甲南女子大学医療栄養学部の協定病院として実習生の受け入れも予定している近森病院から
管理栄養士を中心とするNST(栄養サポートチーム)の最前線をご紹介します。

社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 管理栄養士 髙島里美さんの一日

患者さん一人ひとりの症状を細かく把握し、
より早く回復できるよう栄養学的な治療にあたります。

まず入院患者さんの情報を電子カルテで確認し、皮膚のかさつきやむくみ、冷えなどを視診・触診したり、腸の音を聴診したりと、現状を把握します。それから管理栄養士全員が集まる臨床栄養部の朝礼に参加し、直近の予定や勉強会などの情報を共有。その後、日によっては担当患者さんの栄養管理の方針を部長に伝え、アドバイスをもらうカンファレンスも行います。病棟に戻ってNSTチームのメンバーと患者さんの状態を確認し合い、医師に栄養サポートのプランを提案。一人ひとりに合わせた摂取方法での栄養学的な治療を進めます。静脈を通す点滴よりも、胃や腸に栄養剤を送る方法、通常の食事方法へと、なるべく早めにシフトできるよう細やかに調整。食事をとれる患者さんに対しても、嗜好性などを確認し丁寧にケアします。

  • 管理栄養士の役割

    チームの司令官的な役割を果たす
    栄養の専門職

    問診や視診、触診や聴診、検査値や画像などに加え、NSTのメンバーから得た情報をもとに、栄養学的な診断を行い、栄養プランを作成。医師の承認を得て、チームで協力しながら実行に移します。不要な絶食を防いで早期退院に導けるよう、食事開始のタイミングを見極めることも重要。栄養の専門家である管理栄養士が中心となってチーム医療(NST)を進めます。

    社会医療法人近森会 近森病院
    臨床栄養部 管理栄養士

    太田 由莉恵さん

  • 看護師の役割

    患者さんを常に見守り、
    その変化や思いを伝える

    常に入院患者さんのそばにいて、どんな状態でどう過ごしているのか、生活と医療、両方の視点から把握できるのが看護師のポジションです。日々の細かな変化はもちろん、患者さんの思いやご家族の声もフォロー。食事を食べている食べていないだけではなく、最近食欲がない、これは食べにくいといった細かなことも、管理栄養士に伝え治療に反映させます。

    社会医療法人近森会 近森病院
    統括看護部 看護師

    岡本 充子部長

  • 理学療法士の役割

    栄養状態に応じた
    リハビリテーションを進める

    日常生活における基本的な動作をとれるようにするため、リハビリテーションを行うのが理学療法士の仕事。とはいえ必要なエネルギーや栄養素が足りていないまま進めると、患者さんを消耗させる恐れも。リハビリの進捗状況に応じた栄養を供給できるよう、また、栄養状態に応じたリハビリが行えるよう、管理栄養士と情報を共有しながらサポートします。

    社会医療法人近森会 近森病院
    リハビリテーション部 理学療法士

    前田 秀博副部長

  • 医師の役割

    治療方針に基づき
    栄養プランの判断をするまとめ役

    管理栄養士から提案された栄養プランを、各専門職種からの報告をあわせて検討し、ゴーサインを出すまとめ役です。例えば、いくら適切な外科手術をしても、適切な栄養やエネルギーがなければ傷は治りません。NSTが患者さんの状態を細かく確認し、各段階に合わせて必要な栄養を提供することで、医師は治療に専念でき、患者さんの回復も早まります。

    社会医療法人近森会 近森病院
    形成外科部 医師

    赤松 順部長