医療に強いあしたの管理栄養士を育てます。

豊富な医療関連科目に加え、看護学科や理学療法学科との多職種連携教育や、
チーム医療(NST:栄養サポートチームなど)を推進する病院での臨地実習など、
医療からのアプローチによる質の高い教育を展開。
多彩な分野の教員陣による少人数制の細やかな指導で、
優れたコミュニケーション能力や豊かな人間性を育みます。
国家試験合格はひとつの通過点として徹底サポート。
一人ひとりが希望の分野で活躍する
「あしたの管理栄養士」へ向け、卒業後も支え続けます。

養成する人材

  1. 「食」に関する幅広い知識と技術を持つ専門職

    現代社会を取り巻く食環境や文化も含めた「食」に関する幅広い知識と技術を持って、栄養学をはじめとする関連分野を論理的かつ科学的に理解できる管理栄養士。

  2. 栄養の力で疾病を防ぐ予防医学に貢献できる職業人

    健康の維持や増進、疾病の発症や高齢者の低栄養の一次予防、重症化予防などにかかわる「予防医学分野」で栄養学を実践し、地域、医療・福祉領域で活躍できる管理栄養士。

  3. 栄養治療の先頭に立つチーム医療の担い手

    チーム医療において多職種の医療従事者と円滑なコミュニケーションをとって患者さんの栄養管理や栄養改善に対処し、栄養面からの治療を率先できる管理栄養士。

  4. 最新の科学情報を生かす医療栄養の司令塔

    医療専門職業人として常に栄養に関する最新の科学情報をキャッチし、科学的な根拠を持って論理的に考え、正しく学んだ技術を医療栄養に応用できる管理栄養士。

  5. 意欲的に成長し続ける栄養のスペシャリスト

    栄養を介して人々のQOL(生活の質)の向上を支援するため、社会的責任と職業倫理を常に自覚し、生涯、自己研鑽を積み続ける、高い意識と強い意志を持った管理栄養士。

学びの特色

  • 幅広い医療栄養の学びにより、質の高い管理栄養士を養成します。
  • 本学看護リハビリテーション学部・神戸薬科大学と連携した、チーム医療の授業が充実しています。
  • 国際社会で活躍する専門職をめざすための医療英語を学べます。

どのように学ぶのか

  • 社会で活躍する管理栄養士を
    ゲストスピーカーに招き、将来像を描く。

    1年次の「管理栄養士入門」では、医療機関、保健所や保健センター、給食施設などのさまざまな分野で活躍する管理栄養士をゲストスピーカーに招き、早期から将来像を描きます。

  • 給食・医療機関での実習を
    段階的に行い、習熟度をアップ。

    2年次に病院や施設で管理栄養士の活躍する現場の見学を行い、仕事内容や役割を理解します。さらに3年次には「給食の運営校外実習」、4年次の「臨床栄養学臨地実習Ⅰ」「同Ⅱ」「同Ⅲ」へとステップアップし、NST(栄養サポートチーム)で活躍する管理栄養士の仕事を体験します。

  • チーム医療の実務が学べる
    「病棟栄養管理学実習」にチャレンジ。

    甲南女子大学特設の選択科目、4年次後期の「病棟栄養管理学実習」では、病棟に配置された管理栄養士の業務を体験。チーム医療における栄養管理プロセスや多職種連携に必要な知識と技術を習得します。

カリキュラム

医療や多職種連携教育、実習を強化した実践型のカリキュラム

実習先について

医療機関や福祉施設など、幅広い分野の実習先

  • 社会医療法人近森会

    近森病院

    (高知県)

  • 社会福祉法人 大阪暁明館

    大阪暁明館病院

    (大阪府)

  • 一般財団法人 甲南会

    甲南病院

    (兵庫県)

  • 会福祉法人 甲南愛育会

    甲南こども園

    (兵庫県)

  • 社会福祉法人十条龍谷会
    特別養護老人ホーム

    ビハーラ十条

    (京都府)

実習先一覧

神戸大学医学部附属病院/甲南病院/六甲アイランド甲南病院/甲南加古川病院/淀川キリスト教病院/松下記念病院/近森病院/関西電力病院/飯塚病院/大阪暁明館病院/大阪市立総合医療センター/大阪労災病院/高槻病院/明和病院/千船病院/愛仁会リハビリテーション病院/井上病院/東住吉森本病院/大阪警察病院/大阪府済生会中津病院/広野高原病院/北摂総合病院/兵庫県下の各県立病院/甲南介護老人保健施設/特別養護老人ホームビハーラ十条/伊丹市立学校給食センター/蔵ウェルフェアサービス株式会社/自衛隊兵庫県地方協力本部/兵庫県下の各保健所・保健センター/甲南こども園 など

※その他兵庫県、大阪府の都市部を中心に実習先を準備しています。

サポート体制

一人ひとりを見守る少人数制のサポートでキャリア支援も万全

教員アドバイザー制度

少人数の学生に対して担当教員が丁寧な指導を行う「教員アドバイザー制度」。全教員が勉強や学生生活、国家試験対策から進路のことまで、親身に、相談に応えます。担当アドバイザー教員は、1年次から3年次まで持ち上がり、主体的に学べるようにサポート。学習面だけでなく、生活面、メンタル面などのアドバイスも実施します。4年次は、卒業研究の担当教員が引き継ぎ、サポートを行います。

国家試験対策

担当アドバイザー教員が、学生一人ひとりの習熟度や課題を常に把握し、個別指導で徹底的にサポート。メンタル面もケアし、1年次から国家試験を見すえた指導を行います。各教員の研究室前には学生が自習できる「ピア・ルーム(演習室)※」があり、専任教員が教育・指導を行います。

※「ピア」=「仲間」で支え合える自由な空間

企業インターンシップの支援

企業インターンシップとは、企業の活動内容を理解し働くことの経験を積むために、学生が企業で、一定の期間働く就業体験です。会社における仕事とは何か、自分の適性とは何かを知ることができます。将来の活躍の場として、食品開発分野をめざす学生が食品関連企業が実施するインターンシップに参加できるよう積極的に支援します。

資格・免許、卒業後の進路

資格取得も含め、卒業後の進路を全面的にサポートします。

取得できる主な資格・免許

  • ■管理栄養士

    (申請中)

    国家試験受験資格

    病気やケガをしている人に対して、その症状や体質にあわせた栄養指導を行います。栄養士よりもさらに専門的な資格です。

  • ■栄養教諭一種免許状

    (課程認定申請中)

    小学校・中学校などで栄養指導を行います。児童・生徒に食育を行うことで、健康的な社会の実現をめざします。

  • ■栄養士

    (申請中)

    食や栄養の専門職として、病院、福祉施設、学校などで主に給食の提供を通した栄養の指導を行います。

卒業後の進路

医療栄養学部(仮称・設置認可申請中)の拠点となる「新10号館」。
ガラスブロックで覆われた正面は『清廉さ』を表し、
未来を拓く同学部の姿を象徴。
館内には、教員のアイデアが随所に盛り込まれた7つの実習室があります。

全学共有のフリースペースです。
コンビニエンスストアがOPEN予定。
パウダールームなども充実しています。

開放的な1Fエントランスがあり、奥にはガラス扉の給食経営管理実習食堂があります。

ガラス面を多用した基礎調理学実習室は、透明性が高く開放的なスペース。

※画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

[開設時期] 平成30(2018)年4月
[修業年限] 4年
[入学定員] 80名(収容定員/320名)
[取得学位] 学士(医療栄養学)
[取得資格] 管理栄養士国家試験受験資格、栄養士、栄養教諭 など
[学  費] 入学金/250,000円 授業料・教育施設充実費/1,430,000円 初年度合計/1,680,000円

その他諸会費等あり