英語文化学科

世界標準の英語力を仕事に結びつける。
航空・国際ビジネスの現場へ。

学科ブログ

RECOMMENDED CONTENTS

アドミッションポリシー

詳しく見る

英語文化学科では、グローバル社会で活用することができる高いレベルの英語コミュニケーション能力を身につけることをめざします。
また、英語及び英語圏の文化を理解し、批判的思考力、論理的表現力を高め、自らの文化を相対化する力を養います。
こうした統合的な目標を達成するため、英語文化学科では次のような学生を求めています。

関心・意欲・態度 英語及び英語圏の文化を学び、習得することに対する強い関心と意欲を持ち、学習の成果を自己の将来像に結びつけている人
知識・技能 英語の聞く・話す・読む・書くという各側面において、日常的な話題について情報や意見のやりとりができる知識と能力を持っている人
思考力・判断力・表現力 高等学校までに履修した主要教科の知識をふまえ、批判的思考力や論理的表現力の土台を持っている人
協働性・主体性 学習に対して主体的に取り組むことができるとともに、多様な人々と協働して学ぶ態度を持っている人

POINT ・ 1

授業内外で英語学習をサポート。
学びの拠点「e-space」

詳しく見る

e-space

英語文化学科の学びの拠点e-spaceは、常駐する専任アドバイザー教員のもと、授業と連携したサポートをしています。日々の予習・復習からイベントの準備、ネイティブスピーカーとの交流など、自分のスタイルで英語が学べる場所です。

英語パスポート
英語パスポート「英語パスポート」は、日々の成長の過程を確認できるツールとして4年間の学びを支えます。
English Café
English Caféランチタイムに海外からの留学生とコミュニケーションができるEnglish Caféを定期的に開催します。
Lunchtime Lecture
Lunchtime Lecture英語圏の文化をテーマに、英語でプレゼンテーションを行うイベント。発表を担当する学生は、綿密に準備を重ねて本番に臨みます。
Writing Contest
Writing Contest英語文化学科の恒例行事「ライティングコンテスト」は、英語力を伸ばすイベントです。コンテストの上位入賞者には、表彰状が贈られます。

POINT ・ 2

ANAグループとの連携
「エアラインプログラム」

詳しく見る

ana

ANAグループと連携し、甲南女子大学独自のカリキュラムで構成しているエアラインプログラムを、2009年から開講しています。航空業界はもちろん、ホテルや観光業界など、ホスピタリティ産業に携わりたい人のための特別なプログラムです。

ANAルームでの指導
ANAルームでの指導エアラインプログラムのための専用スペース「ANAルーム」で指導を展開。元キャビンアテンダントなど、航空業界を知るキャリアカウンセラーが週5日間常駐し、あらゆる指導にあたります。関連書籍や採用情報も豊富にそろえ、授業外でも活用できるよう開放しています。
「My Goal Sheet」で成長を確認
「My Goal Sheet」で成長を確認ANA社内の自己啓発活動をモデルにした「My Goal Sheet」を通して、何がどれぐらいできるようになったか自身の成長を確認。問題解決能力と自己管理能力を身につけます。エアライン業界への就職に限らず、社会人として求められる能力を伸ばせる内容です。
国内外へのインターンシップ
国内外でのインターンシップを支援成田国際空港やシドニー国際空港など、国内外のさまざまな空港・ホテルで見学やインターンシップの機会を設けています。現地での学びを通じて自分らしい進路を模索します。

国内外で、航空・ホテル業界の最前線を体験

ANAクラウンプラザホテル大阪
[ANAクラウンプラザホテル大阪]3年次/14日間
シンガポール・チャンギ国際空港
[シドニー国際空港]3年次/3日間
関西国際空港
[関西国際空港]2、3年次/1日間
神戸空港ターミナル
[神戸空港ターミナル]3年次/3日間
大阪国際空港(伊丹空港)
[大阪国際空港(伊丹空港)]2、3年次/1日間
中部国際空港 セントレア
[中部国際空港 セントレア]3年次/3日間

POINT ・ 3

レベルの高い英語力を身につける
少人数制コース

詳しく見る

少人数制クラス
「英語アドバンストコース」で
レベルの高い英語コミュニケーション能力を磨く。

基礎となる英語力と高いモチベーションを持った学生たちを選抜し、少人数制のクラスで学ぶ「英語アドバンストコース」を開講。英語のみで行う対話型の授業が中心で、1年次からハイレベルな英語コミュニケーション能力を鍛え上げます。成績や意欲に応じて学期ごとにクラスを再編成。学生と教員が双方向のコミュニケーションを図るとともに、学生同士が切磋琢磨しながら成長できる教育環境が特長です。

女性ならではのリハビリテーションを学ぶ

一人ひとりのレベルに合わせた授業も実施
基礎力を培う「英語基礎」

英語の基礎を固める補習的授業です。1年次には基本的な文法や語彙の確認から始め、英文を和訳に頼らずに直接理解できるよう徐々にステップアップ。英語力に応じて3年次まで履修します。学んだ英文の内容をまとめたり、話したりできるレベルにまで導くなど、総合的な英語力を高めます。

POINT ・ 4

国際的な視野を育成する
留学・インターンシップ

詳しく見る

短期・長期留学
短期・長期留学短期間の海外演習から長期間の交換留学まで、多彩な留学プログラムを用意しています。長期留学に参加した場合でも、単位認定制度によって、4年間で卒業することが可能です。
海外インターンシップ
海外インターンシップ面接などの選考を経て、海外インターンシップを行っています。オーストラリアの都市シドニーでの職場研修は、夏期もしくは春期の4~5週間行われます。ホテル、ショップ、教育機関など、海外での就労体験を通して、ビジネスの地域性などを体験的に学び、視野を広げ、理想の就職へとつなげます。

POINT ・ 5

児童に英語を教える指導者を育成

詳しく見る

児童英語教員養成プログラム
関連領域も学べる「児童英語教員養成プログラム」幼児や小学生など子どもに英語を教えるために必要な、広い知識と高い能力を持つ指導者の養成をめざすプログラムです。総合子ども学科のカリキュラムから一部の科目を履修し、「子どもの発達」など関連領域についても学びます。4年次には実際の教育現場で実習を行い、修了すると認定証が授与されます。

授業・カリキュラム

英語チュータリングⅠ・Ⅱ
英語チュータリングⅠ・Ⅱ自分にとって効果的な学習方法は何か、授業活動を通して、教員やクラスメイトと話しあい、自分自身をいろいろな側面から分析、英語力向上につなげます。
英語圏のメディア文化入門
英語圏のメディア文化入門英語を話す各地域のメディアの現状とそのしくみを学びます。さまざまな形態で発信されるメディアは、どのように世界の出来事を「真実」として見せるのかを探究します。
エアラインサービス入門
エアラインサービス入門キャビンアテンダントやグラウンドスタッフなど、エアラインの業務について学び、将来の選択肢の幅を広げます。現役社員がゲストスピーカーとして講義を実施します。

取得できる資格・免許

取得できる主な資格・免許

  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • レクリエーション・インストラクター
  • 司書
  • 学芸員 など

取得をサポートする資格

  • TOEIC® Listening & Reading Test
  • TOEFL® Test
  • 実用英語技能検定
  • 保育英語検定 など
児童英語教員をめざして
児童英語教員養成プログラム
エアラインスタッフをめざして
エアラインプログラム

主な就職先

シンガポール航空/全日本空輸株式会社/株式会社JALスカイ大阪/ANAウイングス株式会社/ANA成田エアポートサービス株式会社/株式会社オリエンタルランド/株式会社三菱UFJ銀行/株式会社北陸銀行/明治安田生命保険相互会社/株式会社WOWOW/株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ/株式会社阪急トラベルサポート/ホテルモントレ株式会社/株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド/UHA味覚糖株式会社/岡山県教育委員会(中学校英語科教員) など

(2018年3月卒業生)

INTERVIEW

内定者インタビュー

笠井 美里さん(4年)
笠井 美里さん(4年)兵庫/県立 川西北陵高等学校出身

英語で話す機会が多く、
英語力が伸びました。

英語文化学科の授業は少人数制で行われるので、英語で発言するチャンスがたくさんあります。また、お昼休みに留学生と交流するイベント「EnglishCafé」もあり、英語を使う機会に恵まれた環境でした。留学に参加した成果もあって、入学時は400点前後だったTOEICⓇスコアが、2年生の後期には825点に。英語文化学科での学びを通じて「英語を使って働きたい」という夢を叶えられそうです。

先生方のサポートで、
憧れのキャビンアテンダントに。

1年生の頃からANAルームに通っていました。先生方はすべての学生の名前を覚えて、一人ひとりに寄り添うきめ細かい指導をしてくださいます。エントリーシートの記入に迷ったときは、「あなたらしい言葉で書きなさい」と励ましてくださったことも。いつでも温かく向きあってくださった先生方に感謝しています。

[ 全日本空輸株式会社(客室乗務職) 内定 ]

卒業生インタビュー

岡本 真奈さん
岡本 真奈さん2017年3月 文学部 英語文化学科卒業

企業の信頼性を世界に発信する仕事。
海外の人と交流した経験が生きています。

私の仕事は当社の製品に紛争鉱物が使われないよう、サプライチェーンを通じてすべての製錬所または精製所を特定すること。紛争鉱物とは、紛争地域において、非人道的行為を行っている武装勢力の資金源となるような鉱物のことです。世界各国の企業から依頼を受け、英語での証明書作成やメールのやり取りも多く行っています。当社の誠実な姿勢と正確な対応を知っていただくため、使命感を持って仕事に取り組んでいます。甲南女子大学では、親切な先生と友だちに囲まれて、のびのびと自分らしく過ごせました。e-spaceや留学先のアイルランドで、さまざまな国の人と交流できたことも良い思い出です。これらの経験を通して、外国の方と話すことに慣れ、自分の考えを英語で発信する力も身につきました。やりがいのある仕事に就くことができたのも、大学での学びと経験のおかげです。

[ ローム株式会社 勤務 ]

※登場する学生・卒業生の情報は、
インタビュー時(2017年度)のものです。

教員インタビュー

米崎 里准教授
米崎 里准教授[英語教育学]

授業内外の学びを結びつけて
英語に親しみ、
生涯にわたって
“自律学習”を続けられる人に。

授業と授業外の学びをうまく結びつけているのが英語文化学科の特長です。英語の授業はもちろん、e-spaceなど日常的に英語に親しみ使える機会が豊富に用意されています。1週間の学びの目標と成果を教員と共有する「スタディログ」や、自分の英語がどのように進歩しているかモニターする「英語パスポート」などのツールでモチベーションを高め、4年間の学びを支えます。さらには目標にあわせた留学やインターンシップなどのプログラムで、将来の可能性を広げます。自分がなぜ英語を学ぶのかを理解し、生涯にわたって自律的に学習を進められる人になってください。