をし、平面の布を立体化する手法や素材の特性について学びます。実践を通して、豊かな衣生活とは何かを考える授業です。
環境アメニティ論
環境アメニティ論ガーデニングや自然観察を行いながら、生活環境の快適さについて考えます。また、栽培したハーブを使った料理や自然素材のリースをつくり、快適な空間を演出することにもチャレンジします。
レクリエーション実技
レクリエーション実技さまざまなレクリエーション活動を体験しながら、それを支援する方法を学習。レクリエーション・インストラクターの資格取得をめざして基礎的な知識や技術を身につけます。

取得できる資格・免許

取得できる主な資格・免許

  • レクリエーション・インストラクター
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)※
  • 中学校教諭一種免許状(社会)※
  • フードスペシャリスト
  • 司書
  • 学芸員 など

取得をサポートする資格

  • 色彩検定®
  • 福祉住環境コーディネーター®
  • リビングスタイリスト
  • ファイナンシャル・プランナー
  • インテリアコーディネーター
  • eco検定® など

※2018年度入学者が対象

INTERVIEW

内定者インタビュー

木内 菜穗さん(4年)
木内 菜穗さん(4年)大阪/私立 帝塚山学院泉ヶ丘高等学校出身

生活にかかわる幅広い分野を学びました。

生活にかかわる分野に関心があり、生活環境学科を選びました。この学科の魅力は、衣・食・住についてだけでなく、健康、スポーツ、レクリエーションなど、生活を取り巻くあらゆるものごとを学べる点です。幸せな暮らしとは、それらさまざまな要素から成り立つもので、その一つひとつを大切に考えることが大事だと学びました。

幸せな空間づくりのお手伝いがしたいです。

在籍したゼミは、レクリエーションを研究するゼミです。レクリエーションイベントを企画・運営する機会などがあり、行動力や積極性が身につきました。また、イベントに来る方の気持ちや行動を想像し、「どうすれば楽しんでもらえるか」と一生懸命考えた経験は、お客様を相手にする仕事に役立つと思っています。内定をいただいたのは、家具の企画や販売を行う会社。幅広い知識を生かして、幸せな空間をつくるお手伝いがしたいです。

[ 株式会社ニトリ 内定 ]

就職先一覧はコチラ

卒業生インタビュー

伊藤 彩乃さん
伊藤 彩乃さん2016年3月 人間科学部 生活環境学科卒業

目標は、「衣」「食」や「住」が
テーマのパッケージ旅行を企画すること。

旅行業界で働こうと決心したのは、大学で旅行会社のインターンシップに参加したことがきっかけでした。就労体験をすることで、大好きな旅行を通してお客様と交流ができるこの仕事に、魅かれるようになりました。憧れの職場に就職した今は、新入社員として、お客様にパッケージ旅行のご案内などをしています。単にご希望に沿うだけでなく、可能性や選択肢がさらに広がるようなプランを紹介することをめざしています。将来の目標は、パッケージ旅行を企画すること。生活環境学科で学んだことを生かして、衣・食・住をテーマにした個性的なプランを提案してみたいです。生活環境学科の授業は、バラエティが豊かで楽しかったです。自分のやりたいことがわからない人でも、この学科でさまざまなことを学べば、自分の目標や特技がきっと見つかると思います。

[ 株式会社JTB関西 神戸三ノ宮支店 勤務 ]

就職先一覧はコチラ

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2016年度)のものです。

教員インタビュー

森 由紀教授
森 由紀教授[衣生活デザイン論]

身近な暮らしの魅力に実体験から迫る、
多彩なプロジェクトを用意。

本学科の特長は、身近な暮らしの魅力を実際に体験できるプログラムにあります。株式会社ウエシマコーヒーフーズの協力による大学祭でのカフェ運営や、コモンルームで開催した浴衣の着つけ教室など、その内容もバラエティ豊か。今後は食品開発やインテリア関連の実習も充実させる予定です。幅広い視点から“豊かでかしこいライフスタイル”を考える多彩な学びは、きっとあなたの好奇心を満足させるでしょう。例えば、「太らないお菓子をつくりたい」や、「部屋をキレイにコーディネートしたい」というきっかけからでも大丈夫。その小さな興味が学びの原動力になるはずです。